思わず触りたくなるキレイな髪♡仲間由紀恵さんみたいなキレイな髪になりたい!!

仲間由紀恵さんの髪ってほんとにキレイな黒髪ですよね♡思わず触りたくなるようなきれいな髪になりたい!!ヘアケアについてまとめました。

view733

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 仲間由紀恵さんのヘアケア方法

  • 仲間由紀恵さん

     

    俳優、 女優
    誕生日 1979年10月30日
    星座 さそり座
    出身地 沖縄
    せい別 女
    血液型 A型

  • 読売新聞に、女優の仲間由紀恵さんへのインタビュー記事が載っていたそうです。Q美しい髪が印象的ですが、お手入れで気を使っていることは? A最近は、地肌を健康にすることでこれから出てくる髪の質を高めるというヘッドスパに注目しています。美容室で教えていただいて自分でできるマッサージなどをしています。
    出典 :なぜ、仲間由紀恵さんの髪は、あれほど美しいのか?|【ヘアケアーマイスターのいる船橋美容室オーナ@櫻井のブログ】
  • ○○などのシャンプーのコマーシャルに出てくるのでそのシャンプーで美しい髪になったと多くの方は錯覚してしまいます。シャンプーの中に入っているシリコーンなどでツヤが出たり手触りがよくなったように見えても本物の輝きにはかないません。美しい髪が生えるのは健康な頭皮からです。
    出典 :なぜ、仲間由紀恵さんの髪は、あれほど美しいのか?|【ヘアケアーマイスターのいる船橋美容室オーナ@櫻井のブログ】
  • 美髪を育てる頭皮マッサージの基本

  • 頭皮マッサージの方法(実践編)

     

    頭皮マッサージで血行をよくして、髪を元気にしましょう。

  • ① 4本の指の第一関節、指の腹を使ってマッサージします。
    ② 指は頭皮に密着させ地肌を引き上げるように動かし、決して頭皮を擦らないでください。
    出典 :2/2 美髪を育てる! 頭皮マッサージの基本 [ヘアケア] All About
  •  

    力の入れ具合が、難しいですがゆっくりやってみましょう。
    皮膚が動いて、ちゃんと引き上げると目が吊り上がります。

  • ③耳の上に指の腹をあてて下から上に地肌を引き上げるように「1・2・3」というリズムで一箇所3回づつやってみましょう。 一箇所マッサージしたら徐々に頭のてっぺんに向かって指をずらして行きます。最後は指が頭頂部で交差するまでマッサージします。
    出典 :2/2 美髪を育てる! 頭皮マッサージの基本 [ヘアケア] All About
  •  

    こちらの場合も同様に皮膚を動かしましょう。

  • ⑤同じように生え際から頭頂部へむかってマッサージ
    ポイントは力を入れずに呼吸に合わせてゆっくり指を動かすこと。ヘッドマッサージを行うと、頭の血行が良くなり気分もスッキリするので、空いた時間にぜひやってみてください。
    出典 :2/2 美髪を育てる! 頭皮マッサージの基本 [ヘアケア] All About
  • 正しい髪の洗い方

  • 正しい髪の洗い方

     

    頭皮マッサージをして、血行をよくし正しく髪を洗って美髪を手にれよう!

  • 髪の毛の洗い方によって、髪を良い状態を保つことができたり、反対に髪を傷めてしまう原因にもなります。そこで、美髪になるための髪の洗い方についてお話します。まず、髪の毛を洗う前にはブラッシングをして、地肌についた汚れを浮かしたり髪が絡まっているところをほぐしましょう。それが終わってからしっかりと髪の毛を濡らします。
    出典 :洗い方【髪の傷みケア~美髪になれる3つのポイント】
  • ここで、髪が濡れていないとシャンプの泡立ちが悪くなるだけでなく、髪同士の摩擦が強くなり、髪を傷めてしまう恐れがあります。このとき水の温度にも気を配る必要があります。水の温度が高すぎると頭皮を傷めたり乾燥の原因になり温度が低すぎると毛穴が十分開かないので、毛穴に詰まっている皮脂をしっかり洗い流す事ができません。
    出典 :洗い方【髪の傷みケア~美髪になれる3つのポイント】
  • そのため40度くらいの温度が髪の毛を洗うときの温度して適当です。 次にシャンプを手の平に適量出して水を少しなじませてから地肌につけます。地肌を指の腹でマッサージするように揉みこみ、しっかり泡立てます。その後シャンプが地肌に残らないようにしっかりすすぎをします。頻繁に洗う時は2回に1回はシャンプをつけない等負担を減らしましょう。
    出典 :洗い方【髪の傷みケア~美髪になれる3つのポイント】
  • 正しい髪の乾かし方

  • 正しい髪の乾かし方

     

    ドライヤーの熱などあまりよくないのでは?と思ってしまうのですが、どのように乾かせば美髪になれるのでしょうか?

  • 髪の毛を濡れた状態でいきなりドライヤーはあまり好ましくありません。タオルでしっかりと水分を吸い取ります。ゴシゴシと激しくこすりつけたり、乱暴にしないようにしてくださいね。 髪の毛を包むように、軽く抑えたり、ポンポンと叩いたりして吸い取ってください。濡れた髪の毛は、濡れたダンボールに例えると分かり易いです。
    出典 :髪の毛の乾かし方(ドライヤーのかけ方)
  • 濡れたダンボールってすぐに表面が剥がれますよね?それと同じで髪の毛も濡れていると傷みやすい状態にありゴシゴシされるとダメージが必要以上に多いのはお分かりいただけますよね。あまりやりすぎると水分と一緒に必要な脂分も吸い取る可能性があるので注意です。ドライヤーは髪から最低でも20cmは離してかけてください。
    出典 :髪の毛の乾かし方(ドライヤーのかけ方)
  • 最初は強で、髪の毛を手で持ち上げるように、根元の方からかけていきます。毛先は無理にかけなくても根元の方から乾かしていくとその余熱や伝導熱である程度乾きます。 毛先が一番ダメージを受けやすいので極力かけないようにしてください。 頭皮や根元がしっかり乾燥していないと跳ねの要因や臭いの要因にもなりますので注意してください。
    出典 :髪の毛の乾かし方(ドライヤーのかけ方)
  • 熱風は70~80%ほど髪の毛が乾いたら冷風に切り替えて整えていきます。 温風で最後まで乾かすと思っている人が多いですが冷風で乾くんです。 夏場は冷風だけで乾かしても髪の毛が乾き切れば問題ありません。ドライヤーで髪を痛めるのは暖かい風が原因です。冷風で仕上げることにより、キューティクスが収縮してサラサラなツヤのある髪ができあがります。
    出典 :髪の毛の乾かし方(ドライヤーのかけ方)