あれ?おりものがおかしい!妊娠中のおりものの異変はあの病気かも?

妊娠中はおりものが多いもの。でもちょっと待って?なんかおりものがおかしい!もしかしたらあの病気かも!
おりものの変化に気付いたら、すぐ受診!

view211

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中のおりもの

  • <おりものの変化>
    この黄体ホルモン分泌と女性ホルモンの作用が重なることでおりものの量が増えます。
    膣内が酸性からアルカリ性への変化することで抵抗力が落ち、雑菌が繁殖しやすくなる人もいます。

    常に清潔に保ち、蒸れないよう注意しましょう。
    出典 :妊娠初期の特徴のひとつ「おりもの」の変化について[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など18000件以上
  • デリケートな女性の体を守ってくれる「おりもの」。

  • 妊娠すると、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が続き、エストロゲンの作用と相まってホルモンの作用はより一層強まります。そのため、おりものの量がふえる人が多いようです。ただ、黄体ホルモンが長期間分泌されることで、腟内の酸性度が変化し、バイ菌が侵入・繁殖しやすくなることがあります。また、喫煙やストレスが同様に腟内の酸性度を弱めるという説もあり、おりものの状態は、さまざまなことから影響を受けやすいといえます。体調の変化や感染症などのトラブルサインが、おりものにあらわれることもあります。正常なおりものと、心配なおりものの違いを知っておき、「いつもと違う」と思うことがあったら、早めに受診しましょう。
    出典 :妊娠中のおりものについて知りたい! - gooベビー
  • おりものが正常な場合、透明で水っぽく、ややすっぱいにおいが特徴

     

    口の中が唾液でうるおっているように、腟や頸管部が乾燥しないように潤滑油としての役割を果たしています。また、体内へのバイ菌の侵入を防ぐ役割もあります。

  • こんな異変があらわれたら?

  • おりものの異常

  • おりものの異変

  •  色…灰白色、濃い黄色、緑色、茶褐色、血が混じる
     におい…生臭い(魚が腐ったような臭い)、強い臭い
     量…ナプキンが必要なほど、ショーツがびっしょりと濡れる状態が続く
     状態…ボロボロとした粉状のものが混じるなど
     ほか…陰部がかゆい、痛いなど

    ※異常が表れた場合は病院へ行きましょう。
    出典 :妊娠初期の特徴のひとつ「おりもの」の変化について[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など18000件以上
  • それって「カンジタ膣炎」かも?

  • 白っぽいカテージチーズのようなポロポロとしたおりものが特徴的にあらわれたら、カンジタ膣炎の可能性大!
    妊娠中、もっともなりやすい陰部の病気「カンジタ膣炎」。

  • 膣カンジダ症が生じるきっかけとは、おむつや生理用品などを長時間使用することで生じる「外陰部のむれ」になります。

    また、数多く性交を行うとその分膣内が汚れやすくなります。さらに、妊娠や糖尿病などの体の抵抗力が低下するとカンジダ真菌が増殖しやすくなります。
    出典 :膣カンジタ症の発症のきっかけって何?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など18000件以上
     

    妊娠中の性行為もほどほどに・・・。

  • カンジダ膣炎の原因は、体力の低下や免疫力の低下、妊娠、抗生物質の服用などです。風邪や膀胱炎の治療のために抗生物質を飲んだら数日後にカンジダ腟炎になった、というのはよくあるケース。これは抗生物質で膣内の善玉菌まで除菌されてしまい、本来は一定量から増えないはずのカンジダ菌が異常増殖して引き起こされるのです。
    出典 :2/2 カンジダ膣炎の症状・原因 [婦人病・女性の病気] All About
  • 不完全菌に属する酵母の代表的なものであり、もともと性器周辺やその他の体表に存在している菌、いわゆる常在菌で、健康な人体は免疫により過度の増殖を防いでいるが、体調の悪化などで免疫力が落ちると繁殖して日和見感染を起こすことがある。
    出典 :性器カンジダ症 - Wikipedia