治療しないと、肝硬変・肝臓がんに移行する可能性有り!C型肝炎は、慢性化する前に治療して!

C型肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気で、約30%の患者さんは自然治癒しますが、約70%はほとんど自覚症状がないまま経過し、慢性C型肝炎となります。放置すると、20~30年後に肝硬変や肝がんへ進展するため、注意が必要ですが、多くの人が感染していることすら知らずにいることが現状です。

  • LOL 更新日:2013/08/14

view686

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 肝がんの原因の80%はC型慢性肝炎

  • 肝がん死亡率の推移

     

    日本でのC型慢性肝炎の患者さんは、症状のないキャリア(持続感染者)を含めると150〜200万人いると推測されており、30歳以上の100人に1〜3人がC型肝炎ウイルスに感染しています。しかし医療機関で治療を受けている人は50万人にすぎず、残りの100万〜150万人の中には自分がC型肝炎ウイルスに感染していることに気づいていない人もいる可能性があります。

  • わが国の肝がんによる死亡者数は1975年以降急増しており、2009年には約3万3,000人が死亡し、肺がん、胃がんに次いでがん死亡の第3位を占めるに至っています。そして肝がんの原因の約80%はC型肝炎ウイルス由来であることがわかっています。
    出典 :日本人の患者数とその特徴 | C型慢性肝炎と肝硬変 | C型肝炎 - 新しい治療、新しい可能性 -
     

    国立がんセンター がん対策情報センターによる「最新がん統計(2010年更新版)」より

  • 治療しないと、肝硬変、肝臓がんに移行するかも・・・
    C型肝炎は、慢性化する前に治療して!

  • C型肝炎が肝がんになるまでの経過

     

    C型急性肝炎の約80%は治らずに慢性肝炎となり、肝硬変に進行し、やがて肝がんを発生します。

  • C型肝炎ウイルスに感染して急性肝炎になると、ほとんどの患者さんが治らずに、60~80%の割合で慢性肝炎になります。また、感染から約30年して肝硬変になり、その後肝がんができるといわれています。
    しかし、肝硬変や肝がんになる時期は、感染したときの年齢、感染したウイルスの状態や免疫状態によって差がみられます。すべての患者さんが同じ経過をとるわけではありません。C型肝炎では肝硬変による肝不全死より、肝がんで死亡する患者さんのほうが多いのです。
    出典 :肝炎について
     

    医療法人社団・奥野消火器内科クリニックの「肝臓病Q&A」より
    肝臓病・肝炎・肝硬変・肝がんそれぞれのQ&Aがあり、詳しく、分かりやすく説明してあります。

  • なぜC型肝炎になるの?

  • 散発性肝炎のC型肝炎はいろいろなルートからの感染によりおこります。衛生状態の良くなかった時代の医療行為、注射針の使いまわし、治療針を複数に使う鍼灸治療、人工透析、手術、歯科治療、入れ墨、ピアスの穴あけ、覚せい剤の静脈注射の回し打ち、出血を伴う民間療法などです。そして、頻度は低いものの、母子感染などがあります。

    C型肝炎ウイルスはウイルスの混入している血液が皮膚を突き破って体内に侵入しない限り、感染は成立しません。握手や、同じ皿のものを食べたり、一緒にお風呂に入るなどの日常生活での感染は心配ありません。

    性感染や母子感染も専門家の間で報告はあるものの、実際は極めてまれとされています。
    出典 :C型肝炎 感染経路
     

    C型肝炎の感染ルートの説明です。

  • C型肝炎を予防するワクチンはありませんが、インターフェロン治療により慢性化の阻止が極めて効率よく可能となりました。現在では、輸血や医療行為で感染することも非常にまれとなっています。

    覚醒剤などの回し打ちや消毒不十分な針を用いた刺青(いれずみ)などで、針を介してHCV感染が起きることがあります。また近頃若者に人気のあるファッション刺青やピアスなどでも、不潔な針を用いた場合、HCV感染が起きる可能性があります。
    出典 :C型急性肝炎 - goo ヘルスケア
     

    間違えて針が刺さってしまったら、できるだけ速やかに、流水中で血液を絞り出し(汚染血液の血中への侵入量を最小限にとどめ)た後に、傷口を消毒します。そして、病院へ行き、被汚染者の血液にHCV(C型肝炎ウイルス)が含まれているかどうかを検査します。

  • もしかして、C型肝炎かも?

  • 「最近、非常に疲れやすくなった」「身体がむくむ」という場合、肝臓の病気かもしれません。「手のひらが赤い」「蜘蛛のような赤い腫れ物ができた」という男性は、すでに肝臓がかなり障害されている疑いがあります。早めに病院に行き、肝機能検査を受けられるよう、お勧めします。
    出典 :肝臓病 こんな症状があるなら肝臓病が進んでいる!-健康食品メルファイン-
  • 早期発見が鍵! 心配だったら検査してみましょう

  • HCV(C型肝炎ウイルス)に感染しているかどうかは、血液の検査をして調べます。血液検査では、まずHCV抗体の有無を検査します。HCV抗体陽性の人の中には、「現在ウイルスに感染している人」(C型肝炎ウイルス持続感染者(HCVキャリア))と「過去にHCVに感染したが治った人」(感染既往者)とがいます。

    このため、現在では、C型肝炎ウイルス持続感染者(HCVキャリア)と感染既往者とを適切に区別するために、血液中のHCV抗体の量(HCV抗体価)を測定することと、HCVのコア抗原を検出すること、及び核酸増幅検査(NAT)によりHCVの遺伝子(HCV-RNA)を検出することの3つの検査法を組み合わせて判断する方法が一般的に採用されています。
    出典 :財団法人 ウイルス肝炎研究財団/Q&A/C型肝炎について
     

    厚生労働省・財団法人
    ウイルス肝炎研究財団と社団法人
    日本医師会感染症危機管理対策室
    による

    「C型肝炎について~一般的なQ&A」の
    Q6:C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べるにはどのような検査をするのですか?
    の答え

    他にも、C型肝炎に関するたくさんの疑問の答えが見つかります。

  • 何科を診療すればいいの?

  • 自己負担額を月額1万円から5万円までに軽減! 
    ウイルス性肝炎の医療費助成について

  • 肝疾患コーディネーターを活用しよう