睡眠障害のひとつでもある子供の夜尿症って一体どんな病気なの???夜尿症まとめ!!!

睡眠障害のひとつでもある夜尿症って一体どんな病気なの???
気になる子供の夜尿症についての情報をまとめてみました!!!

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夜尿症ってどんな病気なの???

  • 夜尿症とは

    いわゆる“おねしょ”が幼児期を過ぎても引続きみられることを言います。
    出典 :夜尿症とは
  • おねしょとの違いは

     

    幼児期の夜尿をおねしょといい、6~7歳(小学校入学後)以後の夜尿を夜尿症というのが一般的です。

  • 「おねしょ」と「夜尿症」は、夜寝ている間に無意識に排尿してしまうということでは同じですが、その違いのポイントは年齢です。
    6~7歳になっても夜尿がつづく場合は、積極的な生活指導や、お薬による治療など、適切な対策をとったほうがよい場合が多いということで、病気を意味する「症」という言葉をつけて「夜尿症」といっています。
    出典 :おねしょと夜尿症はどう違うの? | 夜尿症ってなあに? | 夜尿症(おねしょ)ナビ
  • 夜尿症には3つのタイプがあります!!!

  • 多尿型

     

    多尿型は、
    文字通り尿が多いため漏らしてしまいます。

  • 夜寝ている間は、抗利尿ホルモンの分泌により尿は濃縮されて量を抑えられています。

    その抗利尿ホルモンの分泌がうまくいかないため、尿量が調節できずおねしょをしてしまうのです。

    多尿型は、濃縮されないうすいオシッコをするのが特徴です。
    出典 :☆夜尿症の原因によって治療も異なります | ママノート(モバイル)
  • 膀胱未熟型

     

    膀胱の容量が少ないためオシッコを貯めておくことができず、漏らしてしまいます。

  • 膀胱の大きさ、機能の発達が充分でないために、起きているときはがまんできても、睡眠時に、尿が膀胱からあふれ出てしまうタイプ(膀胱機能未熟型)。
    出典 :��A�ǁ`���˂���`
  • 複合型

    複合型は、
    多尿型と膀胱未熟型の特徴を合わせ持つタイプです。
    出典 :☆夜尿症の原因によって治療も異なります | ママノート(モバイル)
  • 夜尿症の原因とは???

  • ●夜間の尿量が多い(抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)
    夕方以降の水分摂取量が多いと、夜間の尿量が多くなります。しかし、夕方以降の水分摂取量が適当でも、夜間の尿量が多い子どもがいます。
    出典 :おねしょ、夜尿症の原因は? | 夜尿症ってなあに? | 夜尿症(おねしょ)ナビ
  • 夜間の膀胱容量が未熟(不安定膀胱)
    夜間の膀胱機能は子どもの成長とともに発達していき、夜間は昼間の1回の尿量の1.5~2.0倍はためられるようになり、4~5歳になると夜間トイレに一度も行かなくてもよい位のおしっこをためられるようになります。しかし、夜尿症の子どもの中には、膀胱の機能が未発達で、膀胱のためが小さいことがあります。また、寝る前に排尿しても全部出せずに残尿が残る場合もあります。
    出典 :おねしょ、夜尿症の原因は? | 夜尿症ってなあに? | 夜尿症(おねしょ)ナビ
  • 睡眠の影響
    尿意を感じると、夜間に目覚めてトイレで排尿する子どもがいますが、目覚めない子どももいます。子どもが尿意を感じて覚醒できないのは子どもの睡眠が深いためであり正常です。夜間尿量の減少、夜間膀胱容量の増加は睡眠の質に影響されているのではとの考えもありますが、まだ充分に解明されていません。
    出典 :おねしょ、夜尿症の原因は? | 夜尿症ってなあに? | 夜尿症(おねしょ)ナビ
  • 心理的ストレス
    6ヶ月から1年以上の間なくなっていた夜尿が、突然始まる場合は、ストレスが原因となることがあります。下垂体のすぐ上に視床下部というところがあります。視床下部は情緒や感情をコントロールしているところでもあり、自律神経と深くかかわっているため、強いストレスがかかると、自律神経の働きが不調となり、これが夜尿の原因につながることがあります。
    出典 :おねしょ、夜尿症の原因は? | 夜尿症ってなあに? | 夜尿症(おねしょ)ナビ
  • 夜尿症は治るの???

  • 時間はかかりますが治ります!!!

     

    最終的には夜尿症の多くはそのうち治るのですが、治るまでには、皆様が思っているよりも、長い時間を要するといえます。

  • 1) 多尿型は、
    夕方から就寝までの水分摂取量を制限していきます。甘いものや味の濃いものを食べると喉が渇いて水分を摂りたくなるため、食事を薄味にするようにも指導します。

    2) 膀胱未熟型は、
    尿意を感じてもすぐに排尿させず、我慢させて膀胱容量を拡大させる『排尿抑制訓練』を行います。
    また、冷えると膀胱の容量が少なくなりますので、冷えの症状がある場合は、夜ゆっくりお風呂に入る、布団を暖める、腹巻をするなど、体を温める工夫も必要になります」
    出典 :☆夜尿症の原因によって治療も異なります | ママノート(モバイル)
     

    気になる人は医師に相談してみるのもおすすめです!!!