妊娠力を高める生活習慣

妊娠力を高めるためには、日々の生活を見直すことも大切です。妊娠カアップのために、自分でできることを紹介します。

view207

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 妊娠したいと思ったらまずは自分の妊娠力をチェック

  • 「妊娠したいと思ったらどんなことから始めればいいの?」という人は、まず基本的な流れを知っておきましょう。自分で出来ることや病院を受診するまえに基本的な知識は持っておきたいものです。自分でケアできることや年齢のこと、生活習慣の心がけなどを覚えておいてください。
    出典 :妊娠したいと思ったら始めること
  • 子宮や卵巣の病気、不摂生な生活習慣の積み重ねで、いつのまにか妊娠しにくい体になっていかもチェックして自分にあった妊活を始めましょう
    出典 :まずは自分の妊娠力チェック
     

    妊娠力チェック表、男性の妊娠力チェックもあり

  • からだを冷やさない

  •  

    からだを冷やすと血のめぐりが悪くなり、卵巣や子宮の働きが低下することがあります。服装に気をつける、適度な運動をする、温かい飲み物や食べ物をとるなどを意識しましょう。

  • 不妊の女性の大半は冷え性に悩んでいます。血行が悪いと卵巣に酸素や栄養が十分に届かず、卵巣機能の低下を招くのです。
    出典 :冷え性対策
  • 貧血を防ぐ

  •  

    貧血になると、からだのすみずみまで酸素が行き渡らなくなるため、疲れやすいなどの症状を招きがち。レバーやほうれん草など、鉄分を含む食材を意識してとるようにしましょう。

  • 鉄は、血液中のヘモグロビンの材料になります。女性は毎月、月経で鉄を消費するため、男性以上に必要になります。
    出典 :妊娠しやすい食べ物
  • ストレスをためない

  •  

    ストレスは妊娠の大敵です。過剰にストレスがかかると、脳からの指令が出にくくなり、生理不順を招く場合があるからです。スポーツや趣味などでリフレッシュしましょう。

  • 視床下部はストレスの影響を受けやすく、ストレスを抱えているとホルモンの分泌が乱れてしまうのです。
    出典 :子宮と卵巣、女性ホルモンについて
  • 生理不順は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因のこともありますが、たいていは、心身のストレスや環境の変化が引き金になって、ホルモンの分泌が乱れるのが原因です。
    出典 :生理不順のセルフケア
  • 1日3食、食事をとる

  •  

    太り過ぎややせ過ぎは、ホルモンの分泌を乱すことがあるめ、月経や排卵のトラブルを招きがち。1日3食、きちんと食事をとるようにしましょう。

  • 妊娠しやすい食生活のポイント
    ①食事は3食規則正しくバランス良く ②よくかんで食べる③外食、インスタント食品、ファーストフードなどをなるべく避ける
    出典 :妊娠しやすい食べ物
  • 禁煙する

  •  

    妊娠を望むなら禁煙しましょう。喫煙は、卵子の質や精子の形成能力を低下させる場合があるからです。体外受精などの治療結果も、喫煙者のほうが、妊娠率が低いといわれています。

  • 喫煙は、卵子だけでなく精子の質も低下させます。不妊の原因は、女性だけにあるのではありません。いつか一緒に親になりたいと思っているなら、一刻も早く2人で禁煙を始めた方がいいでしょう。
    出典 :妊娠力の低下を招く、卵子の老化を防ぐためのポイント4つとは? | 「マイナビウーマン」