深部静脈血栓症治療のまとめ!足が疲れる!足の傷が治りにくい!足が冷たい方は要注意

深部静脈血栓症治療の方法をまとめました。足が疲れやすい、足の傷が治りにくい、足が冷たいなどの症状がある方は既に病気が進んでいる可能性があります。これらの症状がある方は治療方法を参考の上、必要なら病院で受診しましょう。

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 深部静脈血栓症治療

  • 深部静脈血栓症治療は早めに行うのがコツです。心停止など重症化してからだと治療が難しい場合もあるため、できるだけ症状が出ている初期の段階で治療を行うようにしましょう。

  • 足が疲れやすい

  • 足が疲れやすい方は注意しましょう

     

    直ぐに足が疲れると感じる人は、既に静脈の血流が悪くなっている可能性があります。長時間の立ち仕事、デスクワークなどで起こりやすく、これらの環境がある仕事の方は注意しましょう。足が冷える、夕方になるとブーツが履けなくなる程むくみが出るのも、静脈の流れが悪い証拠です。

  • 女性は元々下半身の筋肉が少なく、筋肉のポンプで静脈を心臓に送り返す力が弱くなっています。普段から運動不足の方、歩く機会が少ない方、筋肉量が少ない方などは注意しなければなりません。下半身のむくみが見られる方は、筋トレを行い少しずつ筋力量を増やすのも有効です。

  • 肺血栓塞栓症

     

    静脈の流れが悪くなると、血管内に塊ができて詰まります。肺や心臓の付近で詰まると重症となることもあります。呼吸が苦しい、ショック状態により心臓が止まるなど症状が悪化する場合もあります。
    下半身で血栓ができて足で詰まっている状態なら足の症状のみで済みますが、その血栓が剥がれて血流と一緒に心臓や肺のほうに流れると問題が生じます。下半身で詰まっていることに気が付かず、あるときに血栓が流れて急激な症状を起こすこともあります。

  • 深部静脈血栓症治療

  • 血流を良くする治療が必要

     

    血液をさらさらにして固まりにくくする薬を投与したり、足に圧力をかけて血流を促します。血液が固まりにくいと出血の際に血が止まらないなどリスクはありますが、血管が詰まるほうが重大なため最優先されます。
    血液が固まりにくい薬を持続的に点滴したり、内服による治療が行われます。内服薬は直ぐに効果を発揮ししないため、入院して治療する必要があります。

  • 弾性ストッキングも有効

     

    下半身に血液が溜まるのを防ぐ、弾性ストッキングも有効です。血栓は手術後などにもできやすいため、予防のために予め履いておく場合もあります。既に血栓が見られる場合では薬物療法と合わせて利用されます。医療用は一般のものと比べると少々値段が高めですが、治療のためには必要ですし、保険が適用されば負担する費用は少なくて済みます。

  • 下大静脈フィルター

     

    肺の静脈で血栓が詰まる可能性がある場合では、下大静脈フィルターを挿入し血栓のつまりを予防します。一度重症化すると治療が困難なことも多いため、その前に予防がとても重要となります。いち早く症状に気が付き、肺の付近で詰まらないよう対処を行うとよいでしょう。

  • 慢性期の治療方法

  • 圧迫療法

     

    急性期の治療が上手くいき血栓がなくなったとしても、慢性的にむくみが発生しやすいため持続的な治療が行われます。下半身を圧迫する治療が有効で、薬物療法も利用されます。一度壊れた静脈や弁は元に戻すことはできないため、血栓ができないよう日常的に予防を行うようにしましょう。
    下半身がむくみやすいと感じる方、足の疲れが見られる方、デスクワークの方などはこの病気になりやすいと自覚し、普段から血流をよくする工夫をすることをおすすめします。

  • 足がむくみやすい方は、リンパマッサージやふくらはぎ揉みなどを利用しましょう。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれており、手でマッサージするだけでも血流は良くなります。

  • ふくらはぎ揉みの書籍

     

    最近はふくらはぎを揉む健康法をすすめている書籍も多く登場しています。揉み方やふくらはぎを刺激するとなぜ健康に良いのか書かれているため、参考にするのもおすすめです。

  • あぁ、早くあたしのふくらはぎを「これでもか!これでもか!」と揉みしだいてくれるマッサージ機あてたいwふくらはぎパンパン(⌇ຶД⌇ຶ)