寝る子は良く育つは本当!!睡眠と成長ホルモンが深く関係してるって知ってた??

寝る子は良く育つという言葉は本当だった!!
睡眠と成長ホルモンの深い関係についてまとめてみた!!

view557

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 寝る子は育つ???

  • よく眠る子は、健康な証拠であり、丈夫に育っていくということ。
    よく眠る子は、体や心に、何も問題になることがないため、不安がなく、よく眠るという 意味と考えられます。この句は、「寝る子は息災」とも言うようです。 息災とは、何の問題もなく健康である事。
    寝る=眠ること。人が疲れなどを少なくする為、体と心を休めること。 子=生まれてから、6歳ぐらいまでの小さな子。(10歳ぐらいまでかも?)。 育つ=赤ん坊が、お乳(ちち)を飲んだり、物を食べたりして、 少しずつ大きくなっていくこと。 息災=「そくさい」と読み、何も悪いことを受けることもなく、健康で元気なこと。
    出典 :ことわざ・寝る子は育つ
     

    これがこのことわざの意味です!!

  • ことわざだけでなく医学的にも根拠があります!!

  • 寝る子は育つ!!

  • 幼児期にはノンレム睡眠の中でも深い睡眠が増え、熟睡量は一生のうちで最も多くなります。寝ついてから3時間以内の深い睡眠中に、成長ホルモンが大量に分泌されます。子どもはこのホルモンのシャワーを浴びることで、身体が急速に大きくなります。

    思春期になると、睡眠中に性腺刺激ホルモンも分泌され始めます。このホルモンによって、性的な成熟が進みます。外から見ればただ眠っているだけですが、体の中ではいろいろなことが起こっているのです。
    出典 :2/4 夜更かしは子にも大敵! 「寝る子は育つ」は本当 [睡眠] All About
     

    睡眠中に成長ホルモンが大量に分泌されるので睡眠が重要になってくる!!

  • 睡眠不足は色々な障害を引き起こします!!

  • 「キレやすい子ども」の増加!!

  • 睡眠不足は、いわゆる「キレやすい子ども」の増加の原因でもあります。穏やかな心を保つためには、セロトニンという物質が重要です。攻撃性や衝動的な行動が目立つ人では、脳脊髄液の中のセロトニン関連物質が少ないことが知られています。

    セロトニンはリズムがある運動をすると増えるのですが、夜更かしだと日中に時差ぼけ状態であまり運動せず、脳の中のセロトニンが減ってしまいます。そのため睡眠不足の子どもは、攻撃性が増したりイライラ感が強まったりしてキレ易くなるのです。
    出典 :3/4 夜更かしは子にも大敵! 「寝る子は育つ」は本当 [睡眠] All About
     

    切れやすい子供が増えてるのは夜更かしが原因かも????

  • 指差しが遅く、話せる言葉の数が少ない!!

  • 特に夜型の幼い子どもは、大きな問題です。夜間の睡眠不足のため、幼稚園などの昼寝のときに起こさないと目覚めない子どもほど、指差しが遅く、話せる言葉の数が少ないことが分かっています。また、就寝時刻が遅い12ヶ月児は、言語理解とバイバイができず、起床時刻が遅い20ヶ月児は、積み木2個を積むことができません。これらのことは、夜型の乳幼児は、精神運動の発達が遅れていることを示しています。
    出典 :3/4 夜更かしは子にも大敵! 「寝る子は育つ」は本当 [睡眠] All About
     

    睡眠と子供の成長には深いかかわりがあった!!

  • 睡眠中に出る成長ホルモンは重要な存在!!

  • 睡眠は大人にも子供にも重要なもの!!

  • 大人も子供も睡眠を大切にしましょう!!