二日酔いの原因ってなに?

前の晩は楽しく飲んだけど翌朝はひどい二日酔いで辟易
こんな経験をした人は多いはずです
できることなら一生経験したくない二日酔い。原因はなんなのでしょうか?

view121

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 二日酔いとは

  • 二日酔いの歴史は古く、旧約聖書にその記述が見られます。しかし、その長い歴史にもかかわらず、二日酔いの定義や診断基準などは未だ示されていません。多くの方が経験されていると思いますので、症状を今さら説明するまでもないかもしれませんが、頭痛、胃腸症状、睡眠障害、感覚や認知の障害、うつ気分、自律神経症状など様々です
    出典 :二日酔いのメカニズム|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 二日酔いの原因は飲み過ぎ

     

    お酒を飲んだ翌朝に不快な気分におそわれる「二日酔い」。主な原因は、大量のアルコールを摂取し、アセトアルデヒドが肝臓で十分に処理されないことです。

  • 二日酔いは原因は様々です

  • アルコールやアセトアルデヒドの影響で、動悸や頭痛などの症状が起きます。アルコールやアセトアルデヒドによって胃の粘膜が荒れ、胃腸の動きが悪くなるため、胃痛、胸やけ、吐き気といった症状もあらわれます。
    出典 :飲み過ぎに注意 | 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 | サッポロビール
  • 二日酔いには様々な原因と症状があり、治し方は一様ではありません。代表的な二日酔いの症状は脱水、吐き気、身体疲労(だるさ)、頭痛、筋肉痛、睡眠障害などです。これら二日酔いの症状は原因を知り正しく対処すればより早く治すことができます。
    出典 :二日酔いの原因と治し方
     

    二日酔いの要因となるものは一つではありません

  • 二日酔いの原因は様々です

     

    代表的な症状は頭痛、だるさ
    さらにひどい時には吐き気ではないでしょうか

  • 二日酔いは酒の飲みすぎが原因であることは明白です。しかし、誰もが知っているあのつらい症状が何故起きるのかについては驚くほど解明されていません。有力な説として、軽度の離脱症状、ホルモン異常による脱水や低血糖、体の酸塩基平衡のアンバランス、アセトアルデヒドの影響、酒に含まれるメタノールや不純物等が挙げられています。
    出典 :二日酔いのメカニズム|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 最も当を得ているのは、単一要因ではなく、既述の要因または未だ不明の要因が複雑にからみあって二日酔いが生まれる、という説明でしょう。二日酔いの原因は飲みすぎと至極単純ですが、そのメカニズムは思いのほか複雑なようです。
    出典 :二日酔いのメカニズム|e-ヘルスネット[情報提供]
     

    二日酔いはいくつかの原因が重なって引き起こされるようです

  • 【二日酔い】と【悪酔い】の違い

     

    翌朝起こる二日酔いに対して、お酒を飲んでから2~6時間後くらい、まだ血中アルコール濃度が高いときに起こる不快な症状が「悪酔い」です。
    症状は二日酔いと同じですが、二日酔いは大量にお酒を飲む人に多いのに対し、悪酔いはお酒に弱い人に起こりやすいことが特徴です。

  • ズキズキ頭痛がひどい二日酔いはアデノシンが原因

  • アルコールには血管を拡張する働きがあります。この働きによりストレスなどで収縮した血管を拡張し、気分を高揚させてくれるのもお酒を飲む楽しみです。
    出典 :二日酔いの原因と治し方
  • しかし、アルコール以外にアデノシン(日本酒に多く含まれる)やアセトアルデヒド、酢酸にも血管拡張作用があり、 これが長く続くと血管が炎症を起こし二日酔いの症状であるズキズキとした頭痛の原因となります。
    出典 :二日酔いの原因と治し方
     

    二日酔いの頭痛は血管が炎症を起こすことが原因のようです。飲みすぎは怖いですね。

  • 脱水が原因の二日酔いは頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振など

  • 二日酔いで最も多いのがこの脱水を原因とする各種症状です。
    脱水症状は頭痛、身体疲労(だるさ)、吐き気、食欲不振などの様々な症状を引き起こします。
    出典 :二日酔いの原因と治し方
     

    飲みすぎた翌日はすごく喉が渇きますね

  • アルコールには利尿作用があるため、飲酒により摂取した水分以上の水分が失われます。アルコール50gで600~1000mlの水分が失われます。これはビール500mlを2本飲むと1L近くの水分が失われる計算となります。ビールよりもアルコール度数の高いお酒なら飲めば飲むだけ水分が失われ脱水による二日酔いの原因となります。
    出典 :二日酔いの原因と治し方
  • 低血糖症が原因の二日酔いは頭痛、だるさ、筋肉痛など

  • 飲酒によるアルコールは全て肝臓で処理されます。アルコールを分解している間、肝臓はアルコールの分解を優先させ、他の働きを休ませてしまいます。その中でも二日酔いの原因となるのが、グルタミンによる糖(グリコーゲン)の生産不足です。
    出典 :二日酔いの原因と治し方
  • 通常、肝臓は糖分を貯蔵し、必要に応じて供給しているのですが、この貯蔵量は多くても8時間程度しかストックがありません。そのため、アルコール分解に肝臓が使われることにより糖分が不足してしまいます。脳に糖分が必要なことは有名ですが、糖分が不足すると頭痛やだるさ、筋肉痛といった二日酔いの原因となります。
    出典 :二日酔いの原因と治し方
     

    糖質の不足も二日用の原因になってしまうのです