そばかす治療、最前線!

今もっとも支持されているそばかす治療とはどんなものなのか?自分でできるそばかす肌のスキンケアについても調べました。

view683

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そばかすとは何か?

  • 医学的には雀卵斑(じやくらんはん)ephelidesという。眼下部から頰骨部に多発する,直径が2~3mmで不規則な形をした扁平な褐色斑で,小児期の女子に多いが,日本人では思春期ころから目立ってくることもある。一般に色白で,日焼けしやすい人に多く,優性遺伝するが,症状の現れ方には差がある。紫外線に当たることによって誘発されるので,顔のほか,手背,上腕,肩など日に当たるところにもみられ,夏季に数が増して色が濃くなるが,冬季にも消えることはない。
    出典 :そばかす とは - コトバンク
  • そばかすとシミの違い

  • シミ

  • シミは言って見れば、あとから出来る後天性の色素沈着のことをいいます。

    それに対してソバカスは、遺伝による原因がほとんどです。

    顔、手の甲、背中に斑点などができて、色が白い人ほど紫外線防御機能が活発に促されますから、それに対してソバカスはどんどんできるというわけです。
    出典 :シミとソバカスの違いは? | ソバカス対策ガイド
  • シミ・そばかすどちらも紫外線の影響や生活の乱れによってできるもので、メラニンの生成過程は一緒だそうです。

  • そばかすは治療で治せる!

  • 遺伝によってできるそばかすは治りにくい・治すのはムリだと思われがちかも知れませんが、適切な治療を受ければ治すことは不可能ではありません。

  • そばかす治療の最前線!

  • そばかすを始め、さまざまな肌トラブルを治療してもらうにはやはりお医者さんが最適でしょう。
    皮膚科や美容外科クリニックで行なわれているそばかす治療を一部抜粋して紹介します。

  • 純粋なソバカスであれば、アレキサンドライトレーザーなどメラニン色素によく反応するレーザー機器による治療がもっとも効果があります。当院では2種類のアレキサンドライトレーザーを症状によって使い分けています。
    出典 :そばかす治療|山手皮膚科クリニック 新宿 高田馬場 早稲田 目白 大久保 池袋
  • 雀斑(そばかす/ソバカス)は、主にスーパーオーロラ(SR・SRA)での光治療を行います。治療用のジェルを塗り、IPL(インテンスパルスライト)とRF(高周波)を照射していきます。IPLによりしみに反応させ美白効果を、RFによりコラーゲン生成を促しお肌にはりを出していきます。1回20分ほどの治療時間で痛みもほとんどなく、治療後もすぐにお化粧できます。
    出典 :しみ治療・そばかす治療・除去/福岡アールスキンケアクリニック美容皮膚科
  • そばかす(雀卵斑)にはレーザーやフォトフェイシャル療法が非常に大きな治療効果を発揮します。そばかす(雀卵斑)自体は肌の体質によるため、完全に消すことは困難ですが、一度治療すると再発しにくくなります。
    出典 :そばかすの治療-美容整形 美容外科|千葉県 船橋中央クリニック
  • レーザーやフォトフェイシャルといった、光をあててそばかす治療するところが多いようですね。
    術後すぐにメイクできるなど治療を受ける側のメリットも高いように思います。

  • 自宅でできるそばかす肌のスキンケア

  • シミと違って遺伝でできるそばかすは、クリニックで治療を受けて治ったとしても、その後また放っておくと再発してしまう可能性は高いです。
    再発を防ぐためにも、自宅で日常的にケアすることは大切です。

  • そばかすの再発を防ぐには

  • 紫外線を避ける

  • 日焼け対策は同時にそばかすの再発を防ぐ方法というわけですね。
    日差しの強い場所に行かない・外では日陰を歩くようにするなど簡単なことから始められます。

  • そばかす対策化粧品を使う

  • 遺伝的にそばかすができやすい肌なのですから、
    そばかす対策に特化した化粧品でスキンケアするのは当たり前のことでしょう。

    ・肌に強い刺激を与えないようにクレンジングする
    ・オイリーなスキンケア用品を使わない

    というのも重要なポイントです。

  • 規則正しい生活をする

  • 不規則な生活をしていると、そばかす再発の原因になります。
    食生活についても、ビタミン・ミネラルがたっぷり含まれたものを食べるなど注意しましょう。