日常生活に取り入れることができる、「脳を活性化」させる方法

脳を活性化させれば、仕事も勉強も捗ります。脳の活性化とは何をすればいいのでしょうか。意外と簡単な事で活性化することがあるようです。

view434

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 脳を活性化させる成分を摂取する

  •  

    日常生活に密接に関係している食事。
    ビタミンやDHAなど様々な脳を活性化してくれる成分があります。
    また、K・リゾレシチンといった成分が脳に効果的なようです。

  • 脳の活性化に良い栄養源を摂取することも効果的です。
    脳の働きを高める栄養源の1つにDHA(ドコサヘキサエン酸)という多価不飽和脂肪酸があります。
    これはさば、いわし、さんまなどの青魚に多く含まれています。
    DHAは脳に多く存在し、神経伝達の重要な働きを担い、集中力や記憶力を高める作用があると言われています。
    出典 :脳を活性化させるトレーニング
  • "朝はたんぱく質を摂取する事で体温が上がりやすくなり、目覚めと脳の活性化が速くなります。できるなら卵などのたんぱく質を多く含むものを摂取したいですね。"
    出典 :お手軽な脳活性化の方法
  • 自然の音(高周波音)を聞く

  •  

    高周波音である自然音を聞くことで、脳が活性化されることが科学的に立証されているそうです。
    癒されに自然に触れに行くというのはちゃんと根拠があることのようですね。

  • トマティス理論の中に「耳は脳にエネルギーを調達している」というものがあります。
    耳の器官の一部が、脳にエネルギーを送るダイナモ(発電機)の動きをしているというのです。
    脳は脳内エネルギーのなんと90%を耳から調達し、血液などから調達しているのは、残りの10%に過ぎないというから驚きです。
    そして、脳のエネルギーとなる音が高周波だと、トマティス博士は言います。
    つまり、良い音を聴いて、耳を改善し、高周波が聞き取れるようになると、どんどんと脳が元気になっていきます。
    出典 :聴くことが脳力アップ/音が脳に及ぼす影響
  • "高周波・超高周波は体で聴くものであり、変化に富んだ周波数は脳幹・視床下部などに働きかけ、自律神経系などを活発化してくれます。高周波を発するものとして、小川のせせらぎ、風の音、オルゴール、風鈴、バイオリンなどがあります。環境音楽というジャンルでCD販売されているものもありますが、一般的な音響機械では高周波を再現することは難しいとされていますので、高周波が収録されていると書かれているものか、生の音を聴くのが効果的です。"
    出典 :脳を活性化して、毎日スッキリ生きる5つの方法 | セレンディピティ
  • 利き手以外を使う

  •  

    普段使っていない利き手ではない手を使うことで、脳が活性化されるそうです。
    仕事などに支障がない程度に両手を使うようにしましょう。

  • 左手(左手が利き手の人は右手)だけで洗濯物を干すのは意外と難しいです。普段は左手で洗濯物を持ち、右手で洗濯バサミを動かしていると思います。それを、左手で洗濯物を持ち、そのまま洗濯バサミでつまもうとします。難しい、普段やらないことにチャレンジすることで、脳を刺激します。
    出典 :脳に良い11法則 認知症で要老年若脳
  • マウスパッドの位置を変えることにより、利き手でない方の手を使用しないといけなくなります。これが左右の脳の間の神経を刺激するらしい。両手を同じように使う人は、左右の脳をつなぐ神経繊維が10%以上も多いという科学的研究結果もあるそうです。
    出典 :脳を活性化させる3つの簡単な方法 - GIGAZINE
  • 予定を立てる

  •  

    予定を立てると、予定を組み立てたり予定を手帳に書き込んだり予定を思い出したりと、脳を活性化してくれる要素がたくさんあります。
    来年の手帳を用意していない人は早めに用意したいですね。

  • 計画を立てたり、今日することを思い出したりすることで脳が活性化されます。
    出典 :脳に良い11法則 認知症で要老年若脳
  • 米ハーバード大の調査によると、カレンダーが予定でびっしり埋まっている人は、記憶能力の低下がゆっくりになるそうです。これは、脳が問題解決のために常に活性化されているからだと考えられています。友達とのランチや小旅行、飲み会など、どんどん予定を入れた方がいいのかも!
    出典 :あなたの脳を一瞬で活性化させる8つの方法「シャンパンを飲む」「予定をたくさん入れる」 | 「マイナビウーマン」