早く歩く事は重要ではありません!!!「はいはい」には沢山の大切な事があります!!!

うちの子早く歩かないかしらと思ってるママ必見!!!
早く歩く事よりも大切なのははいはいなのです!!!
気になるはいはいの重要性についてまとめてみました!!!

view308

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ハイハイはいつ頃から始めるものなの???

  • 5~8カ月ごろはいはいスタート

     

    個人差や体格差などがあるようです!!!

  • 腰がしっかりし、腕の力が強くなると、腕で体を引っ張って移動するずりばいをするようになります。はいはいの姿勢(ひざばい)での移動は、10カ月の終わりまでに始まることが多いようです。
    出典 :2才までの発達<遅い><早い>の気がかり 【おすわり・はいはい】 - gooベビー
  • ハイハイが遅い気がするけど大丈夫???

  • 中々ハイハイしてくれないけどだいじょうぶ????

     

    個人差が大きいのであまり気にしないようにしましょう!!!

  • 「寝返り」「おすわり」「はいはい」は、赤ちゃんの発達の手がかりになる大きな運動ですが、これらは必ずしも育児書に書いてある時期に、しかもきちんと順番どおりにできるようになるとは限りません。
    お母さんに聞いてみると、「うちの子は、おすわりはできるのに、寝返りはまだしないんです」という赤ちゃんもいるし、また、「はいはいを省略して、おすわりからいきなりつかまり立ちを始めました」という声もよく聞きます。
    出典 :赤ちゃんの心と体の発達AtoZ 【はいはい編】 - gooベビー
  • 気になるはいはいの重要性とは ???

  • 「はいはい」が育む!!身を守る力!!!

     

    自分の体を支える体力をハイハイの時期に鍛える事がその後にも影響するのです!!!

  • 体を支える力が落ちた理由について、子どもたちの日頃の運動不足に加え、ある意外な点に注目しています。
    それは、“はいはい”の経験です。
    昔と比べると、早く赤ちゃんを立たせてしまい、十分に“はいはい”させていないことが関係しているのではないかというのです。
    出典 :増加中!頭にけがする子供たち|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本
  • 「手」が出ても、顔を打ってしまう子もたくさんいるそう。
    それは腕の筋力が低下しているからなんだそうです。
    腕の筋肉を鍛えるために大切なことは、やっぱりハイハイ。
    現在の住宅事情では、家の中でハイハイできるスペースは少なく、台所なんかに来ようものなら危ないと言って抱きかかえてしまいますよね。
    だから、あえてハイハイをする時間を作ったり、子育て広場などでしっかりとカラダを動かす必要があるのです。
    出典 :転んで顔を怪我する子どもが増えている!?|愛媛県松山市でベビーマッサージ|ベビマ・スキンケアと癒し資格取得!
     

    顔を怪我意してしまう子供も増えています!!!
    気をつけましょう!!!

  • 早く立たせると腰痛になる!!!

     

    将来的に腰痛になる可能性もあるようです!!!
    注意しましょう!!!

  • はいはいを十分にせず、幼児期に運動をあまりしなかった子は、将来的に腰痛が出やすくなると言われています。ちなみに、大人でもはいはい運動をすることで腰痛が軽くなるという話もありますね。
    出典 :早くに立たせちゃダメ!実はこんなにある赤ちゃん「はいはい」の重要性 - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア
  • O脚になる可能性もあります!!!

     

    早く立って歩いた人ほどO脚になる人が多いというデータが出ているそうです!!!

  • 早く歩いた人程、O脚な人が多いとデータが出ているそうです。
    力が備わっていないのに体重をかけると、骨がしなってしまうそうです。
    何かのテレビ番組でやっていました。
    無理につかまり立ちなどさせない方が綺麗な足の形になるそうです。
    出典 :赤ちゃんは、早い時期から歩かせない方がいい? (2) : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  • ハイハイは赤ちゃんの脳にも良い影響を与えるようです!!!

     

    はいはいという全身運動をすることで、脳が刺激されて言語能力や集中力などが高くなるとされています。

  • 赤ちゃんのハイハイは、言語能力など、脳の発達に書かせない運動。
    赤ちゃんがハイハイしているとき、赤ちゃんの脳のなかではいったいどんなことが起こっているのでしょう。
    たとえば大人でも、仕事がうまく行って波に乗り、楽しくて仕方がないとき、脳では「ノルアドレナリン」と「ドーパミン」という脳内物質が分泌されています。「ノルアドレナリン」は脳を覚醒させ、また集中力を発揮させてくれます。また、「ドーパミン」は、人が「快」を感じるときにたくさん分泌され、“やる気”を起こさせます。たのしいからやる気がでて、やる気が出るから成功し、さらに楽しくなるという、まさに相乗効果です。おそらくハイハイの得意な赤ちゃんが、家の中を嬉々として動き回っている時は、このような現象が頭の中で起きていると考えられます。
    出典 :ハイハイが育ち盛りの頭を良くします 子育てにいいおうち 赤ちゃんを迎えるお部屋の準備 - ベビカム
     

    ハイハイは赤ちゃんに良い影響を沢山与えてくれるようです!!!