どうしたら気づける!?「C型慢性肝炎の症状」とは何があるのか!

C型慢性肝炎の症状をしっかりと知っておく必要があるでしょう!

view96

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • C型慢性肝炎とは

  • C型慢性肝炎はC型肝炎ウイルスの感染により肝臓に障害が起こる病気で、初期には症状はほとんどありませんが、病気が進行すると様々な症状がみられます。従って、過去に輸血をしたことがあるとか、あるいは医療機関で手術をしたことがあるとか、家族に肝臓の悪い人がいるときは注意が必要です。
    出典 :専門医に聞く | C型慢性肝炎と肝硬変 | C型肝炎 - 新しい治療、新しい可能性 -
  • 簡単に言いますと、C型慢性肝炎とは肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、肝臓の細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。
    出典 :専門医に聞く | C型慢性肝炎と肝硬変 | C型肝炎 - 新しい治療、新しい可能性 -
  • C型慢性肝炎の症状の現れ方として

  • C型慢性肝炎の場合、自覚症状がほとんどないのが特徴です。  C型肝炎ウイルスに感染すると急性肝炎が起こり、時に全身倦怠(けんたい)感に引き続き食欲不振、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)などの症状が出現することがありますが、症状が出ることは少なく、そのまま慢性化する人がほとんどです。
    出典 :C型慢性肝炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • しかし、進行し肝硬変になると手掌紅斑(しゅしょうこうはん)、クモ状血管腫、女性化乳房などが認められることがあり、非代償期(ひだいしょうき)(肝硬変)には、浮腫(ふしゅ)、腹水(ふくすい)、黄疸(おうだん)、食道・胃静脈瘤(じょうみゃくりゅう)、肝性脳症(かんせいのうしょう)(意識障害)などの合併症が現れることがあります。
    出典 :C型慢性肝炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 肝炎になると・・・

     

    C型肝炎は肝臓の病気です。肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。一般的に肝臓には、生きていくために必要な機能の3倍から4倍の能力があるといわれています。この能力を肝臓の予備能と呼びますが、この予備能があるために、重症化するまで自覚症状の現れないケースが多くあります。

  • 自覚症状が現れない

  • 慢性進行性疾患で、肝臓への破壊が持続的である。C型肝炎ウィルスに感染したC型肝炎患者には、ほとんど臨床症状が現われない。急性C型肝炎は通常、症状が軽症で、または症状がない。C型肝炎は急性から慢性に転移すると、長い時期に何の症状も見られない。
    出典 :C型肝炎症状について
  • しかし、C型肝炎ウィルスによる肝臓への破壊が常にされている。ほとんどの場合、症状が現われたのは、すでにC型肝炎が肝硬変や肝がんまでに悪化していた。C型肝炎症状が現われないだけでは、病気の進行がよく注意されない。
    出典 :C型肝炎症状について
  • C型肝炎の治療は早期でないと、肝硬変や肝がんまでに悪化する可能性が大きい。関係のデータによると、肝臓病の中で、C型肝炎による肝硬変の死亡率が最も高いことが分かっている。
    出典 :C型肝炎症状について
  • かなりの期間がある

  • 自覚症状としては、全身倦怠感に引き続き食欲不振、悪心(おしん)・嘔吐(おうと)などの症状が現れることがあります。さらに、黄疸(おうだん)が現れることもあり、黄疸以外の症状として、肝臓の腫れ上がる症状(腫大)がみられることもあります。
    出典 :C型肝炎 | e治験.com
  • 一度急性肝炎で発症し、いったん治ったように見えて再び活動性を持って症状を現したり、感染してから10年~20年もの長い期間が経って後に症状が現れて、診断を受けた時にはすでに肝硬変になっていたということも珍しくありませんので、早期発見・早期治療が重要になります。
    出典 :C型肝炎 | e治験.com
  • 肝炎の診断は

     

    なお、肝炎がどこまで進行しているかをみるためには、肝生検という検査が行われます。血液検査や画像診断が進歩してきたため、肝生検が必要なケースは減ってきましたが、確定診断を行うときには肝生検が用いられます。