キレイは体内から、血管を丈夫にしよう!

人間の体の中には無数の血管が流れています。不健康な生き方をしないためにも、血管を丈夫にする必要があります。

  • MUMMY 更新日:2014/05/14

view240

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    血管をしなやかで丈夫なものにするにはどのようにしたらよいのでしょう・

  • 血液は心臓から送り出され、血管を通じて全身を駆け巡る。そして細胞に必要な酸素や栄養素を届ける一方で、炭酸ガスや老廃物を運び出している。
     こうした役割を持つ血管だが、毛細血管と動脈を合わせると、全長はなんと10万キロ。地球2.5周分に相当する長さといわれる。その中は5~6リットルの血液が超スピードで、世界一周ならぬ体内一周を毎日24時間、脈々と流れている。というよりも、滞りなく流れるように血管が頑張っている。血液を送り出す心臓の圧力を柔らかく受け止め、流しているわけで、動脈の中膜は厚く弾力性のある器官なのだ。
    出典 :“破れない”“詰まらない”寿命を左右する丈夫な「血管」の作り方(2) - リアルライブ
     

    血管と心臓は大事である!

  • 血管が丈夫でキレイだと血液が濁らず、余計な老廃物や脂肪を溜めない体になるので、疲れも病気も老化も防げます。
    出典 :たった3ヶ月で「血管年齢」を若くする方法 | ハウコレ
     

    是非、健康な体でいたいものです。

  • 血管を綺麗にする食べ物は?

  • まず「血液」をサラサラにするためには、一日一食でもいいので、一汁三菜スタイルで栄養バランスのいい食事をすることが大切です。
    出典 :牧野先生も実践!血管を若返らせる、食生活|セルフドクターネット|健康情報サイト
     

    ドカ食いや一品物などもってのほか。

  • 青魚はDHAとEPAが豊富なのは有名。そのうち血管年齢に大きく関与するのはEPA(エイコサペンタエン酸)。これは血液をサラサラにする“油”です。肉や加工品に含まれる悪い油とは違って、体内でも固まらず、血管内にこびりついた老廃物や毒素をキレイに流して排出してくれます。そしてコレステロールを下げ、心臓や循環器、髪や皮膚に栄養をしっかり届けてくれます。1日1回、必ず青魚を食べてください。
    出典 :たった3ヶ月で「血管年齢」を若くする方法 | ハウコレ
     

    魚を多く摂ったほうが良いというのはよく言われますね。

  • 不飽和脂肪酸だから安心と思い込んでいる植物油があるのです。気をつけるべきはリノール酸系の植物油。かつて健康イメージが高かったリノール酸は、実は血管を詰まらせたり、ガンの元になる過酸化脂質を作る危険性があることが最近になってわかってきました。紅花油やコーン油、マーガリンも危険です。では、良い植物油って…?ずばりシソ油(エゴマ油)と亜麻仁油。これにはα‐リノレン酸が含まれ、体内でEPAとDHAに変換され、悪玉コレステロールを減少させます。
    出典 :たった3ヶ月で「血管年齢」を若くする方法 | ハウコレ
  •  

    悪玉コレステロールを減少させてくれる。

  • 飽和脂肪酸は固まりやすいので、血管を詰まらせる原因になります。体によいとされる牛乳やヨーグルトも摂りすぎに注意が必要。カルシウム補給のために摂りたい気持ちはわかりますが、魚や野菜でカルシウムを補給し、乳製品の比率を下げることをお勧めします。
    出典 :たった3ヶ月で「血管年齢」を若くする方法 | ハウコレ
     

    乳製品も摂りすぎは良くない。

  • チョコレートはカカオの油の固まり。さらに飽和脂肪酸が多い乳脂肪も含まれています。吹き出物を潰した時に出る白い物質が飽和脂肪酸の塊。常温でも溶けないチョコレートは、体内でも溶けるはずがなく、余った分が血管に残ったり、皮脂腺を詰まらせて吹き出物となるのです。チョコレートに限らず、ビスケットやケーキもやめましょう。
    出典 :たった3ヶ月で「血管年齢」を若くする方法 | ハウコレ
  • どうしても肉を食べる場合のポイント。1、先に青魚を食べてください。油は体内に入った順に吸収されるので、肉の油が入る前にEPAのベースを作りましょう。2、網焼きやしゃぶしゃぶなど余分な油を落とす調理法で食べましょう。3、油を使う料理の場合、先述した良い油を使いましょう。4、何が何でも牛肉しかイヤ、ということでなければ、比較的低温で溶ける油を持つ鶏や馬、豚を選びましょう。
    出典 :たった3ヶ月で「血管年齢」を若くする方法 | ハウコレ
  • 大豆たんぱくに含まれるペプチドは、血中コレステロールを正常にコントロールするはたらきを持ちます。また、高血圧の原因となるナトリウムを体外に排泄する役割も果たします。さらに、大豆には脂質の一種であるレシチンやリノール酸が含まれ、これらは血管内でコレステロールが固まるのを予防したり、悪玉コレステロールを減らすはたらきを持っています。
    出典 :牧野先生も実践!血管を若返らせる、食生活|セルフドクターネット|健康情報サイト
     

    豆腐などが良いでしょう。

  • 大豆を発酵させてつくる納豆には、大豆本来の栄養素に加えて、発酵途中に納豆菌が作り出すナットウキナーゼという成分が含まれています。この成分は血栓を溶かす作用が強く、一説には医薬品の血栓溶解剤と同様のはたらきをすると言われています。また、発酵によって大豆たんぱくがより消化しやすい状態になり、ビタミンB2も大豆の数倍にアップします。
    出典 :牧野先生も実践!血管を若返らせる、食生活|セルフドクターネット|健康情報サイト
  • ビタミンの宝庫といわれるトマト。細胞をつなぐコラーゲンを作り、老朽化した「血管」を丈夫に保ってくれるビタミンCや、脂質の新陳代謝に役立つビタミンB6が含まれています。また、毛細血管を丈夫にするビタミンPやルチン、悪玉コレステロールの酸化を防止するリコピンなども豊富。「血液」を健康に保ち、動脈硬化などにも高い効果を発揮します。
    .
    出典 :牧野先生も実践!血管を若返らせる、食生活|セルフドクターネット|健康情報サイト
  •  

    トマトは紫外線対策にもいいですね。

  • 玉ねぎを切ったときに涙を誘う成分は硫化アリルと呼ばれるもので、血小板の凝固を防ぎ、「血管」にたまった脂の汚れを落とす効果があります。ねぎ類には共通して含まれる成分ですが、とくに玉ねぎの硫化アリルは血液サラサラ効果が抜群。また、玉ねぎの皮に多く含まれる色素成分ケルセチンは、悪玉コレステロールの酸化を防止するはたらきを持ちます。
    出典 :牧野先生も実践!血管を若返らせる、食生活|セルフドクターネット|健康情報サイト
  • 運動はしたほうがいい?

  • 「運動で筋肉が刺激を受けると、それに呼応して血流が促進されて血管が強くなる。ただ毎日のジョギングや、スポーツジムで水泳をとなるときつくて継続不可能。そんな特別なことではなく、通勤や買い物に出かける時に、いつもより少しだけ早歩きする、気付いたとき両手を“グー、パー”させるなど、咀嚼(そしゃく)力を高めるだけでも違います。あとは温めの入浴です」

    また「血液と触れ合う内皮細胞を活性化させるには、1分間の脈拍が120を超えない程度の持続的な有酸素運動が効果的です」と言うのは私大病院診療技術部・理学療法士新井雄司氏だ。
     「酸素を体内に多く取り込みながら運動することで内皮細胞は活発化します」と、腰と後ろももを伸ばすストレッチ。左手で左太ももを抱えるようにして、胸に向かって引き上げ、20秒間キープしたら左右を入れ替えてさらに20秒間。それぞれ1日3セットやれば十分だという。
    出典 :“破れない”“詰まらない”寿命を左右する丈夫な「血管」の作り方(2) - リアルライブ
     

    いきなり無理な運動を単発で続けるのではなく、継続できるかがカギなのです!

  • 塩分やコレステロールなど、動脈を傷つけるものはなるべく摂らず、バランス良い食生活と適度な運動を心掛けましょう!