20代のお肌は大事に

20代のお肌の手入れはしっかりやっていますか?
間違ったお手入れは逆効果の可能性も!?

view324

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 20代は肌トラブルが出始めて、その正しい対応方法がわからず、困惑してる方も多いかと思います。

  • Q.肌が汚いのが悩みです。20代の女子大生です。

    洗顔すると乾燥で肌が突っ張り、その後すぐに油でベタベタしてきます。
    毛穴は開き角栓が慢性的に詰まっており、気持ち悪いので昔から押し出して取っていましたが、取っても取っても出てきます。
    肌の為に角栓を取る事を止めようとしていた時期もありましたが、そうすると化粧が上手くできず、結局我慢出来なくなって押し出す毎日です。

    ここは耐えて、角栓を取り出すのは止めた方がいいでしょうか?
    肌をいい方向に導く方法、オススメのスキンケア商品やマッサージ法など教えていただけたら幸いです。
    出典 :肌が汚いのが悩みです。20代の女子大生です。洗顔すると乾燥で肌が突っ張り、そ... - Yahoo!知恵袋
     

    角栓ができてしまったら、ついつい取りたくなりますよね。

    でもそれは本当はあまりよくなくて、自然に取れるのを待った方が良いみたいですね。

  • 20代のうちにお肌のお手入れをしっかりやっておけば、30代になったときにものすごく差がでます。

  • 20代の代表的な肌トラブル
    肌あれ・乾燥・粉ふき
    ニキビ・テカリ・毛穴
    シミ・くすみ・美白
    しわ&たるみ防止
    について詳しく述べられています。
    是非参考にしてみてください。

  • お肌について考えておきたいこと

  • 「何かを塗る」という発想ではなく、「中からきれいにする」ということから始められてはと思います。
    洗顔→化粧水→アイクリーム→美容液→乳液→(寝る前に)ナイトクリーム というのは20代前半の若い女性としてはちょっと塗りすぎなのでは?という気がします。

    塗りすぎでオイリーになってしまっている可能性も考えられます。

    朝、必ず果物やヨーグルト、水分を取るとか、玄米などを食べる、よく運動する…要はお通じをよくするということですが、これは一生をかけて出来る美肌法だと思います。

    無添加化粧品を使っているのは良いことだと思います。
    それに加えて、お休みの日など、洗顔だけで何も付けず一日過ごすということをおすすめします(「肌断食」というやつですね)。
    そうすると自分の本当の肌の状態がよく分かるはずです。
    私も若い頃は何も考えずいろいろ塗っていましたが、それによって状態が悪くなっていることに気づき、今は化粧水と乳液だけ(乳液は状態によって省くこともある)です。

    プラスすることより「清潔にする」「無駄なものを落とす」ことを重視されれば、これからのお肌が違ってくるかもしれません。
    出典 :20代からしておいたほうがいいスキンケア - スキンケア - 教えて!goo
  • 若いときのお肌は元気ですが敏感に反応しやすいので、色々と気をつけなければならないんですね。

  • やはり、何かを塗るというのは、肌の穴をふさいでしまうので、
    20代の新陳代謝のよい若い肌には老廃物が詰まってしまうのですね。
    夜寝る前にきちんと洗うように気をつけましょう。

  • 20代のスキンケア

  • 20代の肌は素肌でも十分に美しく、ターンオーバーもまだまだ盛ん。
    しかし、これに甘んじて間違ったスキンケアを行ったり、スキンケアをサボると今後に大きく影響する可能性があるので適切なスキンケアを心がけるようにしましょう。

    20代に多い肌トラブルの原因は濃いメイク、そしてメイクを起こすためのクレンジングによって引き起こされることが多いです。
    社会人になって毎日のようにメイクをするようになると、香料や防腐剤が含まれているメイクによって肌に大きな負担がかかるようになります。
    そのメイクをしっかりと落とそうとして、刺激の強いクレンジング剤を使うようになり肌に大きな負担がかかって皮膚に傷がついてしまうことも。

    そのため、20代のスキンケアはいかに肌に負担を掛けることなく毎日を過ごすことができるかが重要となります。
    出典 :自分の年齢にあったスキンケア方法を知ろう
     

    20代、一番大事な時期ですから、正しくスキンケアを行いきちんと対処していきましょう。

  •  

    どのようにきれいな顔を保てば良いのでしょうか?

  • 20代の洗顔・クレンジング方法
    これらは肌に強い摩擦が生じることが多々あるので、摩擦が起こらない洗顔方法を身に着けるようにしなくてはなりません。
    洗顔の基本は十分な泡で顔を包み込むように行うこと。


    泡立てネットで洗顔料をモコモコの泡の状態にまで作り上げてから皮脂の分泌が盛んな部分、Tゾーンやあご先から泡をのせていきましょう。

    泡を顔に乗せたら、指の腹を使って泡を肌の上で転がすようなイメージで洗顔していきます。
    指が肌に触れているか触れていないか、というくらいの気持ちでOK。
    口元や目元などの乾燥しやすい部分は脂っぽい部分がある程度終わってからで十分です。
    出典 :自分の年齢にあったスキンケア方法を知ろう
     

    一時期流行ったスクラブタイプの洗顔は店頭から姿を消しつつありますね。

    洗顔やオイルクレンジングのあとにすぐ保湿力の高い化粧水で潤いを与えることが大事なのですね。

  • ニキビが出来やすい箇所

     

    頬からあごにかけてニキビが出来やすいUゾーン。
    常に清潔に保つように心がけましょう。