いぼ痔の手術を受けて辛い症状から解放されましょう!!!

辛いいぼ痔の症状で悩んでるなら手術を受けてみるのもおすすめ!?
気になるいぼ痔の手術に関する情報をまとめてみました!!!

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いぼ痔って一体どんななの???

  • いぼ痔とは???

     

    いぼ痔とは肛門にいぼ状のはれができる状態です!!!

  • 歯状線をはさんで肛門の内部にできるものを内痔核(ないじかく)、外側にできるものを外痔核(がいじかく)と呼びます。
    主に排便時のいきみや便秘などによって、肛門部に負荷がかかることで直腸肛門部の血液循環が悪くなり毛細血管の集まっている静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血して、はれ上がることで起こります。
    出典 :いぼ痔(痔核)の特徴|ボラギノール痔の基礎知識
     

    いぼ痔には種類があります!!!
    その種類によっても症状などは変わってくるのです!!!

  • いぼ痔(内痔核)

     

    排便時の負荷などにより、歯状線より上の粘膜下の静脈叢がうっ血してできた、いぼ状のはれを指します!!!

  • 痛みを感じることは少なく、出血によって初めて痔に気づく場合も多いようです。
    排便時に便器が真っ赤になるほど大量の血が出ることもあります。症状が進むと排便時にいぼが肛門の外に出てきたり、炎症などによる痛みを感じたりすることがあります。
    出典 :いぼ痔(痔核)の特徴|ボラギノール痔の基礎知識
     

    酷い出血で焦る人も多いようです!!!

  • いぼ痔(外痔核)

     

    排便時の負荷などによって、歯状線より下の皮膚部分の静脈叢がうっ血してできた、いぼ状のはれを指します。

  • 肛門外側の皮膚には、知覚神経(痛みを感じる神経)が通っているため、いぼ痔(外痔核)ではほとんどの場合、痛みを感じます。
    また急性の炎症をおこし、血栓(血のかたまり)ができて大きくはれ、激しく痛みます。
    出典 :いぼ痔(痔核)の特徴|ボラギノール痔の基礎知識
     

    こちらは痛みが強いので辛いと感じる人も多いのではないでしょうか???

  • 手術が必要ないぼ痔とは???

  • 内痔核の場合は手術が必要な時もあります!!!

     

    内痔核はその症状によって手術が必要な可能性もあります!!!
    注意しましょう!!!

  • 「第三段階~第四段階」以上の内痔核の場合は(脱肛が自然に戻らなくなったり、常に脱肛している状態の場合)、手術が必要になることもあります。
    出典 :いぼ痔(イボ痔)の治療法
  • いぼ痔の手術って一体どんなものなの???

  • 硬化療法(注射療法)

     

    痔の中でも特に内痔核(いぼ痔の1つ)の症状が悪化し、多量の出血を伴う場合に行われる手術がこの硬化療法(注射療法)です!!!

  • 硬化療法(注射療法)の手術法

    ◎痔核(イボ)の根元に硬化剤(物質を硬くする作用をもつ薬品)を注入し、痔核を硬くし、壊死(細胞が死ぬこと)させます。
    出典 :硬化療法(注射療法)
  • レーザー療法

     

    痔の中でも特に内痔核(いぼ痔(イボ痔)の1つ)の症状が悪化した場合に、痔核(イボ)を小さくする、または切除する手術法がこのレーザー療法です!!!

  • レーザー療法の手術法と特徴

    レーザー光線を痔核(イボ)にあてて切除します。またレーザー療法といっても、患部に直接器具を当てて行う手術法を「接触法」、患部には直接触れず、レーザー光線を照射する「非接触法」の2つの療法に分類されます。
    出典 :レーザー療法
  • 手術の痛みって一体どんななの???

  • 現在行っているイボ痔の手術は、イボ痔の付け根を結紮(けっさつ)し、レーザーメスで切除します。 レーザーメスを使用しているため、傷は縫合せずに自然治癒を待ちます。手術時間は30分ほどで、従来の方法に比べ、手術中の出血、手術後の痛みは軽減されます。
    出典 :痔(イボ痔)の日帰り手術|日帰り手術可能な疾患
     

    痛みはそんなに酷くないのかもしれないですね!!!