妊娠中の血糖値について

妊娠期間中の血糖管理はとても重要なのです。中には妊娠糖尿病を発症してしまう場合もあるからです。妊娠期間中の血糖への知識をまとめました。

  • rinko 更新日:2014/03/08

view225

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠期間中の血糖値について

  •  

    指摘された場合にはまずは生活を見直して食事療法を頑張りましょう。

  • 妊娠中の血糖値が高いと、赤ちゃん(胎児)が大きくなりすぎたり、新生児期にいろいろな合併症(低血糖、高ビリルビン血症、多血症、低カルシウム血症、呼吸障害)が起きやすくなります。また、お母さん自身にもいろいろな産科的合併症(早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症)が起きやすくなります。赤ちゃんやお母さん自身の合併症を防ぐためには、妊娠中の血糖コントロールをよい状態にすることが必要です
    出典 :日本糖尿病・妊娠学会-糖尿病と妊娠に関するQ&A-Q04
     

    このように常に血糖値を正常に保っておく必要性があるのです。

  • 特に妊娠期間中の血糖値管理には注意が必要です。
    卵巣や胎盤から血糖値をあげるインスリン拮抗ホルモンが
    分泌されるからです。

  •  

    正常な血糖値になりますように!

  • 妊娠中に高血糖を起こしたり、検査結果で血糖値が高いと診断された場合、”妊婦糖尿病”といい早産や妊娠高血圧症候群、尿路感染症や羊水過多症のリスクがあります。
    出典 :血糖値と妊娠中 | 血糖値を下げる Q&A
     

    ハイリスクな妊娠期間中にならないように注意が必要です。

  • 健診で血糖値を指摘された場合

  •  

    一人で抱え込まずパートナーにも手伝ってもらって食事療法や
    薬物療法に努めてください。

  • ご自身が糖尿病であることに気づいていないことも多く、妊娠して初めて血糖値を調べて糖尿病と診断される場合もあります。患者さんの十分な血糖コントロールができれば、リスクを少なく出産することが可能になっています。
    出典 :糖尿病と妊娠 | 糖尿病について | ニプロ血糖自己測定器シリーズ
     

    これまで知らずに過ごしてきた人の中にはこうして妊娠期間中に糖尿病の存在を知ることになる場合も
    あるのです。

  • 妊娠性糖尿病は、妊娠によって血糖値が高くなった状態のこと。最初は尿検査で尿中にブドウ糖が見つかることでわかります。その値が高かったり、2~3回続けて健診時に糖が出た場合は「ブドウ糖負荷試験」を行います。これは口からブドウ糖を飲み、2時間後の血液中のブドウ糖の値を測るもの。さらに食後の血糖値を測る「随時血糖値」を測ることも。血糖値の高い状態が続くと巨大児が生まれたり、産後、ママが本物の糖尿病になるおそれがあるのです。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
     

    あまり安易に考えずキチンと医師の指示を守り生活を改善させましょう。

  • 妊娠性糖尿病について

  • 妊娠糖尿病治療は、まず食事療法から始めますが、しかし血糖値が非常に高い時にはインスリン療法が必要となる場合もあります。決められた1日の摂取カロリーを6~7回に分けて食べるようにして下さい。 それにより、食後の血糖値を急上昇するのが抑えれて胎児に過剰なブドウ糖が送られない為、合併症を防ぐことができます。
    出典 :妊娠糖尿病の原因とその治療方法 :糖尿病◆原因・診断・症状・治療法
     

    食事療法が必要になります。慎重にママと赤ちゃんの身体を守りたいです!

  •  

    まめな検査が必要です。

  • 空腹時血糖値 92~125mg/dl
    1時間値 180mg/dl 以上
    2時間値 153mg/dl 以上
    出典 :妊婦100人中12人が該当? 妊娠糖尿病の不安 [糖尿病] All About
     

    妊娠期間中の血糖値測定はかなり大事なことなのです。