大腸癌がんの自覚症、その症状とは?

大腸がんの症状は、血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、原因不明の体重減少などが多い症状です。

view515

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸がんとは?

  • 大腸がんは、長さ約2mの大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸ががんのできやすいところです。
    出典 :大腸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 大腸がんの特徴

     

    大腸がんは、大腸粘膜の細胞から発生し、腺腫(せんしゅ)という良性腫瘍の一部ががん化して発生したものと正常粘膜から直接発生するものがあります。
    その進行はゆっくりです。大腸がんは、粘膜の表面から発生し、大腸の壁に次第に深く侵入していき、進行するにつれてリンパ節や肝臓や肺など別の臓器に転移しやすいがんです。

  • 大腸がんの自覚症状

  • 大腸がんの症状は、大腸のどこに、どの程度のがんができるかによって異なりますが、血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、原因不明の体重減少などが多い症状です。
    出典 :大腸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • お腹が張る、下痢、便秘、血便が大腸ガンの代表的な症状です。ごろごろとお腹が鳴ったり、腹痛が起こることもあります。便秘と下痢が交互に起こることもあります。とくに下行結腸や直腸のガンでは、細い便や、硬くてコロコロした便が出たり、あるいは出たと思ったら、すぐ出なくなったりと、頑固な便秘が続いたりします。
    出典 :こんな自覚症状は要注意
  • 血便

     

    大人では大腸がんなどの悪性腫瘍の初期のことがありますが、原因がわかるもので一番多いものは肛門裂(切れ痔)です。
    時間がたつと血便の性質が変わりますので、出た時の状態も よく観察しておいてください。
    肛門に近いところからの出血ほど赤い血で、便と血が分かれていることが多いと いうことです。

  • がんによる血便では肛門痛がなく、暗赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出るなどの特徴があります。
    出典 :大腸がんのとき血便ってどんな便ですか?(色や形) 詳しく回答していただければ、... - Yahoo!知恵袋
  • 大腸がんの早期発見

  • 大腸がんの発見には、便に血液が混じっているかどうかを検査する便潜血検査の有効性が確立しており、症状が出る前に検診などで早期発見が可能です。早期に発見できれば完全に治る可能性が高くなります。
    出典 :大腸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 大腸がんの早期発見には、検診が最も大切です。自覚症状が全くない場合もありますから、検診が頼りです。病院の検診で使用される「便潜血検査」では、便に血液が混じっていないか調べる検査で、目に見えないほど少量の血液でも調べることが可能です。ただ、大腸がんの方が全員便に血が混ざっているわけではありません。
    出典 :早期に発見しよう! | 大腸がん(癌)早期発見と初期症状
  • 大腸がんの検査

  • 大腸がんにはいろいろな検査方法があります。
    そのもっとも一般的なものが便潜血検査です。
    この検査では、便を採取し、その中に目に見えないほどの小さな血液があるかどうかを調べます。便潜血検査は精密検査の前のテスト段階の検査ですので、集団検診でよく行われます。
    出典 :大腸がんの検査方法 その1
  • 直腸診

     

    直腸診という検査もあります。
    直腸診検査は、医者が肛門から指を挿入し、腫瘍があるかどうかを直接触って確かめる検査です。
    これは指の届く範囲だけしか調べることができません。