「中心性網膜炎」は男性に多い病気です!

中心性網膜炎とは、働き盛りの男性に多い病気です!
いったいどんな病気なのでしょうか???

view188

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中心性網膜炎

  • 中心性網膜炎とは

     

    中心性網膜炎は中心性漿液性脈絡網膜症とも呼ばれ
    黄斑と呼ばれる網膜の中心に水がたまって
    視野異常を引き起こす病気です
    30代~40代の男性に多いそうで
    片目に発症する場合がほとんどなのです

  • 網膜の中心にある黄班部(視覚にもっとも大切な場所)に浮腫(むくみ)が生じる病気です。30~50代の働き盛りの男性に多く、ストレス社会が引き起こした病気であるとも言われています。
    出典 :中心性網膜症
  • 網膜の後ろにある脈絡膜(ほとんど血管からできている組織)から血漿(けっしょう)がもれ出して網膜の下にたまり、網膜がドーム状に剥離(はくり)する病気です。
    出典 :中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症) - goo ヘルスケア
  • 原因

  • 中心性網膜炎を引き起こす原因ははっきりとはわかっていませんが、ストレスや過労などが原因のひとつとして言われています。
    出典 :中心性網膜炎(症状/検査・診断/治療)
     

    ストレスや過労に要注意ですね

  • 20〜40代の働き盛り、男性、正視ないし軽い屈折異常の人(要するに眼のいい人)に起こりやすいことが知られています。
    出典 :中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症) - goo ヘルスケア
  • 原因

     

    以前から肉体的・精神的なストレスが
    誘因になるともいわれています
    正確な原因はわかっていません

    原因が分かれば、今後色々な対応策を
    考える事が出来るのですが
    残念ですよね

  • 症状

  • 中心暗点、中心部の色がおかしい、小視症、変視症など。
    変視症とはものがゆがんで見える症状のことです。
    このような症状が片目だけに起こります。
    出典 :中心性網膜炎(症状/検査・診断/治療)
     

    片目だけなのですね

  • 1. 変視症:片目でみると物(特に線や格子状のもの)が歪んで見える。
    2.中心暗点:見ようとする場所の中心あたりが暗くまたは白く見える。
    出典 :中心性網膜症
  • 視野の真ん中が何となく見えにくい、黄色く見える、物が小さく見える、ゆがんで見えるなどが現れます。治ったあとも、何となく見えにくいという症状がしばらく続くことが多いようです。治癒と再発を繰り返したり、何年かして再発することもめずらしくありません。
    出典 :中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症) - goo ヘルスケア
  • 治療方法

  • 薬物療法では消炎酸素薬や網脈絡膜循環改善剤などがあります。その他の治療法ではレーザー光凝固治療があります。
    出典 :中心性網膜炎(症状/検査・診断/治療)
  • 自然治癒傾向の強い病気でもありますが、漏出点が多数あり、中心窩(黄斑部のど真ん中)から離れていれば、光凝固(レーザー治療)治療を行った方が経過がいいと考えます。レーザー治療はもちろん保険適応になっております。
    出典 :中心性網膜症
     

    保険適応外の治療は高くて全然受ける事が出来ないですよね
    適応していて安心しました