眠気は病気のサインでしょうか?

日中の仕事や家事に差し障る眠気を感じる時には一度専門医の診察をお勧めします。思わぬ病気が潜んでいる場合があるからです。

  • rinko 更新日:2014/03/18

view191

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 昼間の眠けの原因は?

  •  

    居眠りは周りに誤解を招きかねません。病的な要因も考えられる場合には早めに受診をしてください。

  • 意外に思われるかもしれませんが、睡眠不足であることに気がつかずに、われわれのような睡眠の専門医療機関を受診する患者さんも多いのです。忙しくて睡眠という大切な重要な生体の働きをないがしろにすれば、睡眠も悲鳴をあげます。眠気というサインで訴えかけるのも当然です。自分の眠気が睡眠不足によるのかどうかは、2~3日間だけ睡眠を長時間確保しても判断できません
    出典 :日中眠くてたまらない人に(谷口充孝先生)|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
     

    あまりにも眠気が強い場合には早めに専門医の受診をおすすめします。

  •  

    運転中の眠けなどは事故にも繋がりますので深刻です。

  • 昼間の眠気が強く、目覚めていられない場合(過眠症)は要注意です。ナルコレプシーなどの過眠症は、学業・仕事の妨げになるだけでなく、転倒・転落したり、交通事故の当事者となったりと、事故の危険性が高まります。睡眠時無呼吸症候群は、放っておくと生活習慣病を悪化させます。検査を受け、必要な治療を受けることが大切です。
    出典 :昼間の眠気―睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシーなどの過眠症は治療が必要|e-ヘルスネット[情報提供]
     

    仕事や家事・学業の妨げになる前に正しい診断を!

  •  

    検査をしてこのように夜間の装置をつけることで症状を和らげていきます。

  • 睡眠時無呼吸症候群とは?

  • 睡眠中の呼吸が一時停止することで酸素が不足し、深い眠りにつけず昼間も眠くなってしまうばかりでなく、成人病を引き起こす原因にもなるのが、”睡眠時無呼吸症候群(SAS)”です。
    太り気味の人に起こる症状だと思われていますが、実は骨格が関係しているため、なんと小顔女性にも起きている可能性があるのです。
    出典 :昼間眠い原因はこれ!? 「睡眠時無呼吸症候群」の自己診断法(美レンジャー) - エキサイトニュース
     

    放置していても改善されないのがこの睡眠時無呼吸症候群なのです。

  •  

    自分の症状を早く見つけて適切な対処をすることが大事なのです。

  • 鼻に取り付けた専用マスクから、気道に空気を送り込み、気道を広げて呼吸の通りを確保する治療法です。高い安全性も認められており、世界的にもSAS治療法として普及している方法です。専門医療機関から機器の貸し出しを受け、自宅で治療を行うことができます。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群のセルフケア:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療について
     

    検査の結果治療が必要な場合には自宅にて無呼吸症候群を治療することで昼間の眠けを軽減していきます。

  • 「ナルコレプシー」は、夜間にしっかり眠っているにもかかわらず、日中に、耐えられないほどの強い眠気や居眠りが突然しかも頻繁に現れる「睡眠発作」を主な症状とする睡眠障害です。睡眠発作は毎日のように起こり、しかも、通常では考えられないような状況、たとえば、食事、会話、重要な会議や商談などの最中に眠ってしまいます。居眠りは10~20分と短く、すっきりと目覚めることができますが、数時間後にはまた強い眠気に襲われます。
    出典 :「日中の強い眠気は過眠症かも」 〜ティーペック健康ニュース
     

    睡眠障害にかかっているかもしれない・・と感じた場合に素早い処置が必要になります。

  •  

    睡眠障害は専門医の指導のもと必ず治癒します。

  • 生活指導は、睡眠記録表に24時間の睡眠、覚醒状況を記録し、医師が規則正しい生活をするようにアドバイスをします。規則正しい生活、ことに夜間の十分な睡眠時間を確保することは、症状の軽減には不可欠です。また、不規則な生活は日中の眠気や睡眠障害を悪化させてしまいます。できるのであれば日中の昼休みなどに短時間に目をつむり、計画的に昼寝をすれば眠気は軽くなります
    出典 :ナルコレプシー(睡眠障害)治療
     

    単なる居眠りと考えずに医師に相談することで早く改善される場合もあるのです。

  •  

    きちんと自分の症状を診断してもい昼間の眠けを退治しましょう。

  • 薬物療法には精神刺激薬を用います。よく使われるのはメチルフェニデート(リタニン)という薬です。この薬は作用時間が短いため(早く代謝され体外に排泄される)、朝と昼の2回服用する必要があります。 薬を飲み続けているうちに症状がだんだんと軽くなっていくケースが多いので、諦めずに気長に薬を飲み続けることが大切です。
    出典 :ナルコレプシー(睡眠障害)治療
     

    症状があまりにも強い場合には医師の治療の上で投薬も考えましょう。