女優の小雪も受けた!?値段が高くても関係ない!?【産後ケア施設】今話題のまとめ

今話題の産後ケア施設
一体どのようなものなのでしょうか
里帰り出産が難しい現代のサービス!

view314

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後ケア施設って?

  • 出産後の育児支援を目的とし、母親と赤ちゃんが一緒に過ごせる宿泊型ケア施設のことです。
    個室が基本で、リラックスした時間が過ごせるようシステム化されており、夫や子供など家族と一緒に宿泊できるスペースも完備されています。
    出典 :産後ケアハウス・産後ケアセンターとは 一般社団法人 日本産後ケア協会
  •  出産後の母親と赤ちゃんをケアする「産後ケア」の需要が高まっている。高齢出産の増加で実家の両親が高齢化したり、両親も働いていたりと、「里帰り出産」が難しくなっていることが背景にあるようだ。(油原聡子)
    出典 :需要高まる「産後ケア」 専門施設で「ゆっくり母に」 - MSN産経ニュース
  • 出産後の女性が心身の回復をはかるための「産後ケア施設」がじわじわと増えています。民間だけでなく、一部の自治体での取り組みも見られます。
    どんなに気力はあっても過信は禁物で、体調がある程度戻るまでの1ヵ月ほどはゆっくり体を休めないといけないのが産後なのです。
    出典 :産後ケア施設が日本でも増加中…かかる費用は? [出産・育児費用] All About
  •  

    出産という大仕事を終えて、ゆっくりできる場と時間をもらえるのはうれしいことですね
    日本だと、里帰りをしたり、家に実母や義母が来て家事などを手伝ってもらって、寝たり起きたりしながら、ベビーの世話に慣れていきます。しかし、特に自宅に親や義母に来てもらうと心身が休まらなかったり、産後の不安定な時期でもあるので些細なことからトラブルになることも……。

  • 徐々に増える施設数

  • 女優の小雪さんが第2子の出産を韓国で行い、退院後に産後ケアを受けたことで話題になりましたが、韓国や中国では出産後の女性が心身を休める場として「産後院」があります。日本ではほとんどなかった施設です。

    核家族の増加でニーズが増えているほか、親に頼れない、頼りたくないなどの微妙な関係性なども理由としてあるかもしれませんが、最近は徐々に増え始めています。
    出典 :産後ケア施設が日本でも増加中…かかる費用は? [出産・育児費用] All About
     

    便利な世の中になりましたが
    核家族問題は深刻そうですね

  •  

    寝不足によるイライラや疲れが解消され、女性が落ち着いて体力を回復する時間をつくるお手伝いをします。
    産後ケアハウス・産後ケアセンターで過ごす期間は、赤ちゃんとの生活に慣れて、退院後の生活をイメージしていく時間です。毎日おっぱいのマッサージを受けたり、赤ちゃんのお風呂の入れ方を学びながら、母親として少しずつ育児に自信をつけていくことができる大切な準備期間なのです。

  • 色々な事をしてもらえる

  • 産後ケアハウス・産後ケアセンターでは、産後ママの休養と体力回復に向けてさまざまケアと癒しのプログラムを提供します。授乳や沐浴の仕方から、骨盤ケア、ヨガ、アロママッサージなど母体の回復を促すケア、さらに育児相談などのカウンセリングや産後の母子にとって心地よい環境づくりなど、いずれも専門家の知識と技術に基づいた質の高いプログラムが用意されています
    出典 :産後ケアハウス・産後ケアセンターとは 一般社団法人 日本産後ケア協会
  • 値段がとにかく高い!

  • ●1泊2日 : 6万3000円~(税込)
    *食事、アロママッサージ、各種指導などの料金含む。
    *産後ケアの内容は、利用者と相談し回復具合などをみながら日数・内容を決める。
    出典 :2/2 産後ケア施設が日本でも増加中…かかる費用は? [出産・育児費用] All About
     

    高すぎる~

  • ●日帰りプラン : 2万円(10:00~18:00)
    *昼食つき。
    *希望により、アロママッサージ(別料金・事前予約要)、フットバス、ハーブミストケア、育児相談、沐浴指導なども受けられます。
    出典 :2/2 産後ケア施設が日本でも増加中…かかる費用は? [出産・育児費用] All About
  • 体験談

  • 「当時は、赤ちゃんが母乳をうまく飲めずに悩み、周囲に相談しても納得いくような答えが出ず煮詰まっていました。産後ケアセンターでは、昼寝をしたり、助産師さんと話しただけで特別なことはしていませんし、結局は母乳も飲めないままでした。でも、助産師さんが赤ちゃんとの接し方を叱らずに見守ってくれたことでママとして肯定された気がしたんです。育児に前向きになれた気がします」(野平さん)。
    出典 :1週間で42万円でも予約殺到! 今人気の「産後ケア施設」ってどんなところ? | 「マイナビウーマン」
  • 今現在すこしずつ体制が整っているようです
    利用してみるのも良いかもしれませんね