病気でもないのにだるい・・・それって自律神経失調症かも!?

風邪でもないのに倦怠感がある
めまいがする、頭痛がするなどがある人
それはもしかしたら自律神経失調症かもしれませんよ?

view570

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 自律神経失調症とは

  • 自律神経は内臓や血管のはたらきをコントロールする神経で、血圧、心拍数を上げたりする交感神経と、その反対のはたらきをする副交感神経からできています。交感神経は活動的な昼間に、副交感神経は安静時の夜間に活発になります。
    出典 :自律神経失調症 症状チェック -メディカルiタウン
     

    まず、自律神経とは
    これは体内時計にも影響がありそうですね

  • 自律神経は活動する神経といわれる『交感神経』と、休む神経といわれる『副交感神経』の二つに分類され、必要に応じて自動的に切りかわって働くようになっています。

    眠れない、めまいがする・・・など様々な症状が自律神経の働きに関係しています。
    出典 :自律神経失調症 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室
     

    自律神経だけでも色々な働きに影響があるのがわかりますか?

  • はっきりした身体の病気がないのに、精神的な影響で、自律神経症状がからだに出る状態です。たとえば、ストレスが続いたりすると自律神経症状が出てきます。全身倦怠、めまい、頭痛、動悸、血圧の上下、下痢、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠といったさまざまな症状があり、数えきれません。ただ、これらの症状から安易に自律神経失調症と自己診断してはいけません。うつ病やパニック障害などの可能性もあるからです。

    一方、なんらかの身体の病気があって、その原因や経過に心理的なものが深くかかわっている場合を心身症といいます。たとえば、ストレスによる胃潰瘍や高血圧、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群といったものです。心因的な要素が大きい自律神経失調症や心身症はともに病態を表し、病名ではありません。
    出典 :自律神経失調症 症状チェック -メディカルiタウン
     

    数えきれない症状があるのです

  • 自律神経は

     

    ・精神の調整
    ・神経の調整
    ・内分泌の調整
    ・免疫の調整

    このような役割を担っていると言えます

  • 詳しい症状と言えば

  • 頭・・・頭痛、頭重感
    耳・・・耳鳴り、耳の閉塞感
    口・・・口の乾き、口中の痛み、味覚異常
    目・・・疲れ目、なみだ目、目が開かない、目の乾き
    のど・・・のどの異物感、のどの圧迫感、のどのイガイガ感、のどがつまる
         心臓・血管系 動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動
         呼吸器 息苦しい、息がつまる、息ができない、酸欠感、息切れ

    消化器・・・食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便秘
          下痢、ガスがたまる
    手・・・手のしびれ、手の痛み、手の冷え
    足・・・足のしびれ、足のひえ、足の痛み、足がふらつく
    皮膚・・・多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ
    泌尿器・・・頻尿、尿が出にくい、残尿管
    生殖器・・・インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ
          筋肉・関節 肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない
    全身症状・・・倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない
           眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい
    精神症状・・・不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる
           集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する
           すぐ悲しくなる

    出典 :自律神経失調症 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室
     

    ざっとここまであるようです

  •  

    病名が出る事もあるのです
    特定の部位に強く現れたら
    要注意です


    自律神経失調症の一種もしくは仲間ともいえます

  • 循環器系 心臓神経症、不整脈、起立失調症候群、起立性調節障害

    呼吸器系 過呼吸症候群、気管支ぜんそく、
    消化器系 過敏性大腸症候群、胆道ジスキネジー、神経症嘔吐症、反復性臍疝痛、神経性下痢
    神経系 偏頭痛、緊張性頭痛
    耳鼻科 めまい、メニエール病、乗り物酔い、咽喉頭異常感症
    口腔外科 口内異常感症、舌痛症、顎関節症
    皮膚科 円形脱毛症、発汗異常、慢性じんましん
    泌尿器系 膀胱神経症、夜尿症、心因性排尿障害
    婦人科 更年期障害
    出典 :自律神経失調症 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室
     

    当てはまるものはありませんか?

  • 原因はコレ

  • 生まれつき敏感で緊張しやすい人がなりやすい病気です。神経質で小さいことでも気になったり、悩んでしまうタイプです。そこにさまざまなストレスが加わり、自律神経のバランスがくずれてしまいます。
    出典 :自律神経失調症 症状チェック -メディカルiタウン
     

    このような人は要注意です

  • 症状が一人一人違うように、その原因もまた一人一人違います。
    自律神経のバランスが乱れるのには、いろいろな原因が複雑にからみあっていると言われています。

    ・ 生活のリズムの乱れ
    夜更かし、夜型人間、夜間勤務や、子供の頃からの不規則な生活習慣など、人体のリズムを無視した社会環境やライフスタイル

    ・ 過度なストレス
    仕事などの社会的ストレス、人間関係、精神的ストレス、環境の変化など、過剰なストレス

    ・ ストレスに弱い体質
    子供の頃からすぐ吐く、下痢しやすい、自家中毒、環境がかわると眠れないなど、生まれつき自律神経が過敏な人もいる。また思春期や更年期、身体が弱っているときは自律神経のバランスが乱れやすい

    ・ ストレスに弱い性格
    ノーと言えない、感情処理が下手、気持ちの切り替えができない、人の評価を気にしすぎる、人と信頼関係を結ぶのが苦手、依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い傾向のある人もいる

    ・ 環境の変化
    現代の生活は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事などの環境の変化などへの不適応や過剰適応が増えていると思われる

    ・ 女性ホルモンの影響 >コラム:女性ホルモンとの関係
    女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづけ、この変化が自律神経の働きに影響を与える
    出典 :自律神経失調症 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室
     

    これに当てはまるものはありますか?

  • 診断がむずかしい病気です。問診・面接、除外診断(ほかの病気ではないという診断)、自律神経機能検査、心理・性格検査がおこなわれ、総合的に判断されます。

    除外診断ではそれぞれの症状に応じた検査がおこなわれます。たとえば、動悸がする場合には心電図などの心臓の病気の検査がおこなわれ、異常がなければ、自律神経失調症の検査をおこないます。

    専門的な検査が必要なので、できれば、心療内科を受診しましょう。
    出典 :自律神経失調症 症状チェック -メディカルiタウン
  • 治療法は

  • 症状・タイプなどにより、身体と心の両面に働きかける治療、生活環境を整えるなどのことを行う必要があります。体質・性格・ライフスタイルの歪みにも注目して見直し改善することが必要でしょう。
    治療方法
    ・ 自律訓練法などによるセルフコントロール
    ・ 薬物療法
    ・ カウンセリングなどの心理療法
    ・ 指圧やマッサージ、整体、鍼灸、ストレッチなどの理学療法
    ・ 音楽療法やアロマテラピーなど五感に働きかける治療法
    ・ 自己管理によるライフスタイルの見直し
    生活のリズム、食事、睡眠、運動、心にゆとりを持つ、ストレス耐性の強化、感情処理・・・など
    出典 :自律神経失調症 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室
     

    このような物があります
    諦めず、ゆっくりと付き合っていきましょうね

  • チェックする方法は?