こころが身体に与える影響

こころに異変があると身体に影響があると言われていますけどどういうメカニズムなんでしょうか?

view189

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 気持ちがうつうつするときに、人はうつむきます。

    逆に、うつむいた姿勢でいると、うつうつして気持ちが落ち込んできます。

    このように心と体の状態はお互いに影響を与えています。
    出典 :体は心に影響する - 健康院
     

    これも心と身体が関係しているという例ですね。

  •  

    こういうところからも関係があることがわかります。

  • 英語では、"mind-body interaction" などと言います。
    専門的な言葉では「心身相関」です。
    出典 :心と身体の関係−心身相関−
     

    専門用語もあるのですね。

  • シンドラーは「身体的変化を起こさない感情はありません」と述べているほど、心と身体は密接な関係にあります。
    出典 :心と身体の関係−心身相関−
     

    感情は必ず身体に影響をあたえるということですね。

  •  

    こころに何かあったら絶対に身体にも影響があると言い切れるみたいです。

  • 体調が悪いと「気分が暗くなり、思考がネガティブになる」ということがあります。
    出典 :体は心に影響する - 健康院
     

    身体がこころに影響を与えるということもありえます。

  •  

    これは経験ある方が多いと思います。

  • ストレスがたまりすぎると、身体の調子が崩れる事があります。「身体が不調になる」「なんとなくダルい」「やる気がでない」。こういった経験は誰もが1度はあるのではないでしょうか?時に体と心は、大きな関連性を持ちます。
    出典 :体が整うと、心も整う
     

    こころにストレスがたまると身体の調子は悪くなるような感じがしますね。

  • 心の疲労は身体に影響し、逆に体の疲労は心に影響します。健康に生きるためには、心と体のバランスがとれている事が重要です。
    出典 :体が整うと、心も整う
     

    相関関係にあると覚えておきましょう。

  • 東洋医学では、怒、喜、思、悲、恐の五つの感情の変化は、五臓(肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓)の機能活動に影響を与えると考えられています。
    出典 :体は心に影響する - 健康院
     

    そういう考え方があるのですね。

  •  

    昔からこう考えられてきたのだったら、東洋医学ってすごいですね。

  • これらの感情の激しい変化は、怒は肝臓を傷つけ、喜歯を心臓を傷つけ、思は脾臓を傷つけ、非は肺を傷つけ、怒は腎臓を傷つける、というように五臓を傷つけて病変を発生させると言われています。
    出典 :体は心に影響する - 健康院
     

    それぞれ対応していると考えられているのですね。

  • いかに顔で笑って心で泣く状態が、自分を傷つけるか。病の半分はこれが原因ではないかと思う。顔で笑ったなら、心も笑っちゃう訓練が、必要なのではないでしょうか。
    出典 :心が与える体への影響 - 理密心論 - Yahoo!ブログ
     

    こころで泣くことが多くなると身体も病気に蝕まれるってことがありますもんね。

  • 体から心のバランスをとる簡単な方法があります。それは体を動かす事です。スポーツなどで身体を動かすと気持ちがすっきりした経験はありませんか?身体を動かす刺激は心理的なリラックス効果があるのです。
    出典 :体が整うと、心も整う
     

    運動すると爽快感に溢れてすっきりしますね。

  •  

    身体を動かすと良いことが多いですよ。