加齢臭の原因物質「ノネナール」とはどんなもの!?

ノネナールとはどのようなものなのでしょうか?加齢臭の原因物質と呼ばれているものに迫ります!

view148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ノネナールとは

  • 加齢臭の原因はノネナールと言われていますが、それは一体どんな成分なのでしょうか?人はたくさんの体毛が生えており、そのひとつひとつの毛穴には皮脂腺が発達していますが、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化したり分解したりして発生する臭いの成分が、ノネナールと言われています。
    出典 :加齢臭の原因ノネナールとはどんな成分?
  • 中高年の体臭の原因がノネナールであることを発見したのは資生堂の研究者ですが、加齢臭という言葉も、資生堂の研究者たちによって名づけられたようです。
    出典 :加齢臭の原因ノネナールとはどんな成分?
     

    資生堂の人が見つけたのですね。

  • 年齢が若い人は

     

    体内で脂肪酸が分泌されても、それを酸化させないので20代くらいまではなかなか検出される事はないそうです。なので、中年層くらいになってくると臭いがでてくるのですね。

  • ノネナールは単体で存在しない

  • 本質的な加齢のニオイの対策にポイントを絞ってお話したいと思います。加齢により分泌されるニオイ物質であるノネナールという物質が存在することは明らかではありますが、実際はこのノネナールが単体で存在する可能性はゼロ。しかも様々なサイトでノネナールについて語られていますがその実態が説明されていることは少ないようです。
    出典 :ノネナール対策
     

    中々説明されている所はすくないですよね。

  • 加齢の臭い(おやじ臭)というは様々な体臭が複合したイメージ臭なのです。ですのでノネナールだけにポイントを絞って対策することは困難ですし的はずれな対策になってしまうのです。現実的には、例えば口臭がクサイ中年男性がいたとします。この男性はノネナール対策はかなり万全を期していたとしても、その口臭だけで、おやじ臭い!
    出典 :ノネナール対策
     

    このようなイメージがでてくるようになるのです。

  • 本質的な加齢臭対策というは、体臭エチケット全般がバランスよく出来ていて初めて有効なものです。ですので比較的清潔で、自身の体臭に気をつかっている女性は加齢臭(ノネナール)が出ていてもきちんと体臭エチケットをクリアしているので、加齢臭=婦人の臭いとはならないのです。
    出典 :ノネナール対策
     

    加齢臭は中々難しいですよね。

  • 参考の図

     

    体の中からにじみ出てきた皮脂の成分である脂肪酸が酸化する事によって発生します。この酸化反応があるからこそ、ノネナールが作られてしまう事になるのです。

  • ノネナールは芳香族、不飽和アルデヒドという系統に属します。不飽和アルデヒドとして有名なのは、アセトアルデヒドです。アセトアルデヒドはアルコールが肝臓で分解された時に発生する物質です。お酒を飲んだ翌日とかに部屋にこもっているあのニオイです。
    出典 :ノネナールとは?知っておきたいエッセンス!
  • さて、不飽和アルデヒドの2-ノネナールの化学式は(C9H16O)、分子量 140.223 g/molです。アセトアルデヒドと似た化学物質ですので、独特の臭気を発します。ノネナールの濃度を測定するためには、ガスクロマトグラフ・質量分析計による分析を行います。
    出典 :ノネナールとは?知っておきたいエッセンス!
     

    このような計測方法が使われるのですね。

  • 発生は止める事が出来る?

  • 加齢臭の原因であるノネナールの発生を減らすにはどのような対策があるのでしょうか?対策としてはおおきく「9-ヘキサデセン酸(原因物質)」の生成自体を減らす、少なくするという対策が一つ。もう一つは「9-ヘキサデセン酸がノネナールへと分解される過程をストップさせる」という二つの対策が挙げられます。
    出典 :加齢臭の原因物質「ノネナール」
  • 医療で言うところの「内科的治療」と「外科的治療」のようなものです。内科的治療:からだの中から発生する原因物質の量を減らす外科的治療:発生した原因物質を取り除く、不活性化する以上の二つが主な対策となります。
    出典 :加齢臭の原因物質「ノネナール」
  • 加齢臭対策の一つが酸化・発酵することでノネナールを生成する9-ヘキサデセン酸の発生量自体を減らす対策です。この対策により大本の原因となる絶対量が減少するので、加齢臭を抑える効果的な手法といえます。一方で、体内環境を改善する必要があるため、時間が必要になりますが、長期的な改善がみられるという特徴があります。
    出典 :加齢臭の原因物質「ノネナール」
     

    原因物質の生成自体を減らすのが大切なのですね。