くも膜下出血は遺伝しない。しかし遺伝しやすい病気

くも膜下出血の原因の一つが遺伝だと言われています。しかし、必ずしも家族がそうだから発症するというわけではありません。くも膜下出血の原因について知っておきましょう。

view595

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • くも膜下出血が遺伝しやすいのはなぜ?

  • くも膜下出血の原因は生活環境にあります。偏った食事や運動不足、ストレスなどが原因となる場合があります。同じ環境で生活している家族は同じ病気を患うことはよくあることです。

  •  

    くも膜下出血の原因の一つは偏食や運動不足、ストレスなどで動脈硬化を引き起こすことです。

  • 猫背が首の血管を慢性的に圧迫し、そこに首をぶつけたり急激に曲げたり等の何らかの衝撃が加わったとき、血管が割けてしまったり詰まったりしてしまう危険性があります。それが脳梗塞やくも膜下出血につながる恐れがあります。
     

    血管の詰まりはよくありませんね。

  • 「くも膜下出血」のすべて (小学館101新書): 堀 智勝 http://t.co/aWZbmeN4jO 発作は月曜日の朝にやってくる!?2010年4月、プロ野球読売ジャイアンツの木村拓也コーチが37歳の若さでくも膜下出血により亡くなったのは記憶に新しい出来事です。脳卒中(脳梗…
     

    若くてもくも膜下出血は起こす危険性があります。

  • 家族や親戚にくも膜下出血を発症したことがない人がいないとしても、生活習慣の乱れによって高血圧や高血糖といった生活習慣病をわずらうと、動脈硬化を引き起こしてしまうため、くも膜下出血が発症するリスクが跳ね上がります。栄養の偏った食事や運動不足が続くと、くも膜下出血発症のリスクも上がっていくことを覚えておいてください。
    出典 :誰の命も脅かす——くも膜下出血は怖い病気 - 脳の病気ガイド
     

    日常生活を見直し、動脈硬化を予防することが大切ですね。

  •  

    遺伝はしないと言われても、家族でくも膜下出血を引き起こしている例は少なくありません。体質が似ていたりすると、危険性は高まります。

  • 血液(の状態)大事。
    高脂血症の真逆の私はさらさら過ぎて、止血しにくい体質。
    高脂血症自体、なりやすい遺伝形質があるっぽい。
    あと、くも膜下出血は破裂につながる「血管の瘤」が先天的にできやすい家計があると聞くけど。
     

    家族で体質が似ていることはよくありますね。

  • くも膜下出血ってほんと怖くて自分が凄く恐れてる病気なんだよね。 隔世遺伝性の病気でばあちゃんとかじいちゃんでくも膜下出血で亡くなったりすると孫に発症する確率が上がるらしくて、わたしの父方の母がくも膜下出血だったんだって、だからまあ大袈裟かもしれないけど無視できなくて、怖くて……。
     

    隔世遺伝という可能性もあるのですね。

  • 遺伝と言う事を考えると、危ないな~と思うのは妻と娘です。二人を見ていると、義母と体質がとても似ているからです。例えば打ち身で青あざが出来易い、血管が細い、むくみ易い、注射の出血が止まりづらい、体力がない、生理痛がひどいなどです。3人に共通することは血管の構造が弱そうなことで、そのために普通の人よりも破れ易いのではないかと感じるのです。それから想像すると、血管の構造が弱いために脳動脈瘤が出来易いのではないか、それが破裂してくも膜下出血になるかもしれない・・・そのような危険性をも感じるのです。
    出典 :ちょっと役立つ話 : くも膜下出血のリスクが高い妻と娘のために。
     

    体質は改善でくるもの。早めの対応が必要です。

  •  

    くも膜下出血は隔世遺伝の可能性もあると言われています。家族にくも膜下出血の人がいるなら、検査をこまめにして予防をしましょう。

  • @SG_tadashi 初めて「偏頭痛」を発症したっぽいんですが、両親の家系にくも膜下出血を発症した人が何人かいるらしいので、遺伝性の偏頭痛が悪化すると最悪ミーもくも膜下出血になるかもらしいです とりあえず精密検査しろとのことでした
     

    少しでも心配があるなら、検査をしましょう。

  • ハロルドが病院に行っておいた方がいいと心配するので、一度行こうと思っていた駅にある"北原ライフサポートクリニック"に行った。父がくも膜下出血だったから、遺伝的にリスクがあるので頭痛はちょっとコワイ。直ぐにMRIと血液検査をしてくれ、結果説明もわかりやすかった、問題なくて安心した。
     

    検査をして異常がなければとりあえずは安心できます。

  • くも膜下出血は遺伝的要因の強い脳血管系疾患ですが、その引金となる危険因子として飲酒や喫煙、食事などの生活習慣が強く指摘されています。
    そのため家系的にくも膜下出血を起こしやすいと考えられる場合は、その原因疾患を予防するために、喫煙や飲酒を控え、ストレスや疲れをためず、規則正しい生活を心がけることが大切です。
    出典 :くも膜下出血の原因 / 病気の正しい知識
     

    遺伝であっても予防することは可能ですね。

  • くも膜下出血は遺伝性もあると言われている疾患ですが、発症しないように要因となる生活習慣を改善することで、防ぐことができます。