神田うのも実践!1本食べるだけで効果絶大!バナナの美肌&若返り効果!

あの神田うのさんが「バナナの日」(8月7日)に
「バナナ大学若返り学部 特命教授」に就任したのは知っていますか?
実は彼女の美肌は「バナナ」のお陰だったのです!
しかも、10歳若返るって本まで出してるぐらい、そのパワーを実感しているそう。

そのバナナの“本当”の力をみてみましょう!

view2975

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  



    一時期「朝バナナダイエット」がブームとなりましたが、実はバナナにはダイエット効果だけでなく「継続して食べることで肌改善効果がある」ことが日本バナナ輸入協会あによる臨床試験によって判明しました。


    引用)http://lbr-japan.com/2013/10/03/24756/

  • なんですって!ちゃんと臨床試験で分かったってことは・・・期待大!ですね♪

  • まずは、バナナの栄養をみてみよう

  • バナナの栄養成分としては、ビタミンB1・B2・B6・ナイアシンなどのビタミンB群が豊富に含まれている他、カリウムやマグネシウムといったミネラルや食物繊維も、他の果物と比較して多く含んでいます。また、コラーゲンの生成を助けたり、美白効果もあるビタミンCもきちんと含まれています。
    出典 :バナナの栄養素にも美肌成分が!【納得!情報知恵袋】
     

    ほほう。カリウム、マグネシウムやビタミンCも。どうやら美肌効果は本当にありそうですよ!

  •  

    調査では30~49歳の女性14名を解析対象に、4週間バナナを食べ続けてもらい肌の変化を検証したところ、バナナを食べ続けたことで肌の弾力、油分値、水分値に改善効果が確認されたのだ。


    引用)http://nikkan-spa.jp/483604

  •  


    被験者にアンケートで自覚症状の改善状況を聞いてみたところ、バナナを食べ始めた4週後に「肌の潤い」など肌に関する幅広い項目が改善しており、バナナ摂取による肌の改善を参加者自身も自覚したそうだ。


    引用)http://nikkan-spa.jp/483604

  •  


    また試験期間中、被験者に記録してもらった排便に関する日誌を集計したところ、バナナを食べた4週間で1日1回の排便率が増加し、同時に排便なしは横ばい、1日2回は減少傾向だった。また、1回あたりの排便量については増える傾向にあり、バナナを食べ続けることで、質のよい排便習慣が身につくこともわかった。


    引用)http://nikkan-spa.jp/483604

  • 肌、便通の改善にこれだけ効果があるそうです!10歳若返るっていう表現も、言い過ぎじゃない気が♪

  • 食べるだけじゃなく「パック」にも!

  • ◆バナナパックで乾燥肌もしっとり♪◆

    〔材料〕
    バナナ 1本 蜂蜜  大さじ1 小麦粉(あればオーツ麦) 大さじ1

    〔つくり方〕
    バナナをフォークの背でつぶし、他の材料をすべてまぜる。固さを見ながら小麦粉を加減してペースト状にする。

    〔使い方〕
    顔に塗るだけ!!!
    出典 :美容レシピ|■バナナの美肌パック■(アンテージュ・ガーデン戸田)[ispot]
     

    混ぜて塗るだけ?簡単だけど、効果は?

  • 〔効能〕
    ・バナナはアスコルビン酸(ビタミンC)がたっぷり!
    ・アスコルビン酸は真皮のコラーゲンの合成を増やしてシワを目立たなくし、保湿効果が抜群!
    ・血液の流れを良くするノルアドレナリンという成分も肌から浸透して、血行を良くしてイキイキとさせてくれます。
    ・また、はちみつに含まれたビタミンB群などには肌荒れを調整する働きがあり、こちらも保湿力もに優れています。
    ・殺菌作用にも優れ、肌を清潔にし美白効果も◎♪
    出典 :美容レシピ|■バナナの美肌パック■(アンテージュ・ガーデン戸田)[ispot]
     

    バナナのビタミンCが効果バツグンなんですね!

  • 青バナナで便秘解消

     

    ◎青バナナのデトックス効果・・・未熟バナナは、難消化性デンプンが豊富なので体内の消化酵素で分解されにくく、小腸で吸収されずに大腸に届いて、乳酸菌等の善玉菌のエサになります。バナナヨーグルトを作り、お好みでオリゴ糖やはちみつなどで食べると便秘解消や腸内環境の改善に役立ち、美肌になります。


    引用)http://shiwakaizen55.blog77.fc2.com/blog-entry-56.html

  • 茶色バナナには「免疫力」を高める効果が期待できる

     

    マウスを使った実験でバナナを経口投与すると、血中内で免疫活性を高める効果があるIL-12という物質が増えるという研究が発表されています。同研究によると、このIL-12増産効果は、バナナでは、追熟7日目で増えています。


    引用)http://www.banana.co.jp/3step/brown/index.html

  • アンチエイジングや美肌を考えると、黄色いバナナが良いみたいですが、
    青くても、茶色でも、それぞれ素晴らしい効果があるようです。
    自分に合った「食べ時バナナ」を、朝晩1本ずつ食べるようにして、
    アナタも健康な体、美肌を手に入れましょう!