中心を鍛える!コアトレーニングの方法。

コアトレーニングとは、身体のコア(核)となる脊柱(体幹)に近い部分から意識的、優先的に鍛えるトレーニング様式です。

view1566

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 概要

  • コアトレーニング・・・最近よく耳にします。コアにも様々な定義がありますが、身体の安定性に関係しているというのは、共通して言える事だと思います。身体の安定性は、スポーツ動作に大きく影響を与えます。

  • コアとは、腹横筋(ふくおうきん)、多裂筋(たれつきん)、横隔膜(おうかくまく)、骨盤底筋(こつばんていきん)で形成される部位です。鍛えることによって身体バランス、「動き」を改善されます。

  • 注目の「コアトレーニング」 - YouTube

  • コアトレーニングのイメージとしては、「フルカン」「リング」「ニュートラルスパイン」などが使われます。

  • お尻と脚を引き締めるコアトレーニング - YouTube

  • 体幹部を鍛えることで、多くの競技に通じる汎用性に富んだ能力向上を図れます。

  • 骨盤ウエストシェイプ お腹ヤセ大作戦8 実践!コアトレーニング! - YouTube

  • 筋肉は本来、体幹に近い物ほど大きく高出力に出来ているため運動能力への寄与も大きいです。

  • 逆に末端部を優先して鍛えるとコアの働きを阻害し柔軟性が失われるため「動き」が悪化し、故障に繋がるといわれ、最近は敬遠されることが多いようです。

  • トレーニングにはバランスボールが用いられることもあります。

  • コアトレーニングは、コアを鍛える事が目的ではなく、身体の安定性(スタビリティ)という機能を鍛えるための一つの手段です。