野菜を摂るなら断然【生】よりも【温野菜】

生で野菜を摂るより効果的に摂る事が出来る
温野菜を試しませんか?近年は電子レンジで出来るそうですよ

view307

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 温野菜

  • 温野菜とは、蒸す・ゆでるなどの調理をした野菜のことである。生で食べるよりも、量を多くとれるとして、ダイエットに取り入れられている。ビタミンが壊されてしまうというデメリットもあるが、スープなど煮汁も摂取できる料理にすることで解消できる。
    出典 :温野菜 | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    量が取れるのが良い所ですよね

  • また、生野菜では十分に摂取できない食物繊維もしっかり摂取できる。 近年シリコンスチ―マーを利用し、電子レンジで加熱することで、手軽に温野菜が摂取できるとして注目されている。
    出典 :温野菜 | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    生活の知恵という所でしょうか

  • 生と温の違い

  • 生野菜は、ビタミンやミネラルを加熱によって壊す事なく摂ることができます。また、生きた酵素やニキビ・肌荒れを抑えてくれるポリフェノールなどのファイトケミカルが摂れるのも魅力ですね!ただ、ほとんどが水分なので量を食べる事ができなかったり、ビタミンA・D・E・Kといった油溶性ビタミンが吸収されにくいというデメリットがあります。
    出典 :生野菜vs温野菜!美肌のためにはどっちが良いの? - Peachy - ライブドアニュース
  • 温野菜は便利

     

    温野菜は、加熱することでカサが減り、お野菜を沢山食べる事ができます。また、油で調理すれば油溶性ビタミンの吸収率が良くなるというメリットがあります。しかし、加熱する事でビタミンが壊れたり、茹でることで、ビタミンB群・ビオチン・葉酸・ビタミンCなどの水溶性ビタミンやポリフェノールなどのファイトケミカルが逃げてしまいます。

  • 嬉しい効果

  • 温野菜は食物繊維をたくさん食べることができるだけでなく、生野菜のように体を冷やさないので新陳代謝を高めることができ、便秘解消につながります。便秘が長引いている人ほど、その原因は複雑になっている可能性が高いので、体調を整えて便秘を解消する上でも、バランスの良い食生活を心がけましょう。
    出典 :野菜類は生ではなく温野菜がおすすめ/便秘解消完全ガイド
  • また腸の働きは様々な影響を受けるので、食物繊維の有無に関わらず様々な食品を食べることも大切です。同じサラダでも温野菜サラダにすることで野菜のバラエティが増えて、体内のミネラルやビタミンバランスが整いやすくなり、結果的に腸の働きも高めてくれます。
    出典 :野菜類は生ではなく温野菜がおすすめ/便秘解消完全ガイド
     

    良い効果ばかりですね

  • 美肌作りに効果的な食べ方をしませんか?

  • 生野菜を沢山食べるには、スムージーにするのがおススメです。サラダで食べたい方は、いつもより一回り小さくお野菜を切るだけでもカサが減って沢山食べられます。また、油溶性ビタミンの吸収率を良くするために、ドレッシングにオイルを使ったり、スムージーにナッツミルクを使うなどして、良質の油分を足してあげましょう
    出典 :生野菜vs温野菜!美肌のためにはどっちが良いの? - Peachy - ライブドアニュース
     

    生野菜の場合はこれですね

  • 温野菜の場合は

  • 温野菜サラダで食べるのであれば、出来るだけ加熱時間を短く、そして茹でずに蒸すことで水溶性ビタミンの損失を最小限にしましょう。鍋に少量の水とオイルを加え、蓋をして5分程度蒸して食べるのがおススメ!スープやお味噌汁など煮汁ごと食べる調理法も水に溶けたビタミンも摂れるのでおススメです。
    出典 :生野菜vs温野菜!美肌のためにはどっちが良いの? - Peachy - ライブドアニュース
  • 期待できないコンビニ

     

    スーパーやコンビニで売っているカット野菜や温野菜は、殺菌されていて長時間洗浄されている事が多いので栄養素はあまり期待できません。野菜ジュースも、加工の際にビタミンや食物繊維が損失している事が多いです。

  • 市販のサラダやジュースを買うのであれば、セロリ1本、トマト1個でも良いので、ご自分で調理したものを食べたほうが美肌作りに役立ちますよ。生野菜・温野菜、それぞれのメリットを生かしつつバランス良く、沢山お野菜を食べて内側から輝く美肌を作りましょう!
    出典 :生野菜vs温野菜!美肌のためにはどっちが良いの? - Peachy - ライブドアニュース
     

    参考にしてみてくださいね