トウモロコシから作られるコーン油の効果がすごい

コーン油に含まれている効果がとっても体に良いのでご紹介したいと思います

view251

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コーン油ってどんなもの?

  • コーン油はその名の通りとうもろこしから作られます。通常油は種子を搾って作られますが、とうもろこしの粒には油分が少なく、油の原料にはなりません。
    出典 :コーン油:e食用油ガイド
  • とうもろこしの粒にはデンプンが豊富に含まれているのでコンスターチの原料として使われますが、その時に油を多く含んでいる胚芽の部分を取り出しコーン油の原料にします。このような油は胚芽油と呼ばれ、コーンのほか米や小麦の胚芽からも作られます。
    出典 :コーン油:e食用油ガイド
  • 魅力はどこにある?

  • コーン油の魅力は、食用油として使っても、コーン独特の香りがあり、健康への効果も高い事だと言われています。
    出典 :コーン油がわかる!その魅力とは / 食べ物の大辞典!
  • コーン油は

     

    とうもろこし独特のさっぱり感があり
    揚げに使っても臭くならないという
    素晴らしいものなのです
    是非使いたいものですね

  • 効果が良い

  • オレイン酸効果

  • 善玉コレステロール量を維持したまま、悪玉コレステロールを減少させる。
    出典 :コーン油 - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism
     

    これは健康にとても良いですね

  • リノール酸効果

  • 体内では合成できないため、食物から摂取しなければならない必須脂肪酸の一つ。血液中のコレステロール値を下げる働きがある。コーン油は不飽和脂肪酸が豊富であり、コレステロールを下げる効果や便秘解消効果があり、脂肪として蓄積されにくい特徴がある。
    出典 :コーン油 - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism
  • トウモロコシ自体の効果

  • 胚芽の部分には、良質の植物性脂肪があり、不飽和脂肪酸を含んでいます。これには、血管のコレステロールの清浄作用があるので常食すれば、動脈硬化の予防が期待できます。
    出典 :とうもろこしの栄養、効能効果-健康に良い免疫力を高める食べ物
     

    動脈硬化の予防に効果があるとは、とうもろこしも捨て置けませんね

  • 知られているのが、体のむくみをとる作用です。急性腎炎や妊娠中のむくみには、とうもろこしのひげを乾燥させたもの60gを煎じて、1日3回に分けて飲みます。強い利尿作用があるので、尿が多く出てむくみを解消してくれます。
    出典 :とうもろこしの栄養、効能効果-健康に良い免疫力を高める食べ物
     

    むくみを解消してくれるのは女性ならありがたいですよね

  • 咳止め

     

    とうもろこしのひげ30gと
    ミカンの皮10gを煎じて
    1日2回分けて飲むと
    咳止めやたんを切るのに効果が!
    とっても効果があるので、ぜひ
    試して見て頂きたいです!