手を洗うと健康維持に繋がるのですか?

小さい時から「帰ってきたら手を洗う」と教えられていましたが、具体的にどうして手を洗った方が良いのでしょうか。今回は手を洗った方が良い理由を調べてみました。

view319

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • @hirohiro1218 @sobachan0604 手洗い、うがいだぉ!
    今週もよろしくね( ´ ▽ ` )ノ
     

    手洗いとうがいは絶対しなきゃダメって教えられた方が多いと思います。

  • 手洗いをすべき理由

  • 多くの病気や食中毒は、原因となる病原体が付着した手で料理を作ったり、食事をしたり、目や鼻をこすることによって発症してしまうからです。
    出典 :手洗いが大切な理由は?|いつでもどこでも、手ピカジェル
     

    やっぱりこれが一番の理由なんですかね。

  •  

    手洗いは身近な衛生管理です。

  • 熱、鼻水、咳、くしゃみ…。 風邪は誰もがいちばんよくかかる病気といっても過言ではないでしょう。

    風邪の8~9割はウイルスが原因といわれ、成人では、平均1年に2~3回、小児では5~6回も風邪ウイルスに感染しているというデータもあります。 では、この風邪ウイルスはどうやって感染するのでしょうか?もちろん、くしゃみや咳でも感染しますが、意外なことに「手」を介した感染が、一番多い感染パターンになるのです。

    「鼻をかむ」、「鼻を手でこする」、「くしゃみ・咳を手で覆う」。

    この時、ウイルスが手にたくさん付着します。この手で、電車の吊革、手すり、ドアノブに触れると、そこにウイルスが付着。そこを別の人が触れ、その手で鼻や口のまわりを無意識に触れることで感染が起こるのです。
    出典 :手洗いが大切な理由は?:手洗いの重要性|いつでもどこでも、手ピカジェル
     

    身のまわり、ウイルスだらけなんですね。

  •  

    きれいと思っていても、いろんなとこにウイルスが付着しています。

  • トイレってイメージだけで、きれいより汚いですよね。特に公衆便所などは、誰が使ったのかも分からず、私は不快感を覚えますよ。だから手洗いすることによって、その不快感をぬぐっています。 トイレ=手洗いは、もう常識なので、疑問・納得いかなくてもやったほうが良いです。周りの方にも不快感を与えませんしね。手洗いやんなくて「こいつ汚い」と思われるより手洗いしましょう。
    出典 :なぜお手洗いで用を足した後に手を洗わなくてはいけないのですか? - Yahoo!知恵袋
     

    心理的に手を洗わなきゃいけないとなっているのですね。

  •  

    トイレで手を洗うのは基本です。健康維持のために絶対にしなければなりません。

  • 手洗いでの注意

  • 環境中にばらまかれた病原体の多くはしばらく生きています。これに触れることにより手に病原体が付いてしまいます。病原体が付いた手で「目をこする」「鼻をほじる」「物を食べる」などを行うと,病原体が体に侵入する手助けをしてしまうことになります。「手洗い」を頻繁に行っていても,何かに触った後でこれらのことをやってしまうと,「手洗い」の意味はなくなってしまいます。
    出典 :手洗いとうがいの理由 - 広島県ホームページ
     

    手を洗っても、何かに触ったら、効果が無くなるという訳です。

  •  

    過敏になり過ぎるのも問題ですが、一応覚えておきましょう。

  • 手洗いの種類


  • 流水と石鹸で手を洗う

    普段皆さんが行っている「流水と石鹸」による手洗い。 しっかり洗っているつもりでも、手は凸凹がたくさんあり、つい洗い残してしまうことがあります。 正しい手洗い方法をマスターして「感染」を予防しましょう。



    アルコールで手を洗う

    アルコール手指消毒剤で手を洗う方法は医療機関 では既にスタンダードになっています。 一般家庭でも新型インフルエンザやSARSの流行 によって少しずつ認知されてきています。 アルコール手指消毒剤は水もタオルも要らない手 軽で便利な手洗い方法です。
    流水と石鹸での手洗いと同様に、正しい手洗い方法 をマスターして感染を防止しましょう。
    出典 :手洗いの種類 | 川本産業株式会社-えがおを、ずっと。えがおに、ずっと。
     

    ショッピングセンターなどにもアルコールを常設しているところが増えてきてますね。

  •  

    石鹸でも十分ですが、アルコールだとさらに効果的みたいです。

  • 手洗いにも種類があり、目的によって方法が異なります。スタンダードプリコーションの考え方にのっとって、日ごろから注意を怠らないよう心がけましょう。


    「日常的手洗い」=目的:汚れおよび一過性微生物の除去/方法:石けんあるいは界面性活性剤をもちいて10~15秒以上洗浄する/必要な場面:通常の診察・検温や血圧測定の前後、配膳の前、排泄後、手袋をはずしたとき、清掃後。


    「衛生学的手洗い」=目的:一過性微生物の除去あるいは常在菌の除去、殺菌/方法:抗菌性の石けん、界面性活性剤、アルコールをベースにした擦式手指消毒のいずれかをもちいて10~15秒以上手指をこすり洗いする/必要な場面:重度な免疫不全状態にある患者や新生児などのハイリスク患者と接触する前後、創や粘膜に接触する前後、血液・体液・分泌物・排泄物などで汚染したと考えられる場合、感染または保菌患者に接触したあと、汚染器具・汚染リネン・廃棄物を扱ったあと。


    このようにスタンダードプリコーションでは厳しく細かに、正しい手洗いについて規定しています。それだけ重要だということで、この方法をすべて家庭で実践する必要はありませんが病気感染予防のために「日常的手洗い」は取りいれるべきでしょう。
    出典 :スタンダードプリコーションの目的
     

    普通は日常的手洗いだけ知っておけば良いです。

  •  

    まあ、一般の方はこういう手洗いがあると覚えておきましょう。

  • 手洗いの方法

  • 手洗い方法

    しっかりと石けん液を泡立てること。泡立てることで、手全体や手のしわなどに石けん液がいきわたります。
    プロの手洗い方法を行うと30秒かかります。30秒の手洗いを身につけるために、砂時計やタイマーを置いて実施してみる方法もあります。30秒の手洗いを実感してみてください。
    2回手洗いの実施。2回手洗いを実施することで、ウイルスの除去効果があるというデータもあります。とくにノロウイルスの流行時などのトイレの後は2回手洗いの実施をお勧めします。
    出典 :プロの手洗いポイント!!/手洗い豆知識/みんなの手洗いホームページ【て・て・て 手洗いのサラヤ】
     

    2回やらなきゃいけないのですか。

  • 基本的な手洗いの手順

    手に付いているバイ菌の数を減らすには、流水ですすぐだけでは十分とは言えません。水での単純な手洗いを行う程度では菌を落とすことは難しいのですが、石けんや洗浄剤を用いることで適切に落とすことができます。ここで基本的な手洗い方法を確認して毎日の習慣にしましょう。

    1. 流水で手を湿らせ、石けんあるいは洗浄剤を用いる
    2. 両手のひらをよくこする
    3. 手の甲をこする
    4. 指の間もよく洗う
    5. 指先は特に入念に洗う
    6. 親指をにぎり洗いする
    7. 手首も忘れずに洗う
    8. 石けんが十分落ちるまで、こすりあわせていたのと同じ時間をかけて流水ですすぐ
    9. ペーパータオルや清潔なタオルなどでよく拭き取り、十分に乾燥させる
    出典 :正しい手洗い・・・とは? | 正しい手洗い | ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 メディカル カンパニー
     

    しっかりやるなら、結構時間がかかります。

  • 手洗いシャブンシャシャ - YouTube

     

    お子様などにはこれを見せて手を洗うように教育するのが良いと思います。