TBSいっぷくでもやってました。妊婦、赤ちゃんと蚊の関係について。

今年の夏の蚊はいつもの2倍以上だそうです。体温の高い妊婦さんや赤ちゃんは蚊にさされやすいそうです。そんな妊婦さんと赤ちゃんと蚊について調べてみました。

view529

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 蚊について

  • ハエ目カ科の昆虫の総称。体長5ミリメートル 内外。体と脚は細長く,口吻(こうふん)が長い。はねは二枚で細く透明。雌の成虫は人畜より吸血して痒(かゆ)みを与え,種によってマラリア・日本脳炎などの感染症を媒介する。幼虫はボウフラ,蛹(さなぎ)はオニボウフラと呼ばれ,池沼や水たまりで生活する。
    出典 :蚊 とは - コトバンク
  •  

    これだけでも、かゆくなってきたぁ。

  • 庭のバケツに少しでも水がたまってると、ボウフラがすぐわいて、蚊になってしまうそうです。

  • 妊婦と蚊

  • 研究によると、妊婦は妊娠していない人より2倍も蚊にとって魅力的とのこと。なぜなら、妊娠後期の女性は、通常より21%も息を吐き出します。そして蚊が好きな二酸化炭素と湿気で引きつけるのです。また妊婦は若干、体温が高めなので、蚊がより妊婦の存在により気づきやすくなるのもあります。
    出典 :夏の「蚊」に注意!思わず蚊を引きつける7つの理由 | ロケットニュース24
  •  

    妊婦さんて体温が高いんですよね。

  • 夏場の妊婦さんを見かけると、「暑くて大変だろうな。」とついつい思ってしまいます。蚊は体温が高いのを好むんですね。

  • 赤ちゃんと蚊

  • 赤ちゃんは新陳代謝が活発で呼吸数が多く、たくさんの炭酸ガスを出しているため大人よりも刺されやすく、主に肌を露出しているところが刺されます。手や足、顔などが多く、顔はまぶたなどの目に周りと耳が刺されやすいようです。
    出典 :赤ちゃんの虫よけ・虫刺され
  •  

    かゆーい

  • 赤ちゃんもすぐ蚊にさされるのは、炭酸ガスの排出が多いからという理由も・・・。

  • オススメ虫よけスプレー

  •  

    科学物質不使用なので赤ちゃんにも安心です。

  • 蚊に刺される前にぜひ予防を!!科学物質不使用なので、妊婦さんや赤ちゃんにも安心して使うことができますよね。

  • 蚊に刺される前に、蚊に刺されないようにまずは予防をしましょう。体につけるものですので、安心、安全なものを選びましょう。