和服に合う化粧はどんな化粧をすればいいの?

和服に合う化粧って悩みますよね。
どんな化粧をしたらよいのかをご紹介します。
着物を着ると、なんだか晴れやかな気分になれませんか。
浴衣を着た時や、晴れ着を着た時のメイクのテクニックなどについてもご紹介いたします。

view31

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 和服に合う化粧をしてみましょう

  • 和服を着る機会はたくさんあります

     

    日本人女性には、和服を着る機会がたくさんありますね。
    たとえば、夏なら浴衣を着たり、お正月には晴れ着を着る、お茶やお花をならっている方であれば、お稽古着として着物を着る機会もあるかもしれませんね。

    そんなとき、いつもと同じメイクではいけません。
    TPOに応じたメイクをしましょう。

  • 和服に合う化粧は、いつものメイクより、ちょっと派手目にするというのをこころがけてメイクするのが一番です。

    ファンデーションはマットに塗り、目元のメイクはいつもよりもはっきりとアイラインを描きたすのが鉄則です。
    またリップメイクは、はっきりとした色合いのものを選ぶと着物に引けを取ることはありません。

  • ベースとなるファンデーションの色は肌に近いものを選びましょう。

     

    着物メイクの時、思わず、自分の肌より明るいファンデーションを選びたくなってしまいます。
    でも、ちょっと待って!!

    首との境にくっきりと色が二層に分かれてしまうので、やはり自分の肌に合うものを選びましょう。


    ベースとなるファンデーションの色は肌に近いものを選びましょう。

    ベースメイクのポイントはいかに立体感があるように見えるかです。
    顔が平面ぽく見えると、不自然なので、ハイライトを上手に活用して、立体感のある顔を目指しましょう。

  • 着物メイクの眉の描き方もポイントがあります。

     

    着物メイクをしたときの眉の描き方も当然ポイントがあります。

    和装美人に見せるためには、いつもの細い眉は厳禁です。

    眉山は平たんなカーブを描くようにやや丸みを持たせてかきましょう。
    やさしいイメージに見せるつもりで描くと失敗がありません。

  • 和装美人のポイントは切れ長の瞳にあります

     

    和装美人の秘密のポイントは、すっきりとした切れ長の目にあります。

    切れ長の目のポイントは、

    アイホールにアイシャドーをやや広くのせていきましょう。
    黒のアイライナーを使って切れ長のラインを引きましょう。

    まつげはあまりビューラーで持ち上げない方がよいでしょう。

  • 着物の時のアイシャドー選び

     

    アイシャドーはどのようなものを選べばいいのでしょうか?

    着物の色に合わせて選ぶ方法と、自分の顔色に合わせて選ぶ方法があります。

    迷うときは、着物を着た時のインパクトが強いので、着物の色に合わせて色を選んでも素敵です。

  • 着物を着たときのチークの入れ方

     

    着物を着た時のチークの入れ方は、頬にやや広めに入れていきます。
    着物の柄が華やかなので、頬も赤味をさしておくと顔色が華やんで見えます。

    着物の色に合わせてチークの色を選ぶのもいいかもしれません。

  • チークの色選びは?

     

    着物を着た時のチークの色選びは、オレンジ系やピンク系が華やかに見えます。

    着物の柄に合わせて色を選ぶのも一つの方法です。

  • 口紅の色選び

     

    着物を着た時の口紅の色選びは、着物の色と自分の顔色に合う口紅を選ぶことが一番です。
    日常のメイクでも使える口紅を新調してもいいかもしれません。

    大人の色気を出すために、グロスで仕上げてもいいかもしれませんね。

  • 着物のメイクを完璧にしたら、ネイルも楽しもう

     

    着物のメイクを完璧にしたら、ついでにネイルのおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

    こちらは和装に似合うフレンチネイルですが、着物以外にも指先にも自然に視線が向けられるのではないでしょうか。