赤ちゃんのおむつかぶれをしって対策しよう

赤ちゃんのおむつかぶれはどうしてもあるものです
原因をしって対策をしよう

view144

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 誰でも通る道

  • おむつかぶれはうんちの回数が多いのと、市販のおしり拭きの拭きすぎの機械的刺激が多くの原因です。ほとんどの赤ちゃんが経験します。赤くなった時には市販のおしり拭きを控えて、お湯で洗い流すようにすると良くなってきます。あとはしっかり乾燥させて、肌にあったおむつかぶれ用のクリームをつけて治しましょう。
    出典 :おむつかぶれの原因と対処法 [新生児育児] All About
     

    そんな時に使えるのはベビーパウダーですね

  • 赤ちゃんのうんちは飲んだら出る

     

    新生児期は特にうんちの回数が多く、完全母乳だと消化がよいので、1日に飲んだ回数分の7~10回はウンチが出ます。おっぱいやミルクを飲みながらや、寝ていても、ちょっときばっても、うんちが出ます。

  • おむつかぶれの原因は?

  • 画像はクリックして拡大

     

    おむつかぶれの原因はひとつではなく、さまざまな要素がからみ合って起こります。いちばんの原因はおしっこやうんちの刺激ですが、おむつ内の環境も影響します。

  • こんなようすは、かぶれが起こり始めたサインです。
    ・おしりをふいたら痛がって泣く
    ・入浴時、おしりにお湯をかけたら激しく泣いた
    ・おむつをはずすと、かゆがっておしりに手をやる
    出典 :花王 メリーズ 赤ちゃんとママのための情報 おむつかぶれ おむつかぶれの基礎知識
  • おむつかぶれは

  • 医学的には「おむつ皮膚炎」といいます。おむつにふれる部分がアンモニアや酵素の刺激で炎症を起こしておしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れるなどの症状があります。炎症はかゆみや痛みをともない、悪化すると赤くただれたりします。母乳で育っている乳児は、おむつかぶれが比較的少ない傾向にあるようです。
    出典 :おむつかぶれ原因・症状・予防・治療-赤ちゃんの病気
  • おむつかぶれによく似た症状で、 「カンジダ性皮膚炎」や「あせも」や「アトピー性皮膚炎」があります。見分け方はおむつが直接当たっている部分にのみ炎症が起きるのが「おむつかぶれ」です。しかし、夏場の場合はおむつの中もあせもができやすくなるので、おむつかぶれかと思ったら実はあせもだったという場合もよくあります。
    出典 :おむつかぶれ原因・症状・予防・治療-赤ちゃんの病気
  • おむつ換えのコツ

  • 1.おしっこの時はおしり拭きで拭かないようにしましょう。オムツの乾いた部分で押さえ拭きで十分。
    2.うんちの回数が多く、市販のおしり拭きでかぶれる時は、赤ちゃんウォッシュレットで洗い流すか、コットンにぬるま湯を浸して洗い流します。
    出典 :おむつかぶれの原因と対処法 [新生児育児] All About
  • 3.洗い流したら乾いたコットンなどの布で押さえ拭きをして、よく乾かしましょう。乾かし方は小さめのうちわで風を送ってもいいですし、冬場はドライヤーの弱で暖かい風を送ります。またおしりを出して、日が入る明るい所でおしりを出しておくのもいいでしょう。これが一番早く治ります。
    出典 :おむつかぶれの原因と対処法 [新生児育児] All About
  • 注意すべきはこれ

  • 1.ゆるゆるの便が回数多く出ている時期
    2.下痢のとき
    3.外出時や夜間など、長時間おむつを替えられないとき
    出典 :花王 メリーズ 赤ちゃんとママのための情報 おむつかぶれ おむつかぶれの基礎知識
  • 最近は紙おむつの機能がとてもよくなり、おしっこの水分をすばやく吸収して固めてしまうので肌がさらりと保たれ、以前に比べて赤ちゃんがひどいおむつかぶれを起こす頻度は格段に低くなりました。しかし、うんちの固形物は紙おむつでも吸収できません。
    出典 :花王 メリーズ 赤ちゃんとママのための情報 おむつかぶれ おむつかぶれの基礎知識