子宮の病気にはどんなものがあるのですか?

今回は子宮の病気にはどのようなものがあるのかまとめてみました。

view352

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮腟部びらん



  • びらんとは、通常ただれを意味する言葉です。ただし、20~40代に見られる子宮腟部びらんは、実際にただれているわけではなく、子宮頸管内の上皮が子宮の出口の表面に張り出してきているために赤くただれたように見えるだけ(仮性びらん)で、病的なものではありません。子宮頸がんの検診を受けたときに指摘されることがありますが、生理的なものですから心配はいりません。
    出典 :子宮の病気と症状 | 子宮なんでも辞典 | 子宮頸がん講座
     

    これは心配する必要は無いのですね。

  • 子宮筋腫



  • 子宮筋腫とは子宮の中にできる「こぶ」のようなもので、他の臓器に転移することのない良性の腫瘍。女性の体にできる腫瘍の中では最もポピュラーだが、無症状であることが多く、たまたま検診で見つかるなどのケースが多い。
    30代半ば~50代半ばにかけておきやすいと言われているが、最近は初潮の低年齢化に伴い、20代にも見られることがある。
    出典 :代表的な子宮の病気|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    急激に大きくなると、悪性腫瘍になることもあるようです。

  •  

    小さい物の場合は無症状なことが多いそうです。

  • 基本的な治療法は手術で筋腫を摘出することですが、筋腫が小さくて症状が無い場合や閉経期に近い場合は手術をせず、定期検診をうけつつ経過を見ます。癌になる危険は大きくないので焦る必要はありません。しかし月経異常などの症状がみられたり出産の予定がある場合は手術を行います。
     手術には子宮全体を摘出する方法と、筋腫核だけを摘出する方法があります。前者は癌の発生の心配がなくなりますし、後者は妊娠の予定がある場合にとられる方法です。いずれにしろ、医者とじっくり相談して決めることになります。
    出典 :子宮筋腫 病気 症状の情報サイト@WELL 原因/治療法/薬/受診科
     

    手術で切除するのが一般的なのですね。

  • 子宮内膜症

  • 子宮内膜症とは子宮内膜とよく似た細胞がなぜか卵巣や腸、膀胱などで増殖する病気。生理のたびにその部分から出血し痛みを引き起こしたり、周りの臓器や膜と癒着を起こしたりする。
    30代~40代に多く、閉経後はほとんど症状がみられない。最近では10代~20代で発症するケースも多い。
    出典 :代表的な子宮の病気|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    ミドル世代がかかりやすいようです。

  •  

    経痛を訴え、生活に支障が出るほど強い痛みが続くことがしばしばあるようです。また重い下腹部痛・腰痛、性交痛、月経過多などもみられるようです。

  • 子宮内膜症の治療も、薬によるものと、手術によるものの2つに分けられる。
    気をつけたいのはいきなり「ホルモン療法」に入ること。子宮内膜症ではなく、重い生理痛である場合にホルモン治療を受けると副作用(体重増加・にきびなど)が出ることもある。できれば事前に情報収集をして、子宮内膜症の専門医に診てもらうことが望ましい。
    出典 :代表的な子宮の病気|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    しっかりお医者さんに診断してもらわないと大変な事になりますね。

  • 子宮頸管ポリープ

  • ポリープとは、粘膜が増殖してできたキノコ状のやわらかい突起のことをいいます。子宮頸部の入り口の子宮頸管の粘膜が増殖し、子宮口からはみ出して、膣の方に垂れ下がったようになるのが子宮頸管ポリープです。

    ポリープは、ほとんどの場合1つですが、複数できることもあります。大きさは米粒(2〜3ミリ)〜親指大(1センチ程度)くらいになることもあります。

    原因はよくわかっていませんが、女性ホルモンの影響や子宮頸部の炎症が関係していると考えられています。
    出典 :子宮頸管ポリープ
     

    症状としては、出血する場合があるそうです。

  •  

    ほとんど良性のものですから、過度に心配しなくても良いでしょう。しかしもしものことがありますから、検査だけはしっかりしましょう。

  • 不正出血が頻繁に起こるようであれば、カンシという器具を用いてポリープの根元を挟んでねじり取るという簡単な手術を行います。
    外来で処置できるので、入院の必要はありません。

    子宮頸管ポリープは、ほとんどが良性のものですが、ごくまれに悪性の場合もありますので、念のため切除したポリープは組織検査を行い、悪性かどうかを検査します。
    出典 :子宮頸管ポリープ
     

    切除しなければなりませんが、大がかりでは無いようですね。

  • 子宮頚癌

  • 子宮頚部にできる癌のことです。子宮は子宮頚部、子宮峡部、子宮体部の三つの部分から構成されています。子宮にできる癌のうち、子宮頚部にできる癌が子宮頚癌です。40代をピークにして、その前後の年代に多い病気です。最近は20代、30代の若い女性にも増加しています。その背景には低年齢でのセックス、 性的パートナーが多い、多産、他の性行為感染症など様々な要因が関係しているといわれています。
    出典 :子宮頚癌 病気 症状の情報サイト@WELL 原因/治療法/薬/受診科
     

    ウイルスが原因になって発病するみたいです。

  •  

    初期の子宮頚癌ではほとんど無症状だそうです。まれにおりものが増えたり、セックスの時に出血が見られるといった症状があるそうです。子宮頚癌が進行してくると、不正出血や悪臭(腐敗臭)のあるおりもの、下腹部・腰・下肢の痛み、血尿や血便などの症状が出てくるみたいです。

  • 子宮頸癌には、外科療法、放射線療法、化学療法の3つの治療法があります。
     
    a)外科療法
      (1)ごく早期の子宮頚癌に対して以下の三つの外科療法があります。
        ・凍結療法…癌を凍らせて殺す方法です。
        ・高周波療法…電磁波の熱(電子レンジの原理)で癌細胞を殺す方法です。
        ・レーザー治療…レーザー光線で癌を焼いてしまう方法です。
      (2)少しでも進行した子宮頚癌は以下の外科手術で治療します。
        ・円錐切除術…癌のある場所を円錐状にくり抜く手術です。
        ・単純子宮全摘出術…円錐切除術では癌の取り残しがありそうな時は、この手術で子宮を摘出します。
     ・広汎子宮全摘出術…癌が広い範囲で広がった場合、子宮と膣の一部、さらに近くのリンパ節を摘出します。
        ・骨盤内臓全摘術 …さらに癌の広がりがひどい時はこの術式によって、子宮・膣とともに下部結腸、直腸、膀胱をも取ってしまいます。

     b)放射線療法
     強いX線を使ってがん細胞を殺し、癌を小さくする治療です。放射線治療は体の外から行う外照射(WP照射)と、X線を出す物質(線源)を詰めたプラスチックの棒を腟内に入れてX線をあてる方法(腔内照射)があります。この治療は単独、または手術療法と組み合わせることで治癒率を高めます。

     c)化学療法
      化学療法とは抗癌剤を使って治療することです。外科療法や放射線療法と併用する場合があります。
    出典 :子宮頚癌 病気 症状の情報サイト@WELL 原因/治療法/薬/受診科
     

    昔は全摘出しなきゃダメとよく聞きましたが、現在では必ずしもそうではないのですね。

  • 子宮体癌

  • 子宮体部にできる癌のことをいいます。子宮は子宮頚部、子宮峡部、子宮体部の三つの部分から構成されています。子宮にできる癌のうち、子宮体部にできる癌が子宮体癌です。婦人科の癌で最も多いのは、この子宮体癌です。50~60歳代の女性の発症が多いとされていますが、最近は年齢に関係なく発症が増えてきています。先進国に多い癌のひとつです。
    出典 :子宮体癌 病気 症状の情報サイト@WELL 原因/治療法/薬/受診科
     

    比較的年齢が高い方の方が発病しやすいのですね。

  •  

    月経とは無関係の出血、おりもの、排尿痛または排尿困難、性交時痛、下腹部の痛みなどの症状が初期にみられるようです。

  • 子宮体癌に対しては外科療法、放射線療法、化学療法、ホルモン療法の四つの治療方法があります。癌の進み具合に応じてこれらを単独、あるいはいくつか組み合わせて治療を行います。
     
    a)外科療法
       できる限り癌を取り除く治療です。外科療法でお腹を開けてみて初めて、その子宮体癌の進行具合が確定されます。進行具合によって、以下の二つの術式があります。
       ⑴単純子宮全摘出術と両側付属器切除術(ATH+BSO)
        お腹を開けて、子宮と、両側の卵巣と卵管を切除します。
       ⑵広汎性子宮全摘出術(ATH+BSO+Om+PLN+PAN)
        ⑴のように、子宮、両側の卵巣・卵管の摘出に加え、骨盤内のリンパ節、大動脈近くのリンパ節、胃からぶらさがる大網(リンパ節と血管の塊)の切除を行います。

     b)放射線療法
    強いX線を使ってがん細胞を殺し、癌を小さくしていきます。放射線治療は体の外から行う外照射(WP照射)と、X線を出す物質(線源)を充てんしたプラスチックの棒を癌の存在する場所の子宮腔内及び腟内に入れてして行う方法(腔内照射)があります。この治療は単独、または手術療法と組み合わせることで治癒率を高めます。

     c)化学療法
      化学療法とは抗癌剤を使って治療することです。外科療法や放射線療法と併用する場合があります。治療施設によって治療方法は変わってきますが、癌がすでに全身に広がってしまった場合、この化学療法だけを行うのが標準的な治療とされています。

     d)ホルモン療法
      ホルモン療法では黄体ホルモンの働きがある経口内服剤が用いられます。ごく早期の子宮体癌で、子宮を摘出しないで残したいと希望する若い女性の場合にこの治療法が選択されることがあります。その場合、癌の病巣がある子宮の内膜をすべてかき出す治療(掻爬術)と組み合わせて行います。
    出典 :子宮体癌 病気 症状の情報サイト@WELL 原因/治療法/薬/受診科
     

    ごく初期ならば切らない治療法も可能なようですね。