すぐ知りたい!妊娠中に解熱剤って使えるの?

妊娠中であっても風邪などによって発熱する事はあります。妊娠中に解熱剤ってどうなの?使えるの?掛かり付けの産婦人科に行けばいいの?妊娠初期などの、分からない事だらけで心配になっているプレママのために、薬について役立つ情報をまとめます。

view33

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の薬の服用については慎重に。

  •  

    妊娠初期の女性は、喜びと不安の両方が訪れている事でしょう。日々変化していく自分の体調には、常に気にしなくてはなりません。妊娠初期であっても既に妊婦であって、胎児が存在することを忘れてはいけません。全ての行動に対して慎重になるべきなのです。

  • 妊娠中の発熱については、他の体調不良と同様に、原因を明らかにして、早期に適切に対処することが重要です。
    出典 :妊娠中の服薬-特に解熱剤について|大阪府立急性期・総合医療センター
     

    妊娠初期などの母体はいつもより温かく感じられることは良くありますし、あなたの体が妊娠を受け入れている証拠でもあります。だからと言って、発熱している場合には、妊娠ではない他の異常を疑わずにいることは正しいとは言えません。明らかに調子が悪いと感じる場合など、些細な事でもすぐに病院へ行くことをお勧めします。

  • 妊娠中や授乳中にお薬を飲むことは、おなかの中の赤ちゃんに影響を与える可能性がありますので、普段以上に慎重になっていただくことが大切ですし、多くの方はとても気をつけていただいています。
    出典 :妊娠中の服薬-特に解熱剤について|大阪府立急性期・総合医療センター
     

    妊娠初期段階で、始めに気にする事は、妊娠に気づくまでの行いだと思います。薬についての不安を抱える人も多いですよね。実際、妊娠を希望している人で、その事に気づく前の体調不良に対して、風邪薬などを飲もうと考えて行なった妊娠簡易検査をしたら気づいた場合や、病院で薬を処方する際、念のために行なわれた尿検査などで発覚するなどもよくあるパターンです。それほど、妊娠を望まれている人には薬は気をつけなければならない対象にされています。

  • 病気の治療のためにお薬を使うことは、お母さんの健康を守るためにどうしても必要な場合も多くありますし、お母さんの病気が赤ちゃんに悪い影響を与えることも考えられますので、お母さんが薬を使わないことがどんな場合にも最善の選択肢ではありません。
    出典 :妊娠中の服薬-特に解熱剤について|大阪府立急性期・総合医療センター
     

    だからと言って、自分の勝手な判断や周りにいる人の意見などで、常備薬などを服用する事を止める事は正しい考えとは言えず、危険な場合も在り得ます。自分で判断してしまうなどという事をせずに、まずは掛かり付けの医師や、産婦人科の医師に直接相談しなくてはなりません。妊娠していることが分かった時点で、既に自分一人の問題では無くなっている事を思い出してください。

  • では、妊娠中に解熱剤は?

  • 妊娠中に安全に服用できる解熱鎮痛剤はないのです。少し補足します。内服薬や坐薬ではないと言った方がよさそうです。注射や点滴であれば安全に使用できるものもあります。
    出典 :妊娠中に安全に服用できる解熱鎮痛剤|産婦人科専門医・周産期専門医からのメッセージ
     

    妊娠中に解熱剤を使用することは出来ないのですね。湿布などの貼るタイプでも使用する事は出来ません。胎児の事を一番に考えなくてはなりませんので、やはり、素人の考えで安易に使えるようなものは存在していないようです。

  • 入院中の妊婦さんや手術が必要な妊婦さんの場合には使用できる解熱鎮痛剤もあるのですが、外来通院中の妊婦さんが頭痛や歯痛を訴える場合には安全に服用できる解熱鎮痛剤はないことになります。
    出典 :妊娠中に安全に服用できる解熱鎮痛剤|産婦人科専門医・周産期専門医からのメッセージ
     

    産婦人科では、痛みや熱を訴える妊婦さんは沢山いるようです。でも、医師からの薬の処方は無くても、それを和らげる方法を教えてくれたり、辛い時に話しを聞いてくれる優しい助産師さんなどは多くいます。辛いのはあなた自身ですが、一人で抱え込んでいるのは胎児の成長にも良くないですからね。

  • 妊娠中(妊娠初期)に風邪を引いてしまった場合は、病院にもよりますが、差し障りのなり漢方系の薬を出してくらえる場合もあるようです。
    出典 :妊娠中、妊娠初期の風邪★薬を飲まないで治すには?
     

    漢方薬なら飲める場合は実際に在りますので、漢方薬を取り扱っている産婦人科などを前もって調べておいて、その医師に相談するといいですね。ただし、漢方薬は体のバランスを整える手伝いをするような緩やかな効き目ですので、やはり母体を十分に休ませる事が一番いい方法と言えるでしょう。

  • 薬に頼らない方法だと、どんなのがある?

  • 昔から行われていた民間療法、つまりお婆ちゃんの知恵を活用します。
    出典 :医師や看護婦は飲まない?薬を使わずに風邪を治す方法
     

    病院にも行っても薬が出せないとなると、やっぱりお婆ちゃんの知恵に頼るしかないですよね!自然治癒力のちからを高めていきましょう。案外、素直に実行してみると効果が表れる場合も在ります。

  •  

    お婆ちゃんは妊婦の先輩でもありますしね!機械や薬などを頼らなかった昔の話を聞くことは、とても大切です。

  • お布団に入り、一枚で足りなければ二枚掛け布団をしたりして、とにかく温めます。体の中から温めることも大切ですので、生姜湯などの温かい飲み物を飲みましょう。
    出典 :医師や看護婦は飲まない?薬を使わずに風邪を治す方法
     

    熱が出る場合には、体の中でウィルスと戦っている証拠。熱をむやみに下げていてはよくなりません。寒いと感じる場合には、まずは体を温めてみましょう。

  • 熱が下がってくるポイントがあります。その証拠が、寝汗を大量にかくということです。
    出典 :医師や看護婦は飲まない?薬を使わずに風邪を治す方法
     

    熱のピークを超えると、お布団を蹴りたくなるような暑さが訪れますよね!それがポイントになります!汗を沢山かいて、体の熱が下がってきたら急いで着替えましょう。妊娠中は体を冷やす事は避けなければなりませんし、清潔に保つ事もとても大切です。