「角膜ヘルペス」になる原因って何!?

角膜ヘルペスになってしまう原因って何なのでしょうか???
今回は角膜ヘルペスについてご紹介したいと思います!

view288

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 角膜ヘルペス

  • 角膜ヘルペスとは

     

    角膜ヘルペスとは単純ヘルペスウイルスの
    感染によって角膜に炎症が生じる病気だそうです
    乳幼児に感染することが多いですが
    ほとんどの場合、角膜ヘルペスを発症せず
    角膜知覚神経に潜伏するようです

  • 単純ヘルペスウイルス(皮膚の単純疱疹(たんじゅんほうしん)や唇の「熱の花」の原因となるウイルスでもある)による角膜の感染と、それに対する免疫反応によって起こる病気です。
    出典 :角膜ヘルペス - goo ヘルスケア
  • 角膜神経に単純ヘルペスウイルスが感染しておこる病気が角膜ヘルペスです。
    出典 :角膜ヘルペスとは:目の病気ナビ
  • 原因

  • ウイルスが潜伏感染していることがあり、このいわば眠った状態のウイルスがストレスや体調不良、熱発、気温の低下などが引き金となって目覚め、角膜の表面に出てくることによって角膜ヘルペスが発症します。
    出典 :角膜ヘルペス - goo ヘルスケア
  • 症状

  • 樹枝状角膜炎、異物感、充血、視力低下、流涙など。
    何度も角膜ヘルペスが再発すると角膜全体が混濁して、治療しても視力障害を残す危険性があります。
    出典 :角膜ヘルペス(症状/検査/治療)
     

    何度も発症すると危ないですね

  • 角膜ヘルペスの発病初期はまぶたの裏がごろごろして、涙が出て止まらず、まぶしい、ものが見えにくいなどの症状が現われます。角膜の表面には樹木の柱のような傷(樹柱状潰瘍)がみられ、この典型的な病変によって角膜ヘルペスと診断がつきます。
    出典 :角膜ヘルペスとは:目の病気ナビ
     

    涙が止まらなくなったら要注意ですね

  • 症状

     

    上皮型では、充血と軽いころつき、時に痛み
    視力の低下は軽度なのです
    実質型では、充血とともに視界がぼやけ
    視力がかなり低下します

    画像は参考にしてくださいね

  • 治療法

  • ヘルペスウイルスに有効な抗ウイルス薬による点眼や軟膏を使用することで、治療が可能です。角膜ヘルペスの症状が進行して実質性角膜ヘルペスを引き起こしている場合は、抗ウイルス薬と消炎薬を用いて治療します。
    出典 :角膜ヘルペス(症状/検査/治療)
  • 単純ヘルペスウイルスに対する特効薬としてアシクロビル(ゾビラックス)という薬があり、これを眼軟膏(がんなんこう)として使用します。ただ実質型では、体の免疫反応を抑えないと混濁がよくならないので、副腎皮質ステロイド系の点眼薬を併用します。
    出典 :角膜ヘルペス - goo ヘルスケア
  • 角膜ヘルペスの治療には抗ウイルス剤のアシクロビル眼軟膏がよく効きます。ほかにIDU点服薬も有効です。また、抗ウイルス薬(イドクスウジジン、ビダラビン、アシクロビルなど) の点眼をおこないます。
    出典 :角膜ヘルペスとは:目の病気ナビ
  • 角膜炎を何度も再発して視力が著しく低下しても、角膜移植手術で治る可能性がありますので、眼科専門医に相談してみてくだざい。
    出典 :角膜ヘルペスとは:目の病気ナビ
     

    今では色々な手術を使う事によって出来るだけ視力がもどるよう
    治療をしてくれる所も増えてきています
    相談してみても良いかもしれませんね