凛とした客室乗務員のお化粧。彼女たちのお化粧には、どのようなコツが隠されているのでしょうか?

客室乗務員という言葉を見聞きしたことのある方は多いはず。客室乗務員とは、飛行機、船舶、列車などに乗車し、接客を行うサービス業を指します。たとえば、女性の憧れの職業のひとつであるCA(キャビンアテンダント)などがその好例ですね。彼女たちのキリッとしたメイクには、なにかコツがあるのでしょうか?

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 客室乗務員は、常に身体の内外から水分補給を行っている!?

  • まずは内側からのアプローチ。最も大切なのがこの内側からの水分補給です。身体の内部は目に見えないので意外と忘れてしまいがちですが、体内水分が不足していれば必然的に肌も乾燥してしまいます。
    出典 :CAに学ぶ!「超」乾燥の機内でも美肌を保つ3つの保湿 [スキンケア] All About
  • 機内の湿度は20%以下と、通常の3分の1程度しかありません。そのような極度の乾燥状態では呼吸するたびに水分が奪われていきます。そのためいつも以上に意識的に水分を補給することが大切です。10時間程度のフライトで1~1.5リットルは飲むイメージでいてください。実際にCAは機内のキッチンにマイカップを常備してキッチンに入るたび水分補給しています。
    出典 :CAに学ぶ!「超」乾燥の機内でも美肌を保つ3つの保湿 [スキンケア] All About
     

    お肌の乾燥は美容の大敵。水分補給で美しさをキープ、そして健康管理を行うというところも、彼女たちのプロ意識の表れなのかもしれませんね。

  • CAが使用するメイクアップ用品とは?

  • ・ファンデーション
    ・ おしろい(お粉)
    ・頬紅
    ・ 口紅・・・・グロスなどのつや出しだけの使用は不可。また不健康に見える色や白っぽい口紅も不可 。
    ・ マニキュア・・・・ピンク系の自然食。濃い色は不可。手入れを怠らないように留意。
      爪の長さは1-2ミリ。はげたものは見苦しいので注意。
    ・ つけまつ毛は使用禁止
    出典 :メイク法、メイクアップ、スチュワーデス、キャビンアテンダント
     

    へえ~、意外です、つけまつ毛が禁止とは。やはり、華やかさだけではなく上品さも大切な職業ですから、ケバく見えてしまいがちなつけまつ毛が禁止ということなのかもしれません。

  • サービスをする人は「艶やかさや彩(いろ)」が必要なのです。サービスを受ける人を、少し「ウキウキ」させる演出が必要なのです。あなたは、「機内に咲く花」 ですよ。そのために濃いめの綺麗な色の口紅は絶大な威力があるということをどうか忘れないでください。
    出典 :メイク法、メイクアップ、スチュワーデス、キャビンアテンダント
     

    なるほど。納得です。

  • パウダー系はすぐに重ねないこと
     
    パウダリーファンデーションや粉などのパウダー系のものをつける時は、
     
    お肌がサラサラな状態でつけるのがポイントです。
     
    下地やBBクリーム、リキッドファンデーションなどを使った時に、まだお肌にしっかり馴染み切っていない状態でパウダーを重ねてしまうと、パウダーがよれて崩れやすくなってしまいます。
    出典 :長時間崩れないベースメイクの… | 可愛く見せるアイメイク術
     

    ほとんどまともにお化粧直しを行うことが難しいCAたち。彼女たちのベースメークは"薄付き"が基本であるということです。

  • また、CAたちの職場環境は薄暗いことも多く、ほとんどの航空会社では顔色をよく見せるためのチークを推奨しているという話を耳にしたこともあります。

  • CAさんたちって、大変・・・。そもそも激務なところへ持ってきて、お肌へも激務が課されるということは並大抵のことではありませんね。