痛いっ!背骨の痛みの原因はなんでしょうか?

背骨の痛みの原因はいろいろあります。十分に知っておきましょう。

view127

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 背骨の痛みの原因

  • 背中の痛みの原因の一つとして考えられるのが、背中の筋肉の疲労による「こり」や「筋肉痛」です。
    出典 :『背中の痛み』〜原因一覧
  • 背中の痛みは、骨のズレや歪み(ゆがみ)によっても引き起こされます。背骨や首の骨の変形が原因となり周囲の神経や血管が圧迫されることで痛みを感じます。肋骨や背骨(脊椎)を骨折したり、ヒビが入ることで背中が痛むこともあります。
    出典 :『背中の痛み』〜原因一覧
  • 背中の筋肉は様々な要因によって緊張したり、負荷がかかることで疲労します。その疲労が蓄積すると背中のコリや痛みとなって現れてきます。背中の筋肉を疲労させる要因には、「背筋を使った運動」、「姿勢の悪さ」、「肩こりや腰痛に伴う負担増や姿勢の崩れ」、「長時間同じ姿勢でいることによる緊張」などがあります。
    出典 :『背中の痛み』〜原因一覧
  • 背中が痛いことはありますか?背中の痛みには様々な原因が考えられます。背中の痛みを放置することはないようにいたしましょう。
    すべては人をって見ていきたいと思います。原因はいくつかありますので、一つずつご紹介させていただきますね。まず最初に筋肉の疲れということが挙げられます。背中の筋肉や疲労によってコリや筋肉痛が起こってしまうのです。背中がいろいろ緊張してしまったり、背中に大きな負担がかかったりすることで疲れてしまいます。それがずっと続いてしまうと体が悲鳴を上げてしまうわけです。長いこと同じ姿勢でいるということによる痛みも出てきますね。また、背中の痛みや症状も様々といったことからなかなかこれといった原因と特定するのはむつかしいかもしれません。すぐに治ってしまう痛みだったりなんにもなんにもついてしまうような慢性的なものまであるそうですよ。本当にいろいろな原因が考えられますね。

  • 次に考えられるものとして骨の異常が見られます。骨盤のゆがみや背骨の歪みが痛みとなって現れてしまうのです。歪んだ骨が血管や神経を圧迫してしまいます。ほおっておくと恐ろしいことに骨にひびが入るかもしれません。背中以外の場所で大きな衝撃を受けると背中に響くことあります。そのこともしっかりと覚えておいて、十分に注意しましょう。痛くなったらすぐに病院に行ってくださいね。骨がゆがんでしまってからでは手遅れですので早め早めに病院に行くよう、いつも心がけていましょう。違和感感じたらすぐに病院に行ってくださいね。もしかして、すぐ治るものかもしれません。そういったものをほっといてもいいでしょう。しかし断続的に続くようであれば病気の可能性も考えられます。病気だけでなく、年齢によっても脊髄が変化し病気を引き起こすことがあるので注意してください。変性脊椎症という病気をご存知ですか。これは年齢によって引き起こされてしまう病気です。首の骨が変形し、神経を圧迫してしまうそうです。軽い痺れが見られますのでしびれがあったときは我慢せずにすかさず病院に行くよう心がけてくださいね

  • 骨折、背骨のズレ・歪みの詳細

  • 背中の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに「背骨や肋骨の骨折」「背骨のズレや歪み」「骨盤、腰回りの骨のゆがみ」があります。
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『骨折、背骨のズレ・歪み』
  • 背中の痛みの他に、以下のような症状が見られる場合は背骨や肋骨を骨折している可能性があります。
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『骨折、背骨のズレ・歪み』
  • 脊椎脊髄疾患

  • 手足のシビレは脊髄の病気や坐骨神経痛で発生します。脊髄や末梢神経が傷ついておきる現象です。肩こりや頚肩腕症候群、肘の腱鞘炎、下肢の筋肉痛などでも一時的にシビレを感じることがありますが、それらは様子を見てもよいでしょう。
    出典 :主な症状 | 脊椎脊髄疾患 | 一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会
  • また、他にも脊柱管狭窄症などはよく聞く病気ですよね。これも年齢とともに出てきます。腰が痛くなったり軽い痺れが起こるというようなものですので、これもすぐに病院に行きましょう。手術が必要になることもあります。また、病院を選ぶときはインターネットなどのクチコミを良く見てから行きましょう。あまり評判が良くないとお医者さんに行くと大変な誤診をされてしまいますね。ですのでしっかりと口コミを見て自分自身納得してから病院に出かけましょう。病院に着いたら先生に状況をきちんと説明できるように把握もしておきましょう。うまく言えなければ紙などにまとめて書いておくといいかもしれませんね。

  • 何日にどのような症状があったかそして自分はどうしたのかなどもまとめておくと、先生にも伝わりやすいかもしれませんね。うまく自分がどのような状況にあるのか説明することが必須になってきますので忘れないようにメモにとっておいたり、覚えておく等しておきましょう。背骨や脊柱の歪みズレは様々な病気を引き起こしますので、自己判断せずにきちんと先生に診てもらうようにしてくださいね。また、骨折打撲などが原因で痛んでいることはあります。知らないうちに肋骨にヒビが入ったりすることがあるのです。安全だと思っているお家の中での事故もとても多いので十分に気をつけてください。置いてあるものにつまずいたりして転んでしまうこともありますので、お部屋を常に片付けておくようにしましょう。ずっと健康でいるためには、些細な変化にも気を配ってあげましょう。