三つ子の魂百まで!!!3歳までの育児で是非やっておきたいことまとめ☆☆

三つ子の魂百までと言うけれど一体3歳までにどんな育児を行えばよいの???
気になる3歳までの育児で是非やっておきたい事についてまとめてみました!!!

view292

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「三つ子の魂百まで」って本当なの???

  • 「三つ子の魂百まで」って言うけど本当なの???

     

    3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根底は変わらない、という意味です。

  • 脳の神経細胞の発達は、生後3歳くらいまでの期間に、急速に発達するのです。

    3歳くらいで、脳内神経細胞のおよそ80パーセントが完成されると言われています。

    急激な成長をする脳内では、脳神経に強く受けた刺激の配線を残しています。

    これが「性格形成の原点」と言われます。
    出典 :3つ子の魂が百まで続くのは、本当だった。 | 幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳) | HappyLifeStyle
  • しつけや教育、そして人間に必要な心の情操教育の影響が生まれてから、3年間でほぼ固定されるという考え方です。
    好き・嫌いや、暑さや寒さへの耐性もこの頃にほぼ決定されるとまで考えられています。ようは、両親が子供を3歳までにしっかりと育て上げないと、子供の将来にも影響されますよという事なのですね。
    出典 :「三つ子の魂百まで」はやっぱり正しかった!3歳児神話のヒミツ | 美容ブログ [女性の美学]
  • 3歳までの子育てで覚えておきたいポイントとは???

  • 子どもが自由にできる空間を作る

     

    これは子供の好奇心を養ううえでとても大切なことです!!!

  • 何と言っても子どもが自由に動き回れる空間があるということが大事です。
    この年齢の子どもは、目に見える範囲のものすべてに興味をもって、「これ何だろう?」とさわったりいじったりする“探索活動”を行います。それを通じてさまざまなことを学んでいくのです。
    ですから、子どもに危険がないよう配慮しながら、可能な限り、子どもにものなどを自由にいじらせる空間を作ってみてください。それが子どもの積極性・意欲を育てていきます。
    出典 :これで「内気な子」にならない!子育てで本当に大切なポイント7つ - It Mama
  • いたずらや危険な行動を頭ごなしに否定しない

     

    子供あいたずらをしてるのではなく好奇心を持ってるだけです!!!

  • 「それをしちゃダメでしょ!」「危ないからやめて!」などと頭ごなしに言わない、ということです。
    いたずらは元気で活発な証拠」と解釈して、できるだけ温かく見守ってあげてください。本当に危ない行為、どうしてもダメなことに関しては厳しく言ってもかまいません。けれども、他のことは「ダメなことらしい」ということがわかる程度に、できるだけ温かく諭してあげてください。
    出典 :これで「内気な子」にならない!子育てで本当に大切なポイント7つ - It Mama
  • 様々なものを見せ、一緒に驚き、感動する。

     

    大人も一緒になって感動することが大切です!!!

  • 赤ちゃんは生後3~4ヶ月くらいから目がしっかりと見えるようになってくると言われています。そしてそれから彼らが目にするものは全てが新しい発見なのです。大人にとって見れば見慣れたものでも赤ちゃんにとっては初めて見るのです。そのときに私達は「あ、見て見て!○○だよ」とか「わー、綺麗だね~」など一緒に驚き、感動するようにしていました。親が無関心だと子どもも無関心になってしまいます。
    出典 :Nobu's blog デジタル子育て日記 : 3歳までの子育ては好奇心を刺激させるのがよい
  • 世界と具体的に出会わせる

    この時期には、世界と具体的に出会わせてください。できればお決まりの散歩コースを作り、そこを一緒に歩くことです。
    出典 :これで「内気な子」にならない!子育てで本当に大切なポイント7つ - It Mama
     

    色々な世界を見せることもとても大切です!!!

  • 子どもは自分で自分を発達させる。“見守る育児”を大事に!

     

    やってあげるばかりでは駄目です!!!
    見守る育児を行うようにしましょう!!!

  • 大人のやるべきことは、“子どもの自発的挑戦”=“発達”を邪魔しないことです。
    邪魔をしない育児。それは別の言い方をすると、子どもに活動しやすい環境を用意し、できるだけ温かく見守るという育児です。子ども自身で少しずつ発達していくことをていねいに保障する育児をしましょう。そうすれば、仮に子どもが小さなケガをしても、大きなケガをすることはなくなります。
    出典 :これで「内気な子」にならない!子育てで本当に大切なポイント7つ - It Mama
  • 兄弟が生まれる場合、上の子どもとより濃密な時間を持つ

     

    子供の気持ちを大切にしてあげましょう!!!

  • 弟や妹が生まれたとき、場合によっては上の子が赤ちゃん返りしたり、赤ちゃんに対して攻撃的になったりします。
    これは「お母さんの愛情を奪われてしまうのではないか」という子どもなりの危機感からくるものです。ですから、お母さんは上の子どもに時間を決めてより濃密に接してあげて、「大丈夫だよ。安心してね」と、納得させてあげてください。子どもはお母さんの愛情をいつでも感じていたいものなのです。
    出典 :これで「内気な子」にならない!子育てで本当に大切なポイント7つ - It Mama