膝の腫れと熱の関係性とは!?膝の痛み、注意が必要かも!?

膝の腫れと熱の関係性は、意外と密接な物なのです!!歳をとると、誰もが膝に痛みを感じる物ですが、やっぱり歩けなくなってしまったりすると、大変不便ですよね・・・・。また、スポーツをやっている人にもひざの故障は、多い物です!!ひざの痛みなどの原因について探ってみましたので、必見ですよ!!!!

view24

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ▼膝の腫れと熱の原因は!?

  • 子供の運動会に参加して、久しぶりに運動した際や、会社の付き合いで行ったマラソンなどのスポーツイベントなどの次の日、なんだか膝が痛いなと感じたときは、ありませんか!?膝というものは、私たちが考えている以上にかなりの負荷がかかってしまっているのです!!特に普段、運動不足の方や肥満気味の方などは、さらに膝にかかる負担が大きくなり、痛みの原因にもなります・・・・。また、スポーツの中でもサッカーやラグビーは、相手との接触も多く、よく選手が膝をケガをしたというニュースを見ますよね。バレーボールやバスケなどの室内競技でも、膝をひねったり、曲げたり、瞬間的に動いたりと、様々な激しい動きをするために、相当な負荷がかかり、ケガをしてしまうものなのです・・・。

  • スポーツに故障は、つきもの・・・・。

     

    特に膝をケガしてしまうと、選手生命にも影響が出てしまいます。こういったスポーツでのケガを予防するために、ケアも必要となってきます!!スポーツ後の20分程度は、患部をアイシングで冷やしてあげて、ケアしてあげること、ストレッチをしっかり行う事、お風呂などでしっかりマッサージをしてあげることが重要です!!

  • ▼加齢での膝の痛みは、どうすればいい!?

  • 加齢による膝の痛みも多くの高齢者を悩ませる・・・。

  • 骨、軟骨、筋肉などの体の組織は、30歳を過ぎた頃から徐々に衰え始めます。例えば軟骨は長年使われることでタイヤがすり減るように、骨同士の摩擦などですり減っていきます。
    出典 :「膝の痛み」原因一覧〜スポーツ障害、外傷、老化、病気など
     

    若いときには、絶対に分からないのが、歳をとったときの膝の痛みです!!30歳過ぎから、骨などの体の組織が徐々に劣化して行くなんて考えたくないですよね・・・。確かに膝は、毎日使う物ですし、その分、劣化が早くて、歳をとるごとに悪影響が出てきてしまうものなんでしょうね。さらに驚きですが、膝は、体重の10倍近くの負荷がかかってしまう場所とも言われていて、とにかく大事にしてあげないといけない箇所になります!!

  • 「運動不足による肥満・膝の筋力や柔軟性不足」、「立ち仕事や重い荷物を持つ行為」、「O脚(がに股)」など、日常生活における膝への負担を増大させる要因が多い人ほど、膝の障害が発生しやすく発症年齢も早くなりがちです。
    出典 :「膝の痛み」原因一覧〜スポーツ障害、外傷、老化、病気など
     

    がに股など、ある程度生まれつきのものは、防げませんが、運動不足や重い荷物を持つ行為などは、自分の意識次第で改善出来ますよね!!普段、運動不足だと、やはり膝の筋力が弱り、加齢が進むに連れて、劣化が早まってしまうそうです・・・。会社で、普段エレベーター移動の人も階段を使ってみるように意識する、また駅まで自転車で行っているのを徒歩に変えてみるなお、身近なところから意識してみるといいかもしれません!!また、重い荷物を持ったりする事は、日常生活を行う上で、どうしても必要ですが、ある程度歳をとったら、若い人にお願いして、なるべく膝に余計な負荷をかけないことも必要となってきます!!また、膝は、筋力を鍛えるためにも、ある程度の負荷をかけることは必要なので、自分の体と相談しながら、無理のない程度にしてみて下さい。

  • ▼高齢者に多い!?変形性膝関節症とは?

  • 高齢者を悩ませる変形性膝関節症とは・・・。

     

    高齢者の中でも、膝の痛みで悩んでいる人が多い病気が変形性膝関節症です。どういう病気なのか!?解説していきます!!

  • 膝の痛みで治療を受けている人の大多数は、この病気が原因となっています。加齢とともに、膝の軟骨が少しずつ衰え、弾力を失っていきます。そこへ、激しい運動や体重増加などによって、強い負担がかかると、軟骨がすり減っていき、骨と骨が直接ぶつかりあうようになるので痛みが起こります。
    出典 :【第23回】気になるからだの危険信号 痛み − 膝痛 −|健康管理コラム|マッサージチェアのパイオニア フジ医療器(創業60年の美と健康の総合メーカー)
     

    まさに高齢者を悩ませる原因の多くは、この病気です・・・。膝の軟骨がすり減り、痛みが・・・。こうなったら、もう歩くのも困難になってしまいますね。しかし、膝の痛みとはうまく付き合っていかなければいけません。階段ではてすりを使って、ゆっくり降りる、お風呂や温湿布で患部を温めてあげる、膝の体操を行う等、しっかりケアをしてあげましょう!!