とっても良く似ている!「ぎっくり腰とヘルニア」何処が違うの!?

ぎっくり腰とヘルニアは良く似ているそうです。その違いが分かれば良いのですが・・・調べてみたので参考にしてみてくださいね!

view162

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ぎっくり腰とヘルニアの違いは何がある?

  • ぎっくり腰とは、急性腰痛のことですので、この中にはヘルニアも含まれています。ただし、ぎっくり腰の原因が3つあるとすれば、ヘルニアは2つとは全く違うものであると言い得ます。
    出典 :ぎっくり腰 ヘルニア 違い
  • 共通点として先ほど述べた「腰痛」を挙げる方も多いでしょう。しかし、これは間違いなのです。ヘルニアとぎっくり腰は対処法も違います。間違った対処法をして悪化したという話も聞くくらい、実は大変危険なことなのです。
    出典 :理解しないと危険!?ヘルニアとぎっくり腰の違いをご紹介 | ぎっくり腰ナビ 症状を緩和する治療・予防や対処法を紹介
     

    違いに気付かないと悪化させる結果を招いてしまうのですね。

  • 分かり難いヘルニアはこのヘルニア!

  • 腰の部分に発症したヘルニアを、腰部椎間板ヘルニアと言います。腰椎の4番5番に起こりやすいのですが、これは椎間板ヘルニアに限らず、脊柱管狭窄症や脊椎分離症・腰椎すべり症やギックリ腰などの症状も起こしやすい部分です。
    出典 :椎間板ヘルニア|鈴木薬手院
     

    この部分に起きるから判断がつき難いのです。

  • 腰椎の4番5番は、直立姿勢の時に大きな負荷がかかるために、最も多くの筋肉に支えられているのですが、老化や運動不足による筋力低下や、生活環境の影響(悪い姿勢など)で本来のS字カーブ(生理的湾曲)が保てない為に、不調が生じやすいのです。
    出典 :椎間板ヘルニア|鈴木薬手院
     

    引き起こされやすい点は同じなようですね。

  • 発症の年齢も

     

    かぶっている部分も多い事から間違えられやすいとしています。しかし、ぎっくり腰の場合は若い人にも見られるという特徴もあります。

  • 簡単に説明すると・・・

  • ぎっくり腰は腰の筋肉疲労によるものです。ヘルニア(椎間板ヘルニア)は椎骨(背骨)の間にある椎間板(クッション材のような役目をしている)がはみ出してしまい、神経を圧迫して痛みを感じます。
    出典 :ヘルニアとぎっくり腰の違いってなんでしょうか? 症状は同じだと思うのですが? ... - Yahoo!知恵袋
     

    このようになりますよね

  • 同じような症状ですが、このように原因が全く異なります。ぎっくり腰は安静にすれば必ず治りますが、椎間板ヘルニアの場合は重度になると手術が必要になります。
    出典 :ヘルニアとぎっくり腰の違いってなんでしょうか? 症状は同じだと思うのですが? ... - Yahoo!知恵袋
     

    しかし、対処法は全く異なってくるのです!

  • ヘルニアだった時の治療としては

  • 同じぎっくり腰でありながら、別の病気でもあるヘルニアは、ぎっくり腰同様に自宅で安静にしていることで治ります。しかし。普通のぎっくり腰に比べて長期間の激痛と安静を必要とするため、ヘルニアを繰り返すことが頻繁にあるようならば、手術という選択肢が残されています。
    出典 :ぎっくり腰 ヘルニア 違い
  • 腰椎捻挫や筋膜断裂から起こるぎっくり腰とは違い、ヘルニアの場合はレントゲンを撮るとすぐに分かります。また、普通のぎっくり腰の方の歩き方との違いもあると言います。理学療法士と共にリハビリをすることやコルセットの着用で日常社会への復帰は出来ることでしょう。
    出典 :ぎっくり腰 ヘルニア 違い
     

    治療の違いはありますが知っておきましょうね!

  • 近年では・・・

  • ヘルニアでもぎっくり腰でも

     

    自然治癒をすすめるお医者さんもちらほらですが出てきているようです。しかし、治療方法の最終決断を決めるのは本人です。しっかりと医師の話を聴き知識をつけて臨みたいですね!