【若年時から気をつけよう】骨密度の低下

骨密度の低下は骨粗鬆症や骨折など様々な危険をもたらします。
できるだけ早く治療や骨折予防対策を始める事が大切なようです。適切な治療や生活習慣の改善により、骨密度の低下をくい止めることができます。

  • choco 更新日:2013/12/09

view253

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「骨密度」とは?

  • 骨密度とは、骨の強さを判定するための尺度の1つ

  • 骨の密度を表しています。
    骨に存在するミネラル(カルシウムなど)がどの程度あるかという単位面積あたりの骨量を示し、骨の強度を表しています。
    骨はコラーゲンやミネラルなどの成分でつくられており、骨代謝により毎日新しい骨に生まれ変わっていますが、骨密度が減少すると骨が弱くなり折れやすくなります。
    出典 :【骨密度とは】平均値は?減った骨は増やせる?
  • 年齢と共に減少していく「骨密度」

  • 骨密度の減少は年齢によるところが大きい

  • 骨密度は体の成長と共に増加し、ある時期を境に徐々に減少していきます。
    骨密度が頂点に達する時期には個人差があるようです。
    頂点に達し低下し始める時期は男性で約25~30歳前後、女性で約20~25歳前後と言われています。
    女性においては更年期とともに閉経を迎え、閉経以降は女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、骨密度は著しく下降します。
    出典 :【骨密度とは】平均値は?減った骨は増やせる?
  • 他にはこんな低下原因も・・・

  • タバコ・生活習慣・遺伝の可能性も考えられる

  • 【生活習慣が原因の場合】
    生活習慣による骨密量低下の原因には、喫煙、アルコールやカフェインの摂り過ぎ、食生活の乱れ、過度のダイエット、ストレス、運動不足などが挙げられます。


    【体型・体質・病気が原因の場合】
    背が低くやせている人も、骨に十分な負荷がかかりにくいので骨密度が低下しやすく、骨粗鬆症になりやすいと言われています。
    出典 :骨密度を低下させる生活習慣
  • 「骨密度」が低いとどんな病気に?

  • 骨粗鬆症
    出典 :骨密度が低い|一般社団法人 日本健康倶楽部
  • 背中が曲がることに現れる骨の変形、骨性の痛み、さらに骨折の原因となる。
    出典 :骨粗鬆症 - Wikipedia
  • 「骨粗鬆症」の治療法

  • 薬で治療されるようです♪

  • 骨粗しょう症の発病には、加齢や閉経以外にも食事や運動の習慣などが深く関わっています。そのため骨の生活習慣病とも呼ばれ、食事療法や運動療法も骨粗しょう症の予防には欠かせません。しかし、骨粗しょう症と診断された場合には薬が治療の中心となります。
    出典 :骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ/治療と目的
  • 「骨粗鬆症」予防法

  • 食事を見直しましょう

  • 食事
    骨の材料となるカルシウム、骨代謝を盛んにするビタミンD、骨の形成を促すビタミンKを十分に摂り、また食事全体の栄養バランスやカロリー量にも配慮しましょう。
    出典 :骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ/予防
  • 運動する習慣を!

  • 運動
    運動不足は骨密度を低下させる原因になります。骨密度低下を防止し増加させる運動は、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどです。体重をかける運動が骨密度増加のために有効です。
    出典 :骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ/予防
  • 若いうちからの予防が大切

  • 早い時期からの予防が大切です

  • 思春期を過ぎた頃になると偏食やダイエットで痩せようとして栄養が偏りがちですが、食習慣の乱れは健康や発育の面でも悪影響をおよぼします。積極的なカルシウム摂取を意識し※ 、バランスの良い食事を心がけましょう。
    運動については、中学・高校時代のクラブ活動などでの運動が、その後の骨密度に良い影響を及ぼすことが明らかとなっています。つまり若いうちに、日常的に強度の高い荷重運動を行うと強い骨がつくられるということです。
    出典 :骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ/予防
  • 骨密度が気になったら・・・こんな測定方法で確認!

  • こちらのサイトでは「レントゲン検査」や「超音波法」など様々な測定法を紹介しています

  • 気になったら早めに医療機関で測定しましょう

     

    できるだけ早く治療や骨折予防対策を始めましょう。適切な治療や生活習慣の改善により、骨密度の低下をくい止めることができます。
    骨折予防は要介護状態になるのを防ぎ、健康な生活を送るうえでとても大切です。