女性に多い!指の関節が変形する病気 ヘバーデン結節・ブシャール結節・母指CM関節症【症状と対処法】

指の関節が変形する病気であるヘバーデン結節・ブシャール結節・母指CM関節症の症状や対処法についてご紹介します。

  • green 更新日:2014/10/27

view238

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性は特に注意したい!指の関節が変形する病気

  • 指の関節に痛みを感じる……そのような症状が出たら、指の関節の病気にかかっている可能性があります。指の関節が変形する病気にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 指の関節が変形する病気【変形性関節症】

     

    指の関節が変形する病気は指の部位によって3種類に分けられます。まず、指の第一関節の部分が変形する病気は、ヘバーデン結節と呼ばれています。そして、指の第二関節の部分が変形する病気は、ブシャール結節、第三関節の部分が変形する病気を母指CM関節症と呼びます。

    ヘバーデン結節、ブシャール結節、母指CM関節症は女性に多い病気とされており、病気が進行する前に症状を緩和させることが大切です。

  • 指の関節が変形するヘバーテン結節・ブシャール結節とは?

     

    指の関節が変形するヘバーテン結節・ブシャール結節になると、どのような症状があらわれるのでしょうか?

    ヘバーテン結節は指の第一関節に痛みが生じる病気で、最初はボールやボールペンなどを握ったときに痛みを感じるようになります。ヘバーテン結節が悪化するにつれて、物を持つことができなくなってしまい、関節を少し曲げただけでも痛みがはしるようになります。

    第二関節に痛みが生じるブシャール結節も、ヘバーテン結節と同じように進行をしていきます。どちらの結節も痛みが進行していく前の治療が大切です。

  • 指の関節が変形する母指CM関節症とは?

     

    母指CM関節症は、40代以降の女性に多い病気で、ぞうきんを絞ったり、瓶のふたを回して開けるといった動作がしづらくなります。

    母指CM関節症は脱臼状態を起こしやすいため、そうなる前に治療をすることが大切です。

  • 指の関節が変形する病気の対処法

  • 指の関節が変形する病気の対処法

     

    ヘバーデン結節の対処法には、テーピングがあります。第一関節の変形が起こるヘバーテン結節は、テーピングをして動きを固定することで、だんだんと症状が緩和されます。第二関節に痛みが生じるブシャール結節の場合は、テーピングで固定をしてしまうと日常生活に支障が出てしまうため、なるべく動かさないようにすることが大切です。

    ヘバーテン結節・ブシャール結節ともに、指の動きを少なくし、安静にすることが大切で、指先の血行促進するために、マッサージをするのも有効とされています。

    また、かなり痛みが出るという場合は、医師から鎮痛剤が処方されることもあります。

  • 指の関節が変形する母指CM関節症の対処法

     

    母指CM関節症は写真のような装具を使って、親指を動かないように固定して対処します。安静にすることが大切なので、この装具をつけている間は無理な動きをしないように指を休ませておきましょう。

    この装具によって、関節が固定されるためだんだんと痛みが緩和されていきます。もしも、この装具でも痛みが続くような場合は、手術で治療をすることもあります。

  • リウマチと指の関節が変形する病気の違い

  • リウマチと異なるヘバーデン結節

     

    指の関節が変形する病気には、変形性関節症以外にリウマチがあります。ヘバーデン結節・ブシャール結節などの変形性関節症は、リウマチと外見上同じように見えますがまったく違う病気です。

    ヘバーデン結節・ブシャール結節などの変形性関節症の原因は女性ホルモンが関係しており、ストレスが掛かることよって起こることもあります。よって、それらのストレスがなくなると症状も緩和してくるのが特徴です。リウマチは、指先だけでなく全身に症状が及び、免疫異常によって起こるとされています。