へその緒ってどんなもの?

へその緒ってありますよね
命綱のような物ですが、一体どのような物なのでしょうか☆

view381

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • へその緒

  • ママのお腹の中で、胎盤と赤ちゃんをつなぐ命綱とも呼ぶべきものが、この「へその緒」。正式には「臍帯」と呼びます。赤ちゃんはへその緒を通じて、酸素や栄養素を送ってもらい、逆に二酸化炭素や老廃物を戻しています。赤ちゃんは、お腹から出てきてこのへその緒を切られた瞬間から、肺呼吸をスタート。
    出典 :へその緒 [チビタスキーワード] All About
  • 顔を真っ赤にして泣き始めます。生まれたての赤ちゃんには数センチのへその緒がついたままになっていますが、これも1週間ほどでポロリと取れます。このへその緒は出産の記念として、桐箱などに入れてとっておくことが多いようです。
    出典 :へその緒 [チビタスキーワード] All About
  • へその緒の中身

  • へその緒は動脈2本、静脈が1本通っています。一体化するようにらせん状になっていて、ワルトンゼリーとゆう寒天状のぬるぬるした物質で覆われています。ワルトンゼリーは、それぞれの脈が絡まって血流が止まらないように、それぞれを保護しています。
    出典 :へその緒 e-育児
  • 臍帯静脈 静脈は臍帯静脈(さいたいじょうみゃく)と呼ばれ、臍帯の中では臍帯動脈(さいたいどうみゃく)とねじりあって存在します。臍帯静脈は、胎盤で栄養と酸素をたっぷり含んだ血液を、胎盤から赤ちゃんへと運びます。
    出典 :へその緒 e-育児
  • 臍帯動脈は、臍動脈(さいどうみゃく)とも呼ばれ、臍静脈とは反対に胎児から胎盤へ血液を運ぶ役割。臍静脈で運ばれた新鮮な血液を得た赤ちゃんの老廃物を含んでいます。臍帯動脈は、血液を胎盤から運ぶ臍帯静脈と違って、胎児に与えた後の血液を胎盤に戻します。
    出典 :へその緒 e-育児
     

    色々機能があったのですね!

  • 役割

  • お腹の中の赤ちゃんは自分で食べたり息をすることができないからこのような器官が必要なんだね。栄養や酸素を赤ちゃんに送るだけでなく、いらなくなった二酸化炭素を運び出す役割もある。
    出典 :赤ちゃんのへその緒の役割〜赤ちゃんのへその緒の役割とは 雑学
  • お母さんの血管と胎児の血管は直接はつながっていないよ^^へその緒の先っぽにある(お母さん側)胎盤の中でお互いの血液から栄養(母体→胎児)や老廃物(胎児→母体)の交換を行っている。だからお互いの血液が交じり合うことはないんだよ。
    出典 :赤ちゃんのへその緒の役割〜赤ちゃんのへその緒の役割とは 雑学
     

    直接つながってないのですね!

  • 長さ

  • へその緒の長さ 最終的には直径1~1.5センチ、長さは約50センチにもなります。それだけ長い為に、赤ちゃんが羊水内で動く時に自然とゆるく絡みつく場合もあります。たいていはワルトンゼリー等の働きによって外れますが、首に巻きついてしまう時は経過を観察します
    出典 :へその緒 e-育児
  • 巻きつく部位はすごい

     

    この時、巻きつき方にもよりますが
    首を圧迫して赤ちゃんが低酸素状態になる場合もあります
    しかし、へその緒が巻きつくのは90%は首だとされています
    90%はすごい数字ですよね!

  • 白血病の治療に役立つ

  • へその緒には血液の成分を作ることができる細胞が多く含まれていることから、
    白血病の治療に役立てることができる。
    出典 :赤ちゃんのへその緒の役割〜赤ちゃんのへその緒の役割とは 雑学
  • 特に、血液細胞が異常になって正常な血液が作れなくなる白血病や悪性リンパ腫になると、造血幹細胞移植(ぞうけつかんさいぼういしょく)で正常な幹細胞を移植して治療することが最善の治療策の1つとされています。しかし、その為には白血球が一致しないと移植できないので、ドナーを探すことは大変なことで問題とされています。
    出典 :へその緒 e-育児
  • 保管していませんか?

     

    日本ではへその緒を大切な出生記念として
    保管する習わしがあります
    昔からお守りとして扱われ
    本人が危篤になった時に飲ませると
    回復するなどの言い伝えもあります!
    正式には命名書と一緒に神棚や仏壇に供えます!
    とはいえ、肌身離さず持っている人は少ないという事です
    調べてみましたが昔からあるのですね
    あなたは保管していますか?