時期は?痛みは?歯並びは?知っておきたい、幼児 歯の生え変わり

幼児 歯の生え変わりにおいて、ママが知っておきたいことについてまとめてみました!歯の生え変わりを経験したのは随分前で痛かったことしか覚えていない、というママが大半ではないでしょうか?どの時期にどの歯が生え変わるのか、さらに乳歯が抜けることで永久歯の歯並びへの影響はあるのでしょうか?

view59

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 幼児 歯の生え変わり

  • 子どもの歯は乳歯から永久歯に生え変わるもの

     

    生後六か月頃から生え始める、乳歯。生え始めた頃は我が子の成長に喜びを覚えたママも多いのではないでしょうか。およそ二三歳で生えそろう乳歯ですが、一体いつ頃永久歯へと生え変わるのでしょうか?

  • 乳歯から永久歯へと生え変わるのは、大体いつ頃なのでしょう?ママの中には鮮明に自分の歯の生え変わった時を覚えている人もいるかもしれませんね。痛みはあるものの、これで永久歯が生えてくる、大人の仲間入りだと誇らしい気持ちを抱いていたかもしれませんし、どうしてこんなに痛い思いをするのかとグラグラ揺れる乳歯にうんざりしていた人もいるかもしれません。大人になるための通過として経験するこの永久歯への生え変わりですが、その時期や痛み、さらには永久歯への歯並びに影響などはあるのでしょうか?
    まずは、永久歯への生え変わりの時期から。

  • 身体の成長にともなってあごも成長し、6歳頃から12歳頃にかけては「乳歯」から「永久歯」へと生えかわっていきます。
    出典 :[オーラルケアの基礎/歯と口腔内の基礎知識]|LDH
  • 下の奥に6歳臼歯と呼ばれる永久歯が生えてくるタイミングで、下の前歯の乳歯がグラグラしてくる場合が多いですね。
    出典 :子どもの乳歯がグラグラしてきたら? | 京都の矯正歯科・河原町歯科医院
  • だいたい就学前後から歯が生え変わり始めるようです。六年ほどかけてゆっくり永久歯へと生え変わるんですね。歯がグラグラしてきたら生え変わりのサイン!グラグラしてもなかなか抜けず、焦れったく思ったのが懐かしく思えますね。
    さて、そんな歯の生え変わりですが、生え変わった永久歯はとても繊細なんだそう。どういうケアが必要なんでしょうか?気をつけるべきポイントはあるのでしょうか?

  • 生えたての歯の表面は粗いため汚れがつぎやすく、酸に対しても十分な抵抗力がないため、むし歯になりやすい状態にあります。早い時期からフッ素を活用するなど、積極的にむし歯予防をしましょう。
    出典 :[オーラルケアの基礎/歯と口腔内の基礎知識]|LDH
  • 乳歯でもフッ素を塗布することが増えているようです。生え変わった永久歯もフッ素の塗布をすることで虫歯を防ぐ効果があるようですね。乳歯は虫歯になりやすいと言うものの、乳歯でも虫歯に悩まされていたママにとっては、永久歯の生え変わりを機にフッ素塗布を考えてみるのもいいかもしれませんね。

  • 生え変わりで乳歯がグラグラ・・・どうしたらいい?

  • おおむね前歯から生え変わりが始まるよう。

     

    永久歯が生え始め、押されるように乳歯がグラグラし始める・・・という印象ですが、グラグラし始めた乳歯はどうすればいいのでしょうか?昔ながらに糸で巻いて抜いたり、気になるからと無理矢理指で抜いてみたり、それともそのまま放っておいたり・・・一体どうするのが歯にとって一番いい方法なのでしょうか?

  • グラグラし始めた歯は何とも居心地の悪いもの。気になってついつい抜けそうな歯を触ってしまうことも。このグラグラの歯はどうすればいいのでしょうか?気にはなるけれど、無理矢理抜くのはどうも歯に悪そう・・・かといってそのままにしておくのも、いつ抜けるのかとそわそわしてしまうもの。そうは言ってもやはり自然に抜けるのを待つべきなのでしょうか?

  • 歯がグラグラしてきて食事の際に痛みを訴えるような場合は、無理に取ろうとしなくても自然に取れることもあります。
    出典 :子どもの乳歯がグラグラしてきたら? | 京都の矯正歯科・河原町歯科医院
  • 自然に取れそうな時は取ってしまって問題ありませんが、ちょっとグラグラする程度では、まだ簡単には取れないことが多いので、一気にとってしまおうとせず、お子さん自身が舌などで時間をかけて動かすようにしていると取れやすくなります。
    出典 :子どもの乳歯がグラグラしてきたら? | 京都の矯正歯科・河原町歯科医院
     

    そのまま自然に任せるのが一番いいよう。

  • 昔ながらの歯に糸を巻き付けて引き抜く方法は、とても痛い場合もありますのでおすすめできません。
    出典 :子どもの乳歯がグラグラしてきたら? | 京都の矯正歯科・河原町歯科医院
     

    昔ながらの方法はあまり良い方法ではないよう。一気に抜けるとは言っても、痛みに歯が抜けることを怖がってしまうようになっては可哀相ですね。

  • ただし、あまりに長い期間グラグラが続き、抜けないようなら歯医者で診察してもらった方が良さそうです。

  • 歯の生え変わりが歯並びに影響する!?

  • 永久歯へと生え変わる時が肝心?

     

    歯並びは見た目だけでなく、姿勢などにも影響すると最近では言われています。歯の生え変わりの際の生え方が、歯並びに影響を与えることはあるのでしょうか?だとするなら、どういった点に気をつけるといいのでしょうか?

  • 最近では見た目だけでなく姿勢などの観点からも、歯並びを重視する傾向が窺えます。歯の矯正器具を付けている人も珍しくはなくなってきました。矯正器具はあるとは言え、最初から歯並び良く生えてきてくれればそれが一番いいものですよね。永久歯へと生え変わる時期、歯並びに関して気をつけるべき点はあるのでしょうか?

  • 乳歯の生え変わりのは自然に生え変わらないことも多いく、実は乳歯の生え変わりの時のトラブルが永久歯の歯並びに影響することもあります。
    出典 :乳歯の生え変わりの時、歯並びを悪くしないための対処法
  • 生え変わりの際のトラブルを防ぎ、歯並びを良くするためには、一体どうしたらいいのでしょうか?

  • 乳歯の虫歯は永久歯の歯並びを悪くする
    出典 :乳歯の生え変わりの時、歯並びを悪くしないための対処法
     

    乳歯は虫歯になりやすいとは言っても、その虫歯が永久歯にも影響を及ぼしたり、さらには歯並びにもその影響が及ぶようです。きちんと治療することが大切ですね。

  • 虫歯によって噛む力が弱くなる
    骨は筋肉に引っ張られることによって大きくなります。乳歯が虫歯で固いものを噛むことができないとあごの骨は成長できずに歯並びが悪くなります。
    出典 :乳歯の生え変わりの時、歯並びを悪くしないための対処法
  • 噛む力も歯並びと関係しているのですね。虫歯によって噛む力が育まれずにいると、永久歯に生え変わっても歯並びが悪くなってしまう可能性も。子どものうちは歯医者を怖がって治療を受けたがらない場合も多いですが、根気よく治療をすることが大切なようです。