統合失調症の薬 どんなものが使われるの?どれくらい飲み続けるの?

統合失調症の薬にはどのようなものがあるのでしょうか?
使われている薬、その効果、またどれくらいの期間飲み続ける必要があるのかについてまとめてみました

view282

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 統合失調症の薬にはどんなものがあるの?

  • 向精神薬にはいくつかのグループがあり、大きく分けて抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、気分安定薬、睡眠薬などに分けられます
    出典 :向精神薬のいろいろ とは - コトバンク
  • 統合失調症には抗精神病薬が使われる

     

    統合失調症の治療に使われる抗精神病薬は向精神薬の一種です

  • 抗精神病薬には従来型と新規型の2種類があります。
    どちらも長期間に渡って飲み続ける必要があるほか、副作用の問題があります。
    副作用の代表例としては日中の眠気やめまい、便秘・排尿障害などが挙げられます。
    出典 :抗精神病薬の特徴【統合失調症を理解する】
     

    新規型の方が副作用が少ないというメリットがあるため、新規型の利用が増えています。

  • 抗精神病薬を大雑把に分けると、鎮静系(落ち着かせる。眠くなるので、睡眠薬にも使われる)の「低力価薬」と幻聴妄想を止める作用の強い「高力価薬」に分かれます
    出典 :統合失調症の薬について
  • 薬物治療の主となる抗精神病薬

     

    統合失調症患者の脳内で必要以上に活動してしまっているドーパミンを抑えるために用いられます。
    統合失調症に見られる症状に直接作用する薬といってもいいかもしれません

  • 抗精神病薬を用いることで統合失調症の患者さんの症状はかなり改善されることが実証されています。
    薬を用いての治療でなんと7割の患者さんに症状の改善が見られたといいます。

  • 統合失調症は、抗精神病薬だけで治療できる病気ではありません。抗精神病薬が治療の中心にはなりますが、足りない部分もあります。それを補うのが補助治療薬と言われる薬です。補助というのは、抗精神病薬の効果を引き出したり、副作用を治療したり、足りない部分を補ったり、また予防のために処方したりする大切な薬です。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 統合失調症 薬物治療
  • 現在、統合失調症の補助治療薬として使われているのは抗不安薬、睡眠薬、抗パーキンソン薬、抗てんかん薬です。この中には服用量に上限があるものあるため、服用の際には医師の指示を守り、過剰摂取に注意するようにしましょう。
    出典 :統合失調症の補助治療薬 【統合失調症を理解する】
  • 統合失調症の症状をコントロールするためには、統合失調症の治療薬として抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬を使用することがあります。
    出典 :統合失調症の治療薬の抗不安薬・抗うつ薬・睡眠薬
  • 統合失調症をコントロールするためにメインである抗精神病薬に加えて、補助的な薬も服用することになります。
    そうなると薬の量が増えてしまうことで副作用など不安になってしまう患者さんも少なくありません。
    でも、お薬の効果は副作用だけではありません。
    薬にはそれぞれお互いの不足する部分を補う「相補作用」というものがあります。

    抗精神病薬と補助治療薬がまさにそれなのです。

  • 統合失調症の薬はどれくらい飲み続ける必要があるの?

  • 医者に処方してもらった薬をちゃんと飲むことはとても大切です。
    これを怠ると大変なことになります。
    幻聴が収まったからといって、「ああ、私は統合失調症、治ったんだ」と思って服薬をやめると必ず再発します
    出典 :ストレンジアンブレラ 統合失調症患者の絵日記&漫画
  • 薬をいつまで続けるのかは、個人差があり一口にはいえません。症状の安定をみながら、減量や中止をはかっていきますが、その判断は専門医でなくては難しいものです。
    出典 :統合失調症|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    気になることがあれば必ず医師に相談すること。
    一歩間違えば再発・悪化の可能性が高まるばかりです。

  • 薬を飲むことをやめると、また症状が出てくることがあります。
    また、再発を繰り返すと症状が強くなり、治りにくくなります。
    薬には再発を予防する作用があり、薬を飲みつづけることは重要です。
    出典 :精神科/神経科/神経内科/内科/もの忘れ・物忘れ外来/禁煙外来 分野病院 大阪市都島区|統合失調症ABC
     

    脳内のドーパミンを自分ではコントロールできなくなっているのが統合失調症なのです。
    それをコントロールするためのお薬ですから、飲み続けることが重要なんです。

  • 現代医学上では薬物を一生投与し続けることによって平常化を図るという考え方です。
    出典 :統合失調症で、精神科の薬を飲み始めたら少なくともどのくらいの期間飲み続けるこ... - Yahoo!知恵袋
  • 薬の服用を始めて、症状が良くなってもそれはあくまで薬の効果あってのこと。
    つまり、薬を飲むことを辞めてしまえばまた症状が出てしまう可能性があるのです。
    ただ、症状に合わせて薬を減らすことは可能です。
    もちろん、その場合も自分の勝手な判断で減薬することはNG。
    主治医とよく相談して決めることが大切なのです。