妊婦検診で尿糖+!これって妊娠糖尿病なの!?

尿糖検査の結果は(-)、(±)、(+)、(++)、(+++)に分けられます。妊婦検診に行って、+や++が出るとびっくりしてしまいますよね。尿糖の陽性反応と妊婦の関係についてまとめてみました。

view864

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠糖尿病とは?

  • 妊娠によって血糖値が高くなった状態のこと。最初は尿検査で尿中にブドウ糖が見つかることでわかります。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  • なぜ血糖値があがったり尿糖がでたりするの?

  • 妊娠中は、胎盤から出るホルモンが、ブドウ糖を分解するインスリンというホルモンの働きを妨害するので、血糖値が上がりやすい状態。そのうえ、体内を循環する血液量が増え、腎臓の働きも追いつかなくなってしまいがち。その結果、血液中の糖が尿中に出てきてしまうのです。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
     

    基本的に、血糖値があがるのはインスリン(すい臓)の異常で、尿糖がでるのは腎臓の異常だということですね。

  • 赤ちゃんにとって大事なブドウ糖

     

    ブドウ糖は炭水化物から作られます。赤ちゃんがおなかの中で十分に栄養を受け取り成長するために、ママの体はある程度血糖値が高い状態になっているのですね。

  • 尿糖だけ+では妊娠糖尿病ではない

  • 妊娠糖尿病は、尿糖の値が高いだけではまだ確定されませんよ。

  • 尿糖に+が出るのは、生理的なものがほとんどで、1度+が出たくらいでは医師も何も言わないと思います。尿糖が++とか、+++が続くとなると、妊娠糖尿病が疑われ、ブドウ糖負荷試験という検査をすることになります。この検査で血糖値が基準を上回っていた場合、妊娠糖尿病と診断されることになります。
    出典 :妊娠糖尿病は尿糖の値で確定できないの?
  • 妊娠糖尿病になりやすいタイプは?

     

    ・妊娠前から太り気味だった
    ・妊娠してから体重が急激に増加した
    ・両親のどちらかが糖尿病である
    ・25歳以上の妊婦
    ・以前4キロ以上の赤ちゃんを産んだことがある

    上記のどれかにあてはまる人は、要注意ですね。

  • 妊娠糖尿病を予防しよう

  • 規則正しい生活と体重管理、栄養バランスの取れたヘルシーな食事と適度な運動で予防する事が出来ます。妊娠中は無理のないよう、お散歩やマタニティーヨガ、水中ウォーキングなどを取り入れ運動不足を防ぎましょう。
    出典 :妊娠糖尿病について-赤ちゃんの部屋
  • 必要なカロリーはきちんと摂取しよう

  • 血糖は高いと言っても、必要なカロリーと必要な糖質(ごはん、パン、パスタ、うどん・・)は摂取しないといけません。お腹の赤ちゃんが飢餓状態になっては困ります。
    出典 :妊娠糖尿病に対する誤解と食事療法 - ファイル - アピタル(医療・健康)
  • 母体が飢餓状態になってケトン体という物質が出ると、赤ちゃんのIQが少し下がるというデータまであり、必要なカロリーを摂取するのが大切ということがお分かりいただけると思います。
    出典 :妊娠糖尿病に対する誤解と食事療法 - ファイル - アピタル(医療・健康)
  • 目標摂取カロリーは?

  • 妊娠糖尿病の場合、1日の摂取カロリーはだいたい1600kcal~1800kcalに収めると良いようです。
    出典 :妊娠糖尿病の時に摂取してもよいカロリーはどれくらい?
  • 朝昼晩に分けて必要な糖質を摂取すると血糖が上がりすぎる場合は、糖質だけ半分取っといて、2時間後に残りを食べるという6分割食もコントロールに有効です。
    出典 :妊娠糖尿病に対する誤解と食事療法 - ファイル - アピタル(医療・健康)
     

    血糖値の上昇・下降を穏やかにしましょうね。