日本人に少ない【悪性リンパ腫ホジキン病】とは?

悪性リンパ腫ホジキン病についてまとめています。悪性リンパ腫にはホジキン病と非ホジキン病がありますが、日本人に少ないホジキン病について勉強しましょう。

  • green 更新日:2014/04/15

view191

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 悪性リンパ腫ホジキン病とは?

  • この病型は日本における悪性リンパ腫の約10%に見られます。一般的には、ホジキンリンパ腫は悪性度が低く、治療が予定どおりできれば治ることが多い(およそ65-80%)病気です。病期の進んだ場合を除き、強い治療が必要なことは少なく、がんとしての性格はおとなしいと言えます。
    出典 :悪性リンパ腫 | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
     

    ホジキン病の方が、悪性度が低いため治療しやすい病気といえます。

  • 悪性リンパ腫ホジキン病の症状は?

  • からだの表面近くのリンパ節が腫(は)れてきて、いわゆるぐりぐりができますが、押しても痛くなく、周囲に傷口や化膿(かのう)も見あたりません。
    出典 :悪性リンパ腫 とは - コトバンク
     

    しこりができるようですが、特に痛みがないのが特徴です。

  • 悪性リンパ腫ホジキン病の診断方法とは?

  • 腫れたリンパ節の組織の一部を採取し、顕微鏡で見て細胞の種類を調べるリンパ節生検(せつせいけん)を行なわないと、確実な診断はくだせません。
    出典 :悪性リンパ腫 とは - コトバンク
     

    リンパ節生検で悪性リンパ腫ホジキン病と判断されるようですね。

  • 悪性リンパ腫ホジキン病の病期についてみていきましょう。

  • 腫瘍の広がりをみるために胸腹部CT、PET、骨髄こつずい検査なども必要です。病気の広がりの程度により4つの病期に分けられます。高齢者では、半数以上が診断時にIII~IV期まで進行しています。
    出典 :悪性リンパ腫| お年寄りの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 悪性リンパ腫ホジキン病の治療方法とは?

  •  

    悪性リンパ腫ホジキン病の治療は、主に化学療法や放射線療法をとるようです。

  • ある部位に病気が限局していて、進行していない場合は、放射線療法を主体にして治療します。病気が全体に広がっている場合は、いろいろな抗腫瘍剤を組み合わせて使用する多剤併用化学療法を主体にして治療するのが原則です。また、場合によって、骨髄移植が行なわれることもあります。
    出典 :悪性リンパ腫 とは - コトバンク
  •  

    化学療法で治療をするときには、副作用が伴います。どのような副作用があるのかということも知っておきましょう。

  • 吐き気 多くの抗がん剤が吐き気と嘔吐を引き起こします。本人にとって苦しいこの症状には、吐き気を抑える薬が使われます。現在、数種類の薬が認可されており、非常によく効きます。抗がん剤を使用してから数日たてば、自然に吐き気は消えますので、その間だけ制吐剤を使用して頑張ることになります。
    出典 :悪性リンパ腫 | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
  • 便秘や下痢 便秘薬や下痢止めを使用することにより症状を軽くすることができます。下痢により失われた水分や栄養分は点滴により補います。
    出典 :悪性リンパ腫 | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
  • 白血球減少 抗がん剤により白血球が減少してくると、からだに入ったばい菌を十分殺すことができなくなり、感染症が起きてきます。感染症が起きると発熱します。肺炎が起きれば咳や痰もでます。白血球が減少してくれば、抗がん剤の量を減らしたり、投薬を止めたりします。
    出典 :悪性リンパ腫 | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院