アフターピルで失敗するケース

アフターピルで失敗してしまうケースはどのような場合でしょうか。
事例などについてまとめました。

view2032

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アフターピルを服用しても失敗することはあるの?

  • 避妊に失敗してしまったときのアフターピルの効果は、実に97%はあるといわれています。
    そのため、服用時間などを間違えたり、遅れたりしなければ
    アフターピルでの避妊はだいたいが成功するようです。

  • まれに、アフターピルを服用後妊娠してしまったという方がいらっしゃいます。
    その場合は、服用する時間が遅かったか、アフターピル服用後に再度性交渉があった人である
    パターンが多いです。

  • アフターピル服用後に再度性交渉があって妊娠してしまった場合、
    避妊をしていたとしても、その後の性交渉で妊娠してしまった可能性もあります。

    アフターピルの効果を確認したいのであれば、服用後の性交渉は控えるべきですね。

  • そのほか、アフターピルを服用したのに妊娠してしまったという方は、服用時間を守れなかった可能性があります。
    72時間=3日間。性交渉後3日以内に服用しなかった方、またプラバノールの場合はさらに12時間後の追加服用を守らないと、効果が出ません

  • 72時間以内の服用といわれていますが、アフターピルを服用しても妊娠してしまった例として、服用時間が遅かったという人が多いです。
    迅速な対応がとても重要になります。

  • アフターピルは正しい服用をしてこそ効果がある

  • アフターピルは服用すべき時間制限があります。
    必ずその時間内に服用することで効果が出る避妊薬です。

  • 服用可能時間はもちろん、アフターピルの種類によって定められている服用方法もしっかり守りましょう

  • 加えて覚えておきたいのが、「アフターピルは緊急避妊を100%保証するものではない」ということです。
    産婦人科でアフターピルを処方される際に説明がありますが、まれに妊娠してしまった事例はあります。

  • ちなみに、アフターピルを服用して妊娠してしまった場合でも、胎児への影響はないといわれています。
    アフターピル服用の有無を問わず、奇形児の可能性は同じですので、妊娠後胎児への影響については心配ありません。

  • アフターピルを服用しても胎児への影響は心配ないという裏付けとして、アフターピルを妊活に使用している例が挙げられます。
    生理不順を改善し、排卵をスムーズにするためにもアフターピルと同じ薬が処方されますので、
    それを考えれば、胎児への影響がないということもうなずけますね。