耳鳴りの種類によっては注意が必要。怖い耳の病気

耳鳴りの種類を特定していくとその音の種類で原因となる病気がある程度わかるそうです。

view671

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 耳鳴りの種類はどれくらいあるの

  • 耳鳴りの仕組みはよくわかっていませんが、耳鳴りの種類というのは3つあることがわかっています。
    一つ目は「他覚的な耳鳴り」二つ目は「生理的な耳鳴り」三つ目は「病的な耳鳴り」があるのです。
    出典 :耳鳴りの種類とは3つある
  • どんな音がするの

  • 他覚的な耳鳴りでは、耳の周りの筋肉や関節の音や血管の血流の音など聞こえてきます。
    生理的な耳鳴りでは、防音室などに入った時にシーンと聞こえたりします。
    出典 :耳鳴りの種類とは3つある
  • 耳鳴りの画像

  • どんな音が多かったかと言うと、「ジー」というセミの鳴き声のような音と、「キーン」という金属音のような音が最も多かったのです。その次に多かったのは、「ピー」という電子音のような音です。
    出典 :耳鳴り症状。音の種類について
  • その他はどんな音がするの

  • ・「ブーン」という重低音・「シャー」という空間音・「ゴォー」というジェット音・低い風切り音・「ジャー」「ジョー」という水流音・「ブクブク」「ポコポコ」「グググ....」という痙攣音・「ザッザッ」「ガンガン」「グワァン グワァン」という拍動生の音・「ピロピロピロ・・・」「ヒュルリーヒュルリー・」という異次元音・ ハッキリとしたメロディ音
    出典 :耳鳴り症状。音の種類について
  • 耳鳴りの症状がでたら

  • 1.半日以上耳鳴りが治まらない2.片耳だけ耳鳴りがする3.めまい・難聴を伴う
    この3つの条件に当てはまる場合は、すぐに耳鼻咽喉科を受診することが必要です。 特に聴力低下に関しては、発症からどれだけ短時間で治療に入れるかで聴力が元に戻るか、戻らないかが決まります。
    出典 :耳鳴りの原因 "キーン"や"ジー"という音はストレスのせい? | TREND STYLE
  • 耳鳴りからよく聞く耳の病気

  • 耳鳴りがして病院へいっても、その耳鳴りの起こる原因はわかっていません。なぜ耳鳴りが起きるようになったのかは不明なままなのです。なのでこの3つも病気になった原因もわからないということになります。耳鳴りを減らす改善策として、ストレスをためない、寝不足をしない、風邪を引かないなどがあげられ、自律神経の乱れを改善する耳つぼマッサージなどもおすすめです。

  • 耳鳴りの画像

  • メニエール病・レルモワイエ症候群

  • メニエール病の亜種の一つであるのがこのレルモワイエ症候群です。メニエール病の特徴はめまい、耳鳴り、難聴が起こりますが、レルモワイエ症候群の場合、難聴と耳鳴りが少しずつ始まり、難聴も進行していきます。難聴の症状がピークに達すると、いきなり強いめまい発作を起こし、発作から数時間後には耳の聞こえも回復するというような状況になります。
    出典 :【メニエール病の種類】 - メニエール病ガイド
  • 急性低音障害型感音難聴

  • 「耳が詰まった感じ」とか「音が変にゆがんで聞こえる」などの症状になります。人の話し声の周波数よりもむしろ低い周波数が 聞こえにくくなる、急性感音難聴の一つです。聴覚の神経である内耳(蝸牛:かぎゅう)に異常が起こって生じると考えられています。
    出典 :急性低音障害型感音難聴
  • 突発性難聴

  • ある日、目を覚ますと片側の耳が聞こえなくなっていたり、つ まる感じがしたり、耳鳴りを感じたりする病気です。また 昼間はどうもなかったのに、夕方になって急に眩暈(めまい)とともに難聴 を感じたりすることで始まることもあります。
    出典 :突発性難聴