妊娠中にがんになった場合どうすればい?報道ステーションより

  • rinko 更新日:2014/08/26

view50

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんを大事にお腹の中に育てている最中もしも乳がんを発症した場合・・頭の中が真っ白になりそうですが報道ステーションではその患者話題に触れていました。

  • 妊娠期間中にがんに?

  •  
     

    辛い宣告ですが現実と向き合う気力を持ちましょう。

  •  
     

    ある意味、セカンドオピニオンということも大事だと思います。専門医との出会いは命をつなぐことになるのです。

  •  
     

    妊娠とがんの発病という特異な状況になっているとうことを踏まえて自分自身も納得のいく治療を選ぶべきなのです。

  •  
     

    医学の進歩は目覚ましいものです。患者側も積極的な治療を選べる時代になってきたのです。

  •  
     

    抗がん剤の副作用を軽減することも妊娠維持には必要なことです。

  • 妊婦と抗がん剤

  •  
     

    がんが発生する部位によって治療の選択も重要です。

  •  
     

    自分の命と向き合う瞬間になると思います。慎重に尊厳を持って。

  •  
     

    その8歳の子供は幸せで幸運の持ち主だと思います。

  •  
     

    聖路加病院では報道ステーションでも取り上げらた乳がん患者の出産という例がありました。

  • 医学の進歩と妊娠

  •  
     

    家族で命を守ること、それが一番重要なのです。

  •  
     

    非常に苦しい選択です。自分の命と新しい命、当然天秤には掛けられない尊いものです。

  •  
  • 婦人科系のがんの場合には転移が認められるとやはり子宮の摘出が必要にあんるのです。胎児の生存と抗ガン治療という選択は非常に大変なことです。あくまでも特殊治療の域なのです。